コロナ影響で安くなった中古車

新型コロナによる緊急事態宣言は全国的に解除になりました。

しかし、長期間の自粛で消費行動や生活様式に生活に大きな影響を与えました。

 輸出が止まった中古車

値下がりが激しいのが中古車

値下がりが激しいのが中古車です。

中古車の価格を決めることの一つに業者間のオークションがあります。

ここに出品される中古車のうち4割が輸出用、6割が国内用です。

4月の業者向け中古車オークションの成約率は45.9という結果でした。

平均落札価格は203000円で、価格も下がっています。

4割を占める輸出が停滞している影響が大きくあります。

主力のアフリカや東南アジア向けの輸出がコロナウイルス感染拡大を防ぐための国境閉鎖や入港制限があるため止まっているのです。

日本の国内向けも外出自粛で商談が進まない状況です。

 昨年秋の消費増税で販売が落ち込んでいましたが、コロナ影響でさらに来店客減となりました。

店頭価格も前年同月に比べ1割以上安くなっています。

税制面の不利もあって特に排気量が3000CCを超す大型車が不人気。

グレードに2500CC3500CCがある車種で2500CCの方が高いケースもあります。

中古車を購入しようとする人にとっては今が「買い時」です。

 アフターコロナの中古車

今後はどうでしょうか。

輸出は、その国の新型コロナの感染状況に大きく左右されそうです。

最近は、リースの需要も拡大しています。

リースでは、手ごろな値段で新車に乗れるため、中古車販売は厳しい状況が続きそうです。

 しかし、中古車もネットで売れる時代がきました。

中古車検索サイト「グーネット」を運営するプロトコーポレーションはオンラインでの商談を希望する顧客と中古車販売店を仲介するサービスを開始しています。

ネットで車の映像を見ながらほしい車をチェックできるという新しい中古車の買い方です。

中古車オンライン検索。

オンラインで中古車探す

コロナで安くなったお買い得中古車

コロナで安くなったお買い得中古車
狙い目になっているのは戦略量販車。
たま数の多い量販車は、中古車市場でも在庫処分状態。

狙い目の各社の車種は次のとおり。

  • トヨタはノア/ヴォクシー/エスクァイア、アクア、プレミオ/アリオン。
  • 日産はノート、セレナ、エクストレイル、エルグランド。
  • ホンダはN-BOX、N-ONE、オデッセイ、ヴェゼル
  • スズキはスイフト、ソリオ、アルト、スペーシア。
  • ダイハツはブーン、トール、ムーヴ
  • マツダはCX-5、マツダ3、マツダ2、マツダ6。
  • スバルはレヴォーグ、レガシィ、フォレスター。
  • 三菱はRVR、アウトランダー、ミラージュ

いずれも各社の人気車種です。

新車販売の苦戦が中古車の価格にも影響してきます。

【トヨタ】

トヨタでは、ノア/ヴォクシー/エスクァイア、アクア、アリオン/プレミオがねらい目です。

ノア3兄弟は4月27日に一部改良するので、従来モデルはさらに安くなる。

アクアはヤリスHVが発売になってから販売不振状態、影響は中古にも。

プレミオやアリオンも新車たたき売りが続いている車で、中古車にも程度のいい上玉がゴロゴロしています。

日産

日産は主軸モデルのほとんどが新車でも安く買える状況にあります。

ノート、エクストレイルはフルモデルチェンジが1年以内の実施予定なので、古い型の中古車は値下がり傾向にあります。

ノート、エクストレイル、セレナ、エルグランドの4車は特に狙い目。

ノートは9月、エクストレイルは2021年1月あたりがフルモデルチェンジの時期で買い替え需要も進む。

新車値引きでもノート30万円、エクストレイル35万円、セレナ35万円、エルグランド37万円くらい出ているので、中古車もその分安く買えるたまが出始める。

 

ホンダ

ホンダは戦略モデルの値引き拡大している。そして、残価設定クレジットの1.9%の低金利で販売した中古車も市場に流れ始める。

N-BOXは9月、オデッセイは10月にビッグマイナーチェンジ、ヴェゼルは来年1月、N-ONEは今年11月にフルモデルチェンジするのでこの4車がねらい目。

N-BOXは新車値引きでも17万円、N-ONEは18万円引き、オデッセイに至っては37万円引きの新車値引きが出て旧型の中古が安く出回り始める。

スズキ・ダイハツ・マツダ・スバル・三菱

スズキ、ダイハツ、マツダ、スバル、三菱の各社も今年中盤以降にフルモデルチェンジ、マイナーチェンジを実施する戦略モデルを多くあります。

そのため、激安で買える中古車も数多くでてきます。

スズキは、ソリオ、スイフト、スペーシア、アルトがねらい目。

ソリオは今秋にもモデルチェンジ、スイフトは今夏、スペーシアは年末にそれぞれマイチェンするので、買い替え需要が進む。

ダイハツでは、ブーン、トール、ムーヴがねらい目。

マツダは、マツダ2、マツダ3、CX-5、マツダ6がねらい目。

SKYACTIV技術を採用したモデルが3~4年前から、残価設定クレジットの残価を3~5年後で新車価格に対して35~55%とライバル他車よりも5ポイント以上高く設定して販売していました。その中古車が出始めます。

スバルは、レヴォーグ、レガシィ、フォレスターの3車がねらい目。

レヴォーグは今秋の9月、レガシィは来年1月あたりにモデルチェンジ、フォレスターは今年6月頃がマイチェンの時期で買い替え需要が期待できる。

程度のいい中古車はドンドン市場に流れてきます。

三菱は、アウトランダー、RVR、ミラージュの3車がねらい目。

アウトランダーは今秋の10月にモデルチェンジ、ミラージュは4月中旬にもマイチェンします。

中古車市場は、旧モデルがお買い得車として登場し始めます。

中古車オンライン検索。

オンラインで中古車探す