池袋事故

池袋暴走事故の原因は車の欠陥だった。

「上級国民」旧通産省工業技術院の元院長である飯塚幸三被告が言ったそうです。

すごくビックリしたことですが、

弁護側は冒頭陳述で

「ブレーキペダルを踏んだが減速しなかった」と主張しました。

事故は車両の故障が原因で、無罪だと言っています。

運転していた飯塚幸三に責任は100%無い。

こんなことありえるのでしょうか?

事故起こした人がみんな「車にトラブルあったから、自分の責任じゃない!」と言い出したら世の中どうなんでしょうか。

車は普通、アクセル踏んだら加速。

ブレーキ踏んだら減速。

基本的な機能が働かなくるようなことがあれば世の中の車は全て安心して走れません。

常識的に考えればそう思います。

でも、「ブレーキを踏んだ」と言い続ける飯塚幸三被告ってどうなんでしょうか。

被害者の立場だったら、絶対に許せません。

でも、こんなことがある車の運転。

もらい事故もたくさんあります。

被害者にならないためにも、

ドライブレコーダーの装着や、普段の運転は気をつけたいものです。

最近は、信号のない横断歩道で歩行者は当然のように渡ってきます。

法律では確かに車が止まるべきですが、

ぼぅーと運転して気が付かないドライバーもいます。

どちらも、気をつけないとホント危ないと思います。

事故になったら、加害者も被害者もただでは済まない。

どちらも、意識して気をつけていきたいものです。