この記事はアフィリエイトプログラムを利用していますが、消費者庁や国民生活センター・厚生労働省の発信する情報を基に調査を行い、コンテンツ制作ポリシーに則り作成しています。 カーリース会社

2割の人しか知らないカーリースは得する理由と損する理由。2023年最新のサービスでカーリース会社を比較!

2割の人しか知らないカーリースは得する理由と損する理由

カーリースは得なのか、それとも損なのでしょうか。

カーリースは、車を購入するのではなく、一定期間借りるという方法です。

カーリースにはメリットデメリットがあります。

メリットは、月々の支払いが安く、初期費用や維持費が料金に含まれていることです。

デメリットは、契約終了時に車を返さなければならないことや、走行距離や車の状態に制限があることです。

カーリースが得か損かの答えは、個人のニーズやライフスタイルによって異なります。

カーリース会社のサービス内容も比較することが重要です。

2023年の最新カーリース会社のサービスを比較して確認してみましょう。

カーリース会社のサービス内容を比較

カーリース会社のサービス内容を比較

カーリース会社のサービス内容を比較するには、以下のようなポイントに注目すると良いでしょう。

ポイント

  1. 月額料金や初期費用
  2.  リース期間や中途解約の条件
  3.  任意保険やメンテナンス費の有無
  4.  契約満了後の車の処分方法
  5.  選べる車の種類や走行距離制限

    カーリース会社によって、これらのポイントが異なります。

    自分のニーズや予算に合わせて、複数のカーリース会社を比較検討することがおすすめです。

    カーリースの月額料金や初期費用はどれくらいなのか

    カーリースの月額料金や初期費用はどれくらいなのか

    カーリースの月額料金や初期費用は、車種やオプション、リース期間などによって異なります。

    一般的には以下のような相場になります。

    •  軽自動車やコンパクトカー:月額10,000~20,000円台、初期費用0~10万円
    •  ミニバンやセダン:月額20,000~30,000円台、初期費用0~20万円
    •  高級車やSUV:月額30,000~50,000円台、初期費用0~30万円

    ただし、これらの料金には任意保険やメンテナンス費などが含まれている場合と含まれていない場合があります。

    また、走行距離制限を超えると追加料金が発生することもあります。

    カーリース会社によって料金体系が異なるので、契約前に詳しく確認することが大切です。

    おすすめカーリース会社

    カーリース会社のおすすめは、自分の希望や条件に合わせて選ぶことが大切です。

    例えば、以下のようなポイントを参考にしてみてください。

    車種やオプションの豊富さ

    自分が乗りたい車種やオプションが揃っているかどうかを確認しましょう。

    カーリース会社によっては、特定のメーカーや車種に特化している場合もあります。

    月額料金や初期費用の安さ

    カーリースのメリットは、月額料金や初期費用を抑えられることです。

    しかし、カーリース会社によっては、その他費用や走行距離制限などで実質的なコストが高くなる場合もあります。

    契約前に必ず総額を確認しましょう。

    サービスや特典の充実度

    カーリース会社によっては、メンテナンスや保険、ロードサービスなどのサービスや特典を提供している場合もあります。

    これらのサービスや特典は、カーリースの安心感や満足度を高める要素となります。

    契約期間や更新方法の柔軟性

    カーリースの契約期間は、一般的には3年~10年程度です。

    しかし、カーリース会社によっては、1ヶ月から契約できたり、途中で乗り換えたり解約したりできたりする場合もあります。

    自分のライフスタイルに合わせて契約期間や更新方法を選べるかどうかを確認しましょう。


    以上のようなポイントを踏まえて、カーリース会社を比較検討してみてください。

    では、2023年おすすめできるカーリース会社をご紹介します。

    KINTO

    KINTO

    KINTO

    KINTOは、トヨタが提供するクルマのサブスクリプションサービスです。

    カーリースとは異なり、頭金なし・自動車保険料・メンテナンス料込みで、新車や中古車を定額で楽しめます。

    また、乗り換えも可能で、正規販売店でのメンテナンス対応が受けられます。

    他社と比較して、KINTOのメリットは、初期費用や維持費用が安く抑えられることや、車種やオプションの選択肢が豊富であることです。

    デメリットは、契約期間中に解約する場合に違約金が発生することや、車両の所有権が移らないことです。

    以上のように、KINTOはカーリースとは異なる特徴を持つサービスです。

    ご興味があれば、詳細は公式サイトをご覧ください。

    トヨタ車のリースならKINTO

    KINTOはこちら

    ※※車種の選択→リース料のお見積もりをチェックしてみる!

    KINTOの料金

    KINTOの料金プランは、車種や契約期間によって異なります。

    最も安い車種はパッソで、月額32,780円から利用できます。

    人気のRAIZEは月額39,820円からです。

    レクサスの場合は、月額104,500円からです。

    KINTOには、初期費用フリープランと解約金フリープランの2種類があります。

    初期費用フリープランは、頭金なしで3年間の契約ができます。

    3年後に同じ車で再契約すると、月額料金がお得になります。

    途中で解約する場合も違約金がかかりません。

    解約金フリープランは、初期費用がかかりますが、契約期間を自由に選べます。

    1年以上の契約であれば、途中で解約しても違約金がかかりません。

    KINTOの料金プランは、現金一括払いや自動車ローンと比較してもお得になる場合があります。

    詳しくは、公式サイトの比較シミュレーションをご利用ください。

    トヨタ車のリースならKINTO

    KINTOはこちら

    ※※車種の選択→リース料のお見積もりをチェックしてみる!

    カルモ

    カルモくん

    カルモ

    カルモは、新車に格安で乗れるカーリース・サブスクサービスです。

    頭金やボーナス払いが不要で、毎月の料金に税金が含まれています。

    メンテナンスも月額定額にできるプランや、契約満了後に車がもらえるプランもあります。

    カルモは、他社のサービスと比較してもお得になる場合があります。

    詳しくは、公式サイトの比較ページをご覧ください。

    定額カルモくんは車がもらえて契約期間が選べる

    カルモはこちら

    ※※車種→無料審査へと進み、審査通過後に車種やグレードの相談に進みます

    カルモの料金

    カルモの料金プランは、車種や契約期間によって異なります。

    公式サイトでは、車種やプランを選択して見積もりを出すことができます。

    カルモでは、メンテナンスも月額定額にできるプランがあります。

    プラチナメンテプラン、ゴールドメンテプラン、シルバーメンテプランの3種類があり、それぞれ月額5,980円(税込)〜、4,460円(税込)〜、3,340円(税込)〜となっています。

    カルモの料金は、他のカーリース・サブスクサービスと比較しても高くない場合があります。

    例えば、トヨタのアクアを5年間乗る場合、以下のような料金になります。

     定額カルモくん・・・26,560円
     カーコンカーリース・・・23,100円
     コスモマイカーリース・・・26,620円

    ※カーコンカーリースだけは5年プランがないので7年プランですが、5年経過後は無償返却可能なプランであるため、ほぼ同条件としています。

    カルモの契約満了後に車がもらえるプラン

    カルモには「もらえるオプション」という、契約満了後にそのまま車をもらえるオプションがあります。

    このオプションは、7年から11年の契約期間の車両が対象で、月額500円で利用できます。

    契約期間中は出光系のSSでのガソリンが1Lあたり7円引き(50L/月まで)となるなど、お得な特典もあります。

    契約満了後に車を返却する必要がないので、原状回復費用や残価精算も不要です。

    いずれはマイカーとして利用したいという方におすすめのプランです。

    定額カルモくんは車がもらえて契約期間が選べる

    カルモはこちら

    ※※車種→無料審査へと進み、審査通過後に車種やグレードの相談に進みます

    カルモと他社のカーリースを比較。

    カルモの特徴は、中古車もリースできることや、契約満了後に車がもらえるオプションがあることです。

    他社のカーリースでは、新車や人気車種が多く、契約期間や走行距離によって料金が変わることが多いです。

    カルモは、契約期間や走行距離に関係なく定額料金で利用できるので、予算管理がしやすいというメリットがあります。

    また、カルモは出光系のSSでのガソリンが割引になるなど、維持費もお得になります。

    カルモは、中古車でも気にならない方や、長期的にマイカーとして利用したい方におすすめです。

    定額カルモくんは車がもらえて契約期間が選べる

    カルモはこちら

    ※※車種→無料審査へと進み、審査通過後に車種やグレードの相談に進みます

    リースナブル

    リースナブル

    リースナブル

    リースナブルは、新車のマイカーリースのサービスです。

    特徴は、頭金0円で月額6,600円から利用できることや、車検や税金、保険などの維持費がすべて含まれていることです。

    リースナブルは、新車に乗りたい方や、維持費を気にせずに乗り換えたい方におすすめです。

    リースナブルとカルモの違いは、以下のようになります。

    リースナブルは新車のみ、カルモは新車と中古車の両方が選べます。
    リースナブルは契約満了後に車を返却するか、買取価格で買い取るか選べます。

    カルモは契約満了後に車をもらえるオプションがあります。
    リースナブルは契約期間や走行距離によって料金が変わります。

    カルモは契約期間や走行距離に関係なく定額料金です。
    リースナブルは出光系のSSでのガソリン割引などの特典はありません。

    カルモは出光系のSSでのガソリン割引や、オイル交換無料などの特典があります。

    以上の点を考慮して、自分に合ったカーリースを選んでくださいね。

    リースナブルの評判は、概ね良いようです。

    リースナブルのメリットとしては、以下のような点が挙げられます。

    月額料金が安く、頭金や維持費がかからない
    車種やグレードの選択肢が豊富で、好みの車に乗れる
    契約満了後に車を返却するか、買い取るか選べる
    審査が比較的緩く、申し込みから納車までが早い

    一方で、リースナブルのデメリットとしては、以下のような点が挙げられます。

    契約期間や走行距離によって月額料金が変わる
    車を返却する場合は、傷や汚れによる減点がある
    ガソリン割引やオイル交換などの特典がない
    カスタマイズやオプションの追加ができない

    以上の点を参考にして、リースナブルが自分に合うかどうか判断してくださいね。

    月額料金が断然安い

    >>リースナブルはこちら

    ※途中解約できるカーリース会社

    カーリースのデメリット

    カーリースのデメリット

    損をしないために、カーリースのデメリットについて確認しておきましょう。

    カーリースには以下のようなデメリットがあります。

    一括購入と比べた場合、総額で見ると高くなる場合がある
    利用に制限がある(走行距離や車両の状態など)
    中途解約した場合、解約金が必要になる
    残価精算のリスクがある(残価と市場価格の差額を支払う場合がある)
    審査に落ちる場合がある(信用情報や収入などが審査基準に影響する)

    カーリースはデメリットだらけというわけではありません。

    しかし、契約する前にはメリットとデメリットをよく比較検討することが大切です。

    カーリースのメリット

    カーリースのメリット

    お得に利用できるように、カーリースのメリットについて確認しておきましょう。

    カーリースには以下のようなメリットがあります。

    頭金なしで新車に乗れる(税金や登録費用などの諸費用も含まれる場合が多い)
    月々の支払いが安定する(固定費として計算できる)
    車検やメンテナンス、自動車税などの維持費が含まれる場合が多い(リース会社によって異なる)
    契約期間が終わったら車を返すだけで良い(売却や下取りの手間がない)
    契約期間を短く設定すれば、頻繁に新車に乗り換えられる(最新の車種や機能を楽しめる)

    カーリースはメリットも多く、気軽に新車に乗れるサービスです。

    しかし、デメリットもありますので、ご自身のライフスタイルやニーズに合わせて、慎重に選択することが重要です。

    カーリースの審査基準

    カーリースの審査基準について確認しておきましょう。

    カーリースの審査基準は、リース会社によって異なりますが、一般的には以下のような項目が重要視されます。

    年収:200万円以上が目安とされていますが、毎月の支払額や他の項目によってはそれ以下でも審査に通る可能性があります。

    勤続年数:リース料金の支払能力や安定性をチェックするため、勤続年数も判断基準のひとつです。

    信用情報:過去に債務不履行や自己破産などの事故歴があると、審査に通りにくくなります。

    カーリースの審査は、オンラインで申し込むこともできますし、審査後に契約をキャンセルすることもできます。

    気軽に審査を受けてみることも可能ですよ。

    カーリースは得か、損か、2023年版まとめ

    いかかでしょうか。

    カーリースは、2023年サービスも進化をしお得に利用できるようになりました。

    カーリースを利用するかどうかは、あなたの車の使い方や好みによって変わります。

    最後にもう一度、カーリースのメリットとデメリットを確認しておきましょう。

    メリット

    初期費用が少ないか不要で、毎月の支払額が安定しているので、家計のやりくりがしやすい。
    車検や税金、保険などの手続きや費用がリース会社に任せられるので、手間が省ける。
    好きな車を新車で乗り換えられるので、最新の機能やデザインを楽しめる。

    デメリット

    車両本体価格が高くなる場合があるので、長期的に見るとコストが割高に感じられる。
    契約期間中に解約すると違約金が発生する場合があるので、契約内容をよく確認する必要がある。
    走行距離や車の状態に制限がある場合があるので、追加料金が発生する可能性がある。

    カーリースは、車を頻繁に乗り換えたい人や、車の管理に手間をかけたくない人に向いています。

    あなたはどんな車をお探しですか?

    -カーリース会社