カーリースおすすめ会社徹底比較【2022年版】

カーリースおすすめ会社を徹底比較します。

車と言えば、昔はローンを組むか、現金で車を購入するというのが一般的でした。

しかし、最近の車は車両価格が高くなり大きな出費が発生します。

車を購入することは、あなたの大切な金融資産を失うことになります。

人気のアルファードを現金購入した場合

あなたは500万円の金融資産を使うことになります。

そして、毎年税金や保険料などで20万前後の費用を支払うことになります。

さらに、2年ごとの車検(初回は3年)費用。

エンジンオイル交換などのメンテナンス費用もかかります。

普通の車を購入すれば長く乗ることになりますが、その分かかる費用も増加していきます。

そして、10年も乗れば資産としての車の価値はないに等しくなります

一方で、カーリース。

カーリースは、毎月の利用料金のみを支払えば新車に乗ることができます。

もしあなたが500万円の金融資産を持っていたとして、

アルファードをリースした場合は、500万円の金融資産は手元に残ります。

そして、毎月の生活費の中から利用料金を支払います。

カーリースと現金購入。

大きな違いは、金融資産を失わないということ。

リースでも、当然利用料金はかかりますがプランによっては月2万円程度です。

コロナ禍で先の見えない今の社会でも、手元に金融資産があればどうでしょうか。

500万円の金融資産があれば、運用してさらに増やすことも可能です。

2022年現在、車は保有するものから利用するものに変わりました。

ニューノーマル時代、金融資産は投資信託などに回し車は利用する分だけ支払うのがおすすめです。

ここでは、おすすめできるカーリース会社をご紹介します。

 

カーリースおすすめ厳選ランキング

数あるカーリースサービス会社の中でおすすめできるベスト3をご紹介いたします。

それぞれのおすすめできるポイントとサービスの特徴について解説いたします。

2022年現在最新おすすめカーリース会社ランキングは以下になります。

おすすめ1位:KINTO

KINTO

月額料金 16,710円~
選べるメーカー トヨタ、レクサス
リース期間 トヨタ車:3年、5年、7年
レクサス車:3年
新車・中古車 新車
料金に含まれるもの 車両代金、登録諸費用、各種税金、自賠責保険、車検代、メンテナンス代、任意保険料
公式HP 【KINTO】

KINTOはTOYOTAが本気で取り組んでいる車のサブスクリプションサービスです。

トヨタの人気車種とレクサス車のカーリースに特化したサービス。

KINTOの最大メリットは、解約金フリープランと初回費用フリープランがあること。

また、任意保険・車両保険も込になっていることです。

これは、他のカーリース会社にはないおすすめできるサービスです。

他のカーリース会社であれば、自賠責保険や税金などは料金に含まれますが、任意保険は自分で入る必要があります。

KINTOなら毎月の保険料も支払額に含まれ、更にはオイル交換などのメンテナンス料も含まれています。

月額利用料金+ガソリン代だけで新車に乗ることができます。

トヨタ車を選ぶなら他のリース会社よりも断然おすすめ。

トヨタ車をリースしたい方はKINTO一択です。

【KINTO】はこちら

 

おすすめ2位:リースナブル

リースナブル

月額料金 6,600円~
選べるメーカー トヨタ、マツダ、日産、ホンダ、ダイハツ、スズキ
リース期間 3年、5年
新車・中古車 新車
料金に含まれるもの 車両代金、登録諸費用、各種税金、自賠責保険、車検代
公式HP リースナブル

とにかく安く利用したいなら、リースナブルがおすすめです。

総額リース料金が断然安いです。

頭金・登録料0円のリースナブル!

スピード納車、メーカー保証5年付きも特徴の一つ。

ディーラーで新車を購入した時と同じようにアフターサービスを受けることができます。

全国のディーラーでサポートが受けられるのに加え、好きな時に解約(中途解約or買取)ができます。

月額料金6600円で新車リースできるリースナブル。

ボーナス払いはありますが、月の費用負担が少ないのがおすすめなポイント。

リースナブルはこちら

おすすめ3位:定額カルモくん

カルモくん

月額料金 11,220円~
選べるメーカー 国内全メーカー
リース期間 1~11年
新車・中古車 両方
料金に含まれるもの 車両代金、登録諸費用、各種税金、自賠責保険
公式HP カルモくん

リース終了後は、車がもらえるサービスがあるカルモくん。

車は欲しいけど、手持ちのお金がない人におすすめなカーリース会社です。

契約年数やメンテナンスプランなど好きなようにカスタマイズできるのもおすすめなポイント。

また、中古車もリースできるのがカルモくんの特徴です。

実店舗を持たず、運営コストを削減することで安さを実現しているのがカルモくん

最大49,500円割引になるネット割も実施しています。

最長11年間リースでは、月々の利用料金もかなり抑えることができます。

顧客満足度は99%と高く、最短納期が4日。

専門家が選ぶカーリースでも三冠を獲得しています。

車は、自宅まで届けてくれるのでとても楽。

クローズエンド契約だから、契約終了時に追加費用もなく車がもらえます。

カルモくんはこちら

 

 

他にもリース会社はいろいろありますが、

このカーリースを考えているならこの3社がおすすめです。

 

カーリースおすすめの選び方

人気のカーリースの選び方。

どこも似ているようで、比較してみるとカーリース会社によって料金やサービス内容がずいぶんと違います。

厳選おすすめ3社に絞ったポイントをたくさんあるカーリース会社から選んだポイントをまとめてみました。

カーリースの選び方比較ポイント。
  • 月額料金
  • 契約期間と解約
  • アフターサポート
  • 取り扱い車種
  • 契約終了後

    月額料金

    カーリースは、月額料金を支払うだけで利用できます。

    しかしプランによって定額プランとボーナス払いがあるプランがあります。

    月額料金には税金等諸費用も全てコミコミになっています。

    ただし、カーリース会社によって月額料金に含まれる項目に違いがあります。

    マイカーを購入した場合でもカーリースでも以下の費用は共通で発生します。

    1. 車体料金
    2. 税金
    3. 自賠責保険
    4. 車検費用
    5. 任意保険・車両保険
    6. メンテナンス費用
    7. ガソリン代と駐車場料金

    カーリースの共通項目・オプション項目

    1~4までの項目はどこのカーリース会社にもほぼ含まれています。

    5の任意保険・車両保険は、自賠責保険とは別途で加入する自動車保険です。

    自動車保険もコミコミであれば支払い管理が非常に楽ですが、自分に合う保険プランを選べないデメリットはあります。

    6のアフターケア料金は消耗品類やタイヤ交換の費用も含んでいるかどうか。

    ですが、メンテナンス費用はプランが会社によって様々で全てのメンテナンス費用が不要なプランは割高になります。

    月額利用料金からの結論

    最近の車は素人が簡単に整備できないくらい複雑です。

    そのため、メンテナンスはお任せが一番です。

    また、自動車保険やアフターケアもセットで利用できるのが一番楽です。

    しかし、オプションで加入するカーリース会社が多く、自分で選ぶのは迷ってしまいます。

    また、全てコミコミだと月額料金が少し割高になってくるケースもあります。

    この点から、1~6まで全てコミコミで利用できるKINTOは断然利用しやすいと言えます。

    KINTOなら、月額利用料金の他はガソリン代と駐車場代のみです。

    契約期間と解約

    カーリースを契約期間は、3年、5年、7年の3パターンが多くなります。

    車がもらえるカーリースプランの場合は7年以上が基本です。

    昔は、車の買い替えは、3年、5年、7年の3パターンが多かった。

    ですが、最近は一度購入したら10年は乗ると考えている人がほとんどになりました。

    車は10年経てば資産価値はほとんどありません。

    そのため、資産価値の残る3年、5年、7年の契約期間は妥当な契約期間と言えます。

    契約期間を短くすれば月額料金は高くなります。

    月額利用料金を安くしたいのであれば、5年、7年といったプランがおすすめと言えます。

    しかし、1年・2年といった短期間や、自己都合で解約したい場合もありますよね。

    一般的にカーリースは、途中解約不可となっていました。

    しかし、KINTO・リースナブルでは途中解約もできます。

    契約期間と解約の結論

    短期でも利用できる途中解約もできる自由なカーリース会社。

    ということで、おすすめできるのはKINTO・リースナブルになります。

    契約後のアフターサポート

    車を購入した場合、長く乗っていくためには定期メンテナンスが必要です。

    オイル交換、タイヤ交換といった消耗品。

    定期点検や車検のように法律で定められた点検まで様々なメンテナンス費用がかかります。

    カーリースの場合、メンテナンス費用はオプションで基本的なメンテナンスから全てコミコミなプランまで様々あります。

    KINTOは全ての費用がコミコミなので、メンテナンスに関して考えてなくても済みます。

    リースナブルは、新車購入と同じようにメーカー保証が受けることができ、3年・5年リースなのでメンテナンスも最低限でも大丈夫です。

    契約後のアフターサポート結論

    契約後のアフターサービスがディーラーで新車購入と同じように受けれる

    KINTO・リースナブルはおすすめと言えます。

    3年・5年のリース期間ならそれほどメンテナンス費用もかかりません。

    問題は、7年以上リースで利用する場合です。

    7年以上車に乗るなら当然メンテナンス費用はかかります。

    その点、長期保証のあるカルモくんはおすすめできます。

    7年利用した後に、車ももらえるのである程度資産価値のある車を手にすることができます。

    3年・5年のリースなら、KINTO・リースナブルがおすすめ。

    7年以上リースならカルモくんがおススメと言えます。

    取り扱い車種

    自動車メーカーは国内だとトヨタ、日産、ホンダ、マツダ、スバル、スズキ、ダイハツ、三菱。

    海外の自動車メーカーを入れると約400社ほどあります。

    既に車種が決まっている方は、欲しい車種の取り扱いで決まると思います。

    カーリースの場合は、国内メーカーの人気車種に限定されることが多くなります。

    契約終了後、返却された車を処分する際に人気車種なら売れますが、不人気車では売ることが難しいからです。

    海外自動車メーカーは、メンテナンス費用がかかるため扱いのあるリース会社はごく一部です。

    しかも、アフターケアを出来る場所が限られいるからです。

    料金を抑えたい、車種にもこだわりがない人は中古車リースもおすすめです。

    取り扱い車種の結論

    取り扱い車種で選ぶなら、カルモくん一択です。

    国産車ならすべての車種を選ぶことができ、中古車も扱っています。

    人気車種ならリースナブル。

    TOYOTA車ならKINTOがおすすめです。

     

    契約終了後

    カーリースは契約終了後、基本的に返却となります。

    車は原状回復して返却する必要があります。

    普通に乗っている分には、基本的に問題ありません。

    事故などを起こしたら、原状回復には費用がかかります。

    そのため、車両保険に加入しておくのがいいでしょう。

    KINTOなら、車両保険もついているのでその点は安心です。

    リースナブルなら、たまーるプラスと言う満期で最大50万円の残価清算につかえるオプションもあります。

    カルモくんなら、契約終了後に車がもらえるので原状回復の心配はいりません。

    契約終了後の結論

    契約終了後、車がもらえるカルモくんはおすすめです。

    また、車両保険がついているKINTOは事故対応もできるのでおすすめできます。

    KINTO・リースナブルは途中解約もできるサービスですので、契約終了前に解約することがあっても安心です。

     

    カーリース選び方まとめ

    カーリース会社を選ぶなら、KINTO・リースナブル・カルモくんから検討してみるといいでしょう。

     

     

    カーリースはお得かどうか?

    比較

    カーリースの利用を検討している人が、カーリースはお得なのか気にする人がいます。

    結論から言えば、お得ということではありません。

    車を利用する上で、非常に便利なサービスであるということです。

    カーリースを利用すれば、金融資産を失うことなく車に乗ることができます。

    リースとカーローンと比較してどっちがお得と言われることもあります。

    マイカーローンには、利息が発生します。

    マイカーローンでは、車両価格・諸費・税金など車にかかる諸費用全ての支払いが必要です。

    ローンで購入しても、毎年の自動車税やメンテナンス費用等様々な費用がかかります。

    一方で、カーリースの場合残価設定があります。

    車両は返却することが前提なので、残価分の負担が減ります。

    その分、マイカーローンよりも毎月の支払いは楽になります。

     

    カーリースと現金一括払いの比較

    カーリースを利用した場合と、現金購入した場合では支払い総額でどう違ってくるのか比較してみましょう。

    車体代金に税金や車検代など車にかかる諸費用すべてと、カーリースの利用料金の総額を比べてみます。

    具体的な例として、今回はトヨタの人気のコンパクトカーであるアクアで比較してみます。

    比較条件

    • 車種はトヨタ ルーミー、グレードはX (本体価格:1,578,500円)
    • カーリースの契約期間は5年間(車検1回)
    • カーリースは、メンテナンスプランに加入し車検代もコミとします。
    • カーリースの追加装備やオプションは最低限のみ

     

    サービス名 ルーミーに5年間乗る費用の内訳 総支払額
    現金一括払い 本体価格:1,578,500
    +税金・諸費用:278,440円 +任意保険・車両保険143,710×5+メンテナンス・車検1回:約150,000
    2,725,490

     

    定額カルモくん 月額43,658円×60ヶ月 +任意保険・車両保険143,710×5 3,338,030円
    KINTO 月額34,540円×60ヶ月 2,072,400
    リースナブル 月額35,200円×60ヶ月 +任意保険・車両保険143,710×5 2,830,550円

    いかがでしたでしょうか。

    現金一括払いで5年間ルーミーに乗った場合、税金や車検代を含めて約275万円がかかります。

    これに対しカーリースは、同じ5年間で定額カルモくんが約333万円、KINTOが約207万円、リースナブルが約283万円となりました。

    税金や車検代を含めると必然的にカーリースの方が総額が高くなります。

    しかしながら、残価設定がはいるのでKINTOやリースナブルは安くなります。

    カルモくんは、5年リースより7年以上利用で車がもらえるので長くリースする人向けですね。

    カーリースは頭金が不要です。

    あなたの金融資産を失うことなく、車に乗ることができます。

    しかし、デメリットもあります。

    走行距離の制限や車の返却というデメリットはあります。

    カーリースでは、車は資産にはなりませんが、車は長く乗れば資産価値はなくなります。

    また、カーローンを考えているなら金利がかかる分、カーリースの方が利用しやすいプランとも言えます。

     

    カーリースのメリット・デメリット

    カーサブメリット

    カーリースを利用する前に知っておきたいメリット・デメリットについて解説いたします。

    カーリースのメリット・デメリットを分かりやすくするために、マイカーを購入するときと比較しながらまとめてみました。

    これからカーリースを検討している方は、参考になさってください。

    カーリースのメリット

    テキストが入ります。

    ここにコンテンツを記載

    カーリースのメリット

    カーリースを利用するメリット
    • インターネットで簡単に手続きできる
    • 頭金が不要
    • 月々の支払い額が一定
    • 車にかかる費用が計算しやすく家計が楽
    • 経費として利用でき節税効果がある

    インターネットで簡単に手続きできる

    カーリースは、見積もりから申し込みまでインターネット上で済ませられます。

    一方で、マイカーを購入する場合はディーラーに商談をする必要があります。

    カーリースなら、自宅にいながら様々なメーカーの色々な車種・色を一同に見ることができます。

    月々の支払額も分かりやすく表示されているので、予算に合わせて車選びをすることができます。

    頭金が不要

    カーリースは、審査もありますが頭金は不要です。

    契約時にまとまったお金が必要はありません。

    あなたは、金融資産を残したまま車に乗ることができます。

    マイカー購入に比べて、負担が少なくなります。

    月々に支払う額が一定

    カーリースは、車両価格の他に車検代・メンテ費用・保険代を合計した費用を利用期間で割って計算しています。

    そのため、月々の支払額をフラットにできます。

    車を購入した場合は、車検や自動車税の負担がかかりますよね。

    車検費用は10万円を超えることもあります。

    カーリースなら、まとまったお金の準備は必要ありません。

    かかる金額が計算しやすく家計が楽

    カーリースは、毎月の利用料金だけです。

    他にガソリン代のみかかります。

    車に対する家計の負担が計算しやすくなります。

    車検時や自動車保険であわてる必要もありません。

    経費として利用でき節税効果がある

    法人や個人事業主の方はカーリースの月額料金を経費として計上できます。

    そのため、節税対策にもなります。

    カーリースのデメリット

    カーリースにはメリットだけでなく、デメリットもあります。

    これからカーリースの利用を検討している方には知っておく必要があります。

    カーリースのデメリット。
    • 月々に走行できる距離が限られている
    • 汚れや傷に気を使う

    月々に走行できる距離が限られている

    カーリースでは走行可能距離に上限が定められています。

    長期プランで車がもらえるようにすれば、このデメリットはなくなります。

    しかしながら、支払い総額は高くなります。

    一般的に、毎月1,500kmぐらいの走行距離が上限です。

    そのため、頻繁に車で長距離移動することが多い人には不向きと言えます。

    汚れや傷に気を使う

    カーリースは契約終了後原状回復する必要があります。

    そのため、必要以上に車内を汚したり、擦ったりして傷を付けるのはNG。

    状態が悪くなると、返却の際に追加料金が発生してしまうケースがあります。

    とはいえ事故を起こさなければ特にデメリットに感じないでしょう。

      カーリース会社の比較

      カーリース会社はたくさんあります。

      上記3社以外についても知りたい人がいると思いますので、

      主要なカーリース会社について比較してみます。

      サービス名 月額料金 リース期間 月額料に含まれるもの
      カルモくん 11,220円~ 1年~11年 【車両代金、登録諸費用、各種税金、自賠責保険】
      ※任意保険、車検基本料は含まず
      MOTAカーリース 6,160円~ 5年、7年、11年 【車両代金、登録諸費用、各種税金、自賠責保険】
      ※任意保険、車検基本料は含まず
      リースナブル 6,600円~ 3年、5年 【車両代金、登録諸費用、各種税金、自賠責保険、車検代】
      ※任意保険は含まず
      ニコノリ 5,500円~ 1年~9年 【車両代金、登録諸費用、各種税金、自賠責保険、車検代、メンテナンス費用】
      ※任意保険は含まず
      KINTO 16,170円~ 3年、5年、7年 【車両代金、登録諸費用、各種税金、自賠責保険、車検代、メンテナンス代、任意保険料】
      NOREL by Gulliver 8,800円~ 1年~9年 【車両代金、登録諸費用、各種税金、自賠責保険】
      ※任意保険、車検代は含まず
      コスモMyカーリース 8,030円~ 3年、5年、7年、9年 【車両代金、登録諸費用、各種税金、自賠責保険、車検代】
      ※任意保険は含まず
      もろコミ(カーコンカーリース) 8,140円~ 7年、9年、11年 【車両代金、登録諸費用、各種税金、自賠責保険、車検代】
      ※任意保険は含まず
      SOMPOで乗ーる 11,000円~ 3年、5年、7年、9年 【車両代金、登録諸費用、各種税金、自賠責保険】
      ※任意保険、車検基本料は含まず
      カーリース館 11,000円~ 個別に相談 【車両代金、登録諸費用、各種税金、自賠責保険、車検代】
      ※任意保険は含まず
      オリックスカーリース 12,870円~ 5年、7年、9年、11年 【車両代金、登録諸費用、各種税金、自賠責保険、車検代】
      ※任意保険は含まず
      フラット7 8,800円~ 7年 【車両代金、登録諸費用、各種税金、自賠責保険、車検代】
      ※任意保険は含まず
      オートフラット 15,290円~ 3~7年 【車両代金、登録諸費用、各種税金、自賠責保険】
      ※任意保険、車検基本料は含まず

      まとめ

      いかがでしょうか。

      2022年コロナ禍でニューノーマル時代になった今、利用すべきカーリース会社をご紹介いたしました。

      カーリース会社選ぶの参考になりましたら幸いです。