カーシェアのチャイルドシート

都会だけでなく、全国に広まりっているカーシェア。

しかし、カーシェアを利用するファミリー層が心配することに、

「チャイルドシートが設置されているのか?」

ではないでしょうか。

6歳未満までは着用義務があるチャイルドシート。

もちろん、カーシェアだから免除ということはありません。

ここでは、カーシェアのチャイルドシート設置状況についてお話しいたします。

カーシェア大手4社のチャイルドシート設置状況

主に首都圏で展開しているカーシェア会社は、以下の4社になります。

各カーシェア会社のチャイルドシート設置状況をまとめてみました。

 カーシェア会社 チャイルドシート ジュニアシート
タイムズカーレンタル なし 全車両あり
オリックスカーシェア なし
カレコ・カーシェアリングクラブ 54ステーション
アース・カー 一部搭載車両あり 一部搭載車両あり

カーシェアのチャイルドシートについて

子どもの年齢が6歳未満(6歳の誕生日を迎えるまで)までは、チャイルドシートが必要です。

チャイルドシート

カレコカーシェア

チャイルドシートとは「0歳から4歳頃まで」と「4歳~」の製品があります。

0歳~1歳過ぎまでは、進行方向に赤ちゃんの背中を向ける状態で取り付け、1歳を過ぎた頃から前向きに取り付けるのが一般的です。

カレコのカーシェア車両に搭載されているチャイルドシートは「0歳から4歳頃まで」のものでISOFIXタイプの製品です。

ISOFIXとは、シートベルトを使うことなく簡単に、しかも安全に取り付けられるタイプのチャイルドシート。

子どもの年齢によって、「前向き」か「後向き」かを使い分けます。

ジュニアシート

ジュニアシートには、背もたれが付きのものと、背もたれのないブースターと呼ばれるものがあります。

カレコのカーシェア車両に搭載されているジュニアシートは「ブースター」と呼ばれるタイプのジュニアシートです。

ブースターは、背もたれが無く、座面を高くするもの。

つまり、このブースターでシートベルトが首にかからない身長が必要です。

取り付ける場合には、確認しながら取り付けるようにしましょう。

カーシェアでおすすめのチャイルドシート

カレコ・カーシェアリングクラブ」や「アース・カー」はチャイルドシートの取り扱いがあります。

しかし現状は数が少なくなっています。

ほとんどのカーシェア会社で取り扱いがあるジュニアシート(ブースター)を使用できれば良いですが、幼児のいる家庭は、どうしてもチャイルドシートが必要です。

そこで、普段も使えるチャイルドシートを2つご紹介いたします。

4歳以下で使用できるチャイルドシートになりますので参考になれば幸いです。

 

EX COMBI グッドキャリー

Amazonで見る

コンビ社のベビーシートです。

赤ちゃんに自然で安定した姿勢を提供し、ストレスの少ないリラックス状態をつくるインナークッション「ダッコシートα」が付いています。

衝撃・振動を大幅にカットするコンビ社開発の「エッグショック」も付いていて安心です。

製品詳細

メーカー:コンビ
商品名:EX COMBI グッドキャリー
本体重量:3.3kg
製品サイズ:幅46cm×奥行69cm×高さ35cm(ハンドル含まず)
シートカラー:アルティメットブラック
取付方法:3点式シートベルト
参考価格:17,700円(税込)

juba

Amazonで見る

カトージ社が扱うjoie(ジョイ―)製のベビーシートです。

本体は2.9kgと比較的軽量です。

赤ちゃんをのせて10キロくらいなので、なんとかママでも運ぶことができます。

取付方法は2通りで、3点式シートベルトか別売のISOFIXベースのどちらかを選ぶ事になります。

別売のISOFIXベースを購入すれば、車の取付、着脱がよりスムーズになります。

joie製ベビーカーであれば、新生児からつかえるベビーカーにもなりますので、おすすめの商品です。
(※参考対応機種:ベビーカーaire・ベビーカーmirus・ベビーカーlitetrax・ベビーカーMUZE)

製品詳細

メーカー:カトージ
商品名:juba(ジュバ)
本体重量:2.9kg
製品サイズ:幅44cm×奥行66cm×高さ40cm
シートカラー:ブラック
取付方法:3点式シートベルト、ISOFIX(別売)
参考価格:14,800円
ISOFIXベース参考価格:13,297円

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

4歳以下の子どもがいるご家庭で、お近くにチャイルドシートを搭載したカーシェアがあったとしても、ステーションに1台しか設置されていないので、借りられている場合もあるかもしれません。

カーシェアの使用頻度を考えて、チャイルドシートを購入するか、もしくはレンタカーにするかも検討することが必要です。

上手にカーシェアを使って、子どもとドライブを楽しんでみてください。