個人がカーリースするメリット

個人がカーリースを利用するにあたって最大のメリットは金額面にあります。
頭金などのまとまったお金も不要で、月々支払いなので家計を計算しやく、車検などの突発的な費用も不要ということです。

車を新車で買おうと思えば、数百万は必要になります。
マイカーローンを組む場合でも、頭金が必要な場合場多く、諸費用等も掛かるので、手元資金が0ではなかなか購入できません。

それでは、カーリースのメリットを確認してみましましょう。

金額面のメリットがあり、手間がかからず、節税効果もあることです。

金額面のメリット

頭金不要なこと。
車は決して安い買い物ではありません。
頭金などの初期費用がなかなか貯まらず新車購入をあきらめてしまうこともあるかもしれません。
子供の学費など、今後何かとお金が必要になる可能性があることを考えると、数十万円といった大きな頭金なしで、新車を購入できるカーリースは、とてもメリットがあります。

月額定額なこと
カーリースの月々の料金は定額です。契約時に決められた料金を契約期間中支払います。
そのため、家計の計画が立てやすくなります。
税金や車検など、車の経費は高額になりがちです。
しかし、カーリースなら定額料金以外は不要です。

月々の料金がお手頃なこと。
カーリースは、リース契約終了時の残価設定をし、その分を差し引いた金額を月々の料金で割っているため、月額料金がお手頃となります。

手間がかからない

カーリースの契約はスマホでもらくらくできます。
個人向けカーリースの場合は車選びから審査申込みまで、スマホで完結できます。
オンラインで金額シミュレーションできるので、自宅で心ゆくまでじっくり比較検討して、自分好みの車を選べます。

メンテナンス・車検など面倒なことがない。
車を持つと車検を受ける必要があります。
ほかに法定12ヵ月点検やエンジンオイルの交換、タイヤのメンテナンスやブレーキオイルの交換など、さまざまな維持費がかかります。
しかし、車検費用やメンテナンス料金を月額にまとめられるプランを利用すれば、点検時期に必ず知らせてくれます。

車の乗り換えが楽。
車は、買い替えとなると売るにしても廃車するにしても、全て自分で手続きしなければなりません。
しかし、カーリースの場合は、契約満了時に返却、同じ車を再リース、新しい車に乗り換えるなどの選択肢から選べます。
車の処分もリース会社に任せることができます。

節税効果がある
法人、個人事業主にとって節税効果大。
法人や個人事業主が新車を現金で一括購入する場合、すべての金額をその年の経費として計上することは不可能です。
普通車の場合は、6年かけて減価償却します。
しかし、カーリースなら、月々のリース料金が全て経費計上できます。
経理上の手続きも簡素化でき、処理も楽です。
法人や個人事業主にとっては大きな節税効果が期待できます。