この記事はアフィリエイトプログラムを利用していますが、消費者庁や国民生活センター・厚生労働省の発信する情報を基に調査を行い、コンテンツ制作ポリシーに則り作成しています。 カーリースデメリットとメリット

カーリースのメリット

カーリースメリット

カーリースのメリットにはどんなことがあるのでしょうか。

カーリースのメリットは大きく3点あります。

 

一つは、頭金不要、まとまったお金がなくても新車に乗れること。

二つ目は、定額利用料金のみで支出が安定すること。

三つ目は、残価設定分、購入よりも安い総額費用で利用できること。

 

では、一つずつ確認してみましょう。

頭金なし!クルマ購入の初期費用が抑えられる


カーリースでは基本的に頭金は不要です。

税金や登録費用などの諸費用を頭金として用意する必要はありません。

また、頭金やボーナス払いを設定することで、月々の支払額を安くすることもできます。

 

定額利用料金で、月々均等払いだから安心

カーリースでは、毎年忘れたころにやってくる自動車税種別割などもリース料に含まれています。

納付手続きなどの手間も不要です。

その他、車検費用なんかも月額料金に含まれているので、車検の年に慌てることがありません。

 

残価設定であるから総額料金で安く利用できる。

個人向けカーリース(車のサブスク)では、本体価格に「残価」を設定している会社があります。

残価とは、契約満了時の市場価値を予想した金額のことをいいます。

そしてカーリースは、利用期間の支払いのみです。

例えば、ハリアーを3年リースで利用した場合の総支払額は約140万円です。

購入するとなれば、初期費用だけで350万円以上必要になります。

これに、毎年の税金が発生します。

生活に車が必要な場合は、とてもお得に利用することができます。

ですが、車を購入して3年後に売れば高く売れることもあります。

必ずしもカーリースがお得とも言えませんが、総支払額が安くなるのはメリットと言えます。

 

カーリースのメリットは、

初期費用が不要で、維持費のほとんどがリース料金にできる。

税金や車検代など、車に関わる支出をフラットにできる

最長11年という長期間での契約もできる

月々10,000円台の定額から利用できる

返却義務がない車がもらえるサービスもある。

車がもらえるサービスを利用すれば、

走行距離制限を気にしなくていい
原状回復の必要がない

などのメリットも発生します。

大きな出費がなく、家計にかかる負担を減らしながら無理なくカーライフが楽しめるカーリースは、

まとまった資金がないけれど新車に乗りたい人にぴったりなサービスと言えます。

 

 

 

 

 

-カーリースデメリットとメリット