この記事はPR商品を含みますが、消費者庁や国民生活センター・厚生労働省の発信する情報を基に調査を行い、コンテンツ制作ポリシーに則り作成しています。

こんにちは!私は、カーリースの窓口として、皆さんが車選びで失敗しないようサポートしています。

これまで15台の車を乗り換えと、中古車から新車、車購入方法も様々な経験してきました。

スポーツカーからミニバンまで、あらゆるタイプの車に実際に乗ってきました。

カーリース、マイカーローン、残価設定ローン、現金での購入と、それぞれの方法で実際に車を購入し、たくさんの失敗をしてきました。

車の購入方法には、それぞれのメリットとデメリットがあります。

多くの人が抱える「車とお金」に関する疑問や不安を解消し、最適な車生活を送れるように、私の失敗経験が役立てれば幸いです。

車を購入することでお金が貯まらないと感じている方、またはこれから車の購入を考えている方、

このブログが、皆さんのカーライフのサポートになれるよう解説していきます。

カーリースのことならお気軽にご相談ください。

 

 

誰も教えてくれないカーリースのデメリット

まず、業者が誰も教えてくれないカーリースのデメリットをご紹介しておきます。

カーリースや車のサブスクの最大のデメリットは、住宅ローンの審査に影響があることです。

近いうちに、住宅をローン購入する予定がある人はカーリースやマイカーローンの利用はやめるべきです。

カーリース契約を解約しないと住宅ローン審査が通らなくなります。

車が必要な場合は、中途解約ができるカーリースを選びましょう。

途中解約できるカーリース会社は、少ないので気をつけてください。

初期費用が必要ですが、途中解約もできるカーリース会社は『KINTO』です。

KINTOなら途中解約もでき、任意保険・車両保険もついているので余計な出費の心配がなく安心して利用できます。

【KINTO】はこちら

 

しかし、KINTOにもデメリットはあります。

ペットを直接乗せたい方や、車内でタバコを吸いたい方はNGなカーリース会社です。

KINTOでは、ペットの同乗や車内での喫煙が禁止されています。

住宅ローンを予定している方は、住宅購入後にカーリースの申し込みをすることをおすすめします。

すでに住宅ローンを組んでいる人は、問題なくカーリースを利用できます。

マンションは投資資産にもなります

しかし、車は購入後、すぐ資産価値が下がり年数が経てば資産価値はなくなります。

カーリースは、とても便利な仕組みで車を生活費の一部として利用することができます。

住居費や食費と同じように生活費の予算の中で利用することができます。

一方、ローン購入の場合は、負債が発生し、現金一括払いの場合は、金融資産がなくなります。

まとまった金融資産があるなら、投資信託で運用すれば5年のリース費用くらいすぐに増えることがあります。

私自身も投資信託を運用していますが、ここ半年で利益が110万ほど増えています。

また、残価設定ローン、マイカーローン、現金一括購入には大きなリスクがあります。

それは、もらい事故、盗難、台風・竜巻等の自然災害です。

もらい事故の修理費用は、相手の保険会社が負担してくれます。

しかし、事故歴で価値の下がった車の価値は補填してくれません。

盗難や台風・竜巻等の自然災害も同じです。

盗難失われた車や台風などの自然災害で壊れた場合、大きな損失となります。

車購入にはリスクがつきものです。

しかし、車を利用するリスクのないサービスがKINTOです。

KINTOは、リースカー車両費用保険特約を付帯しているため、全損事故時および盗難時のリース規定損害金は自動車保険でカバーされます。

自己負担なしなんです。

【KINTO】はこちら

NEW

no image

車検費用を安くする方法

トヨタKINTO審査

トヨタKINTO審査

タイヤ交換

タイヤ交換の目安はここを確認!

車検の費用はいくらが安い

車検の費用はいくらが安い料金と言えるのか?

タントリース

新型タントはリースとローンで購入するのはどっちがお得

車のダサいステッカー

2024/4/13

車のダサいステッカーをキレイに剥がすのに便利なシリコンオフスプレー!

車を購入したときに貼ってあるダサいステッカー。 揃いも揃って垢抜けず、美観を損ねるものばかり……。 出来ることなら剥がしたいですよね。 ですが、剥がすと違法になるステッカーがあるので要注意。 剥がすと違法になるのは、「検査標章」(いわゆる車検証シール) あと、「保管場所標章」(いわゆる車庫証明シール) 「保管場所標章」も法的義務のあるステッカーです。 ただ、「保管場所標章」(いわゆる車庫証明シール)もダサいから剥がしたいよね。 「保管場所標章」は、剥がしても罰則はないから自己判断でお願いいたします。 この ...

ベンツリース月額料金は5万円代から月々9800は危険!

2024/4/8

ベンツリース月額料金は5万円代から月々9800は危険!

ベンツに乗りたいと思っても、簡単に購入できる車ではありません。 実は、メルセデスベンツもカーリースができます。 「いつかは乗りたい!」と思っていたハードルを下げてくれたのがカーリースです。 そこで今回は、頭金などの初期費用が不要で、税金や車検代も月額料金に含まれる、おすすめのカーリース会社についてご紹介します。 一部でベンツ月々9800円という広告がありますが信じてはいけません。 ベンツは車両価格から最低でも月額5万円以上はリース代がかかります。 本当にベンツ月々9800円なら中古車の状態が良くないリース ...

Read More