カーリースの審査に落ちた場合の対処方法

カーリースを利用するには、審査を申し込んで通過する必要があります。

審査基準を満たせば基本的には審査を通過できますが、中には審査に中々通らず、カーリースを利用できない人もいます。

カーリースの審査に落ちてしまった場合、適切に対処して再申し込みしないと、審査落ちを繰り返してしまう可能性があります。

今回は、カーリスの審査に落ちてしまったときの対処法、次の審査に向けた事前準備などについて、情報をまとめていきます。

カーリースの審査の流れ

カーリース審査

カーリースの審査は下記の流れで行われます。

1, あなたが希望車種やプランを決める
2, 月額リース料金を確認する
3, 審査申し込みをする
4, リース会社より審査結果の通知が届く

まず初めに、リースする車や契約年数やオプションの有無などのプラン内容を決めて、月額リース料金を出します。

リース料金を確認したら、あなたが申込をすると審査が始まります。

審査結果がわかるまではおよそ1~4日ほどかかります。

電話、もしくはメールで審査結果の報告を受けます。

無事、審査に通過できたら、契約するかよく検討し、あなたが契約することを決めたら契約となります。

カーリースの納車までの流れ

審査が完了した後、納車が行われるまで流れは下記の通りです。

1, 契約に必要な書類が自宅に届くorカーリース店舗で契約書類を受け取る
2, 契約書類を記入して、カーリース会社に送付、提出する
3, カーリース会社で自動車登録、輸送手配が行われる
4, 指定の車両保管場所へ輸送され、納車が完了する

*カーリース会社によっては、店舗へ直接車両を受け取りに行く場合もありますが、基本的には自動車保管場所への配送となります。

まず、審査が完了したら契約に必要な書類が自宅に送付される、もしくは店舗で書類を受け取ります。契約書類に必要事項を記入して、カーリース会社に送付、提出をします。カーリース会社が必要書類を受け取って、不備がなければ自動車登録、配送手配に進みます。あらかじめ、カーリース会社との間で納車日を決めておき、指定の日程になったら車両保管場所へ輸送され、納車が完了となります。

一般的に、カーリースの契約から納車までの必要期間は3週間から1ヵ月ほどとなっています。ただ、選択した車種が人気車種であったり、オプションが多いプランである場合は、さらに時間がかかることもあります。しかし、中古車のカーリースである場合は、新車のカーリースよりも必要期間が短くなることが多く、1週間~2週間ほどで契約から納車まで完了できることもあります。新車、中古のカーリースともに、即日で審査から納車まで完了させることは難しいので、カーリースを利用する際は日程に余裕をもって申し込みを行うようにしてください。

カーリースの審査に必要なものは?

カーリース審査

カーリースの審査では、身分証明書や印鑑など必要なものがあります。

「個人」「法人」でそれぞれ必要なものが違ってきます。

必要なものに不備があると、その分審査が遅れます。

では、それぞれで何が必要になってくるのか確認していきましょう。

個人契約でカーリースの契約に必要なもの

個人がカーリースを契約する際に必要なものは下記の通りです。

・契約書
・運転免許証
・住民票(会社による)
・印鑑証明書
・銀行印
・口座番号がわかるもの(キャッシュカード、通帳など)
・車庫証明

印鑑証明は、現住所を証明するものになります。

カーリース会社によっては、1・2ヵ月以内に発行された住民票の提出が必要な会社もあります。

すべてのカーリース会社で提出が求められる訳ではありませんが、念のために準備しておくと審査やその後の手続きをスムーズに進められます。

車庫証明は、「リースで借りた車を保管する場所がある」ことを証明する書類です。

保管場所を管轄する警察署に、車庫証明を申請する必要があります。

車庫証明は、車庫のある場所の管轄の警察署で発行を行います。

保管場所は「自宅から直線距離で2Km以内」に位置しておくことが条件です。

これらは、普通にディーラーで車を購入する際にも必要な書類です。

法人契約でカーリースの審査に必要なもの

法人でカーリース審査に進む場合、必要なものは下記のものになります。
・契約書
・法人実印(届出を出しているもの)
・法人実印の印鑑証明書
・代表者の認印
・法人名義の銀行口座番号がわかるもの(キャッシュカード、通帳など)
・車庫証明

法人でカーリース審査を行う場合、法人実印と法人実印の印鑑証明書、代表者の認印が必要になってきます。

印鑑証書で所在地などの証明を行います。

銀行口座も個人名義ではなく、法人名義の口座を利用します。

個人口座は支払いに利用できないので注意してください。

法人名義の口座をまだ開いていない場合は、カーリースを利用するまでに開設手続きを済ませておきましょう。

 

カーリースの審査ポイントは?

カーリース審査

カーリースの審査では、「ポイント」を絞って審査が行われます。

特に、審査では下記のポイントが重点的にチェックされます。

・契約者の収入
・仕事内容、勤務実態
・支払い計画
・個人の信用情報
・債務履歴

契約者の収入

契約者の収入は、カーリースの審査で最も重要となる審査ポイントです。

カーリースを受けられる基準収入は「年収200万円以上」というケースが多いです。

年収が200万円を切ってくると、保有資産があるか、連帯保証人が必要になってきます。

カーリースの審査では年収を自己申告します。

残業等で年収は年によって100万以上違ってくる場合は、多いときの年収で書いた方がいいですね。

仕事内容・勤務実態

年収200万円以上をクリアしていても、勤務実態によっては、リース審査が厳しくケースがあります。

たとえば、アルバイトや契約社員などの非正規雇用で働ている場合は、正社員の場合と比べて安定性がないと判断されてしまいます。

自営業など、個人事業主の方も、安定性という面で評価が低くなってしまいます。

非正規雇用や自営業の場合、「勤続年数」の長さが審査に影響するのです。

できれば3年以上の継続勤務が望まれます。

アルバイトから社員になった場合などは、アルバイトを始めた年からと社員になってからで書くのじゃ印象が違いますよね。

支払い計画

毎月の支払い計画の内容によって、審査に通りやすいこともあれば、逆に通りづらくなってしまうことがあります。

たとえば、毎月の支払い額が月収と比べて高い場合は普通に考えてどうやって支払うのってことになります。

毎月の支払い額が無理のない範囲で設定されていれば大丈夫です。

個人の信用情報

個人の信用情報は、カーリースだけでなく、ローンやクレジットカードの審査でも必ずチェックされます。

過去にローンの返済やクレジットカードの支払いを延滞、滞納したことがあると、信用情報にペナルティがついている可能性が高いです。

強制解約、自己破産まで至った場合は、ブラックリストに掲載され、新規のリース契約は困難になります。

ブラックリストから外れるには5年~10年はかかるので、ブラックリストに載るような金融事故を起こさないように注意しなくてはいけません。

債務履歴

カーリースの審査では、個人の債務履歴についてもチェックが入ります。

現在、複数のカードローン利用などで多重債務となっている場合は、リース契約をするのは難しくなります。

また、住宅ローンが多額で残っている場合も、年収と支出のバランスによってはリース審査に響いてきます。

過去に多額の借り入れをしていても、完済した状態である場合は、リース審査に悪影響はありません。

ただし、返済が滞っていた場合はペナルティがついています。

審査に申し込む前に、各種料金の支払いや返済忘れがないか、今一度確認しておくようにしましょう。

カーリースの審査に通りやすい人の特徴

カーリース審査

カーリースの審査に通りやすい人は「安定した収入があって、負債がない人」になります。

これをより具体化すると、下記の5点に集約できます。

・正社員で安定収入が期待できる人
・勤続年数が長い人
・持ち家に住んでいたり、土地、不動産を所有している人
・これまで税金、携帯料金など支払いの滞納、未納がない人
・借金や多重ローン、複数からのキャッシングなどがない人

正社員で安定収入が期待できる人

正社員である場合、会社の信用で、毎月安定した収入が入ることが想定されます。

カーリース会社として最も避けなくてはいけないのは「リース料金の未回収」です。

収入が安定している会社に所属していれば、支払を延滞するリスクが低くなり、カーリースの審査も通りやすくなります。

勤続年数が長い人

「勤続年数が長い人」はリース会社側から見ても、信頼度が高くなります。

勤続年数が長いということは、転職をする可能性が低いとも言えます。

リース会社は「安定性」を最も重視しています。

非正規雇用の場合でも、勤続年数が長ければ正規雇用と同等の評価を得られます。

勤続年数の長さの基準はリース会社によって異なりますが、最低「3年以上」の勤続年数は欲しいところです。

持ち家に住んでいたり、土地、不動産を所有している人

持ち家に住んでいる場合、たとえローンの支払いがあったとしても家自体は「資産」となります。

土地、不動産も同様です。

資産があればあるほど、いざというときに「お金」に変えることができますので、リースの支払いが滞るリスクも低くなります。

税金、携帯料金など支払いの滞納、未納がない人

これまでに税金、携帯料金などの支払いで滞納、未納がない人は、「毎月ちゃんと料金を支払いできる」ということです。

実は、携帯料金の支払いが滞ると「信用情報」にペナルティがつきます。

延滞が続き、強制解約となるとブラックリストに載ります。

払うべき料金をこれまで遅れずに払えていれば、そこまで神経質になる必要はありません。

借金や多重ローン、複数からのキャッシングなどがない人

金融機関からの多額の借金、多重ローン、複数のキャッシングがない人は、カーリースの審査が通りやすいです。

借り入れがないということは、リースの利用料金の支払いに注力できるということですので、それだけ未払い・延滞のリスクが低くなります。

住宅ローン、携帯電話の分割払いなども審査対象となってくるので、カーリースの契約前にローンを組むことは避けた方が無難です。

カーリースの審査で落ちる人の特徴

カーリース審査

カーリースの審査で落ちる人の特徴は、審査に通りやすい人と対極の特徴をもっています。

下記、審査で落ちる人の特徴の具体例です。

・支払金額に対して年収が低い、もしくは収入が不安定な人
・過去に支払いが遅れてブラックになっている人
・住宅ローンやクレジットカードなどの審査に落ちている人
・自己破産の経験がある人
・連帯保証人がいない人

支払金額に対して年収が低い、もしくは収入が不安定な人

月額リース料金に対して、年収が低いと、生活費などカーリース以外の出費に優先されてお金が回されてしまう可能性が高くなります。

そのため、カーリースの利用料金支払いが延滞されるリスクが高くなりますね。

収入が不安定な場合も同様で、月によって収入に差がある場合などは、未払いになってしまう月が多く出てきてしまう恐れがあります。

収入がどうしても不安定な場合、無理をしないで支払って行ける車種やプランで検討するとよいでしょう。

過去に支払いが遅れてブラックになっている人

過去に、携帯電話の支払いやカードローンの支払いなどで遅れてしまった場合は、ブラックリストに載っている可能性があります。

一度ブラックリストに載ってしまうと、名前が外されるまで最低5年ほどはかかります。

ブラックリストに載っている限り、新規でリース契約を結ぶのは非常に困難です。

連帯保証人を付けるなど、自分以外で経済的に安定している人を契約に加えないと難しいでしょう。

ブラックリストに載っている人でも、連帯保証人をつければ審査に通る可能性があります。

まずは。カーリース会社に相談して、審査の申し込みができるかどうか確認してみてください。

住宅ローンやクレジットカードなどの審査に落ちている人

住宅ローンやクレジットカードの審査に何度も落ちている場合、信用情報に問題のあるケースです。

カーリース会社側も、申込情報に基づいて審査をしますが、すでに他のローンなどで落ちている分、疑いをもって審査を進めてきます。

年収や債務履歴などに問題があると発覚したら、カーリース審査を通すのは非常に困難になります。

過去に審査に落ちた場合は、「なぜ落ちたのか」原因をはっきりさせてからカーリースの審査を申し込むようにしましょう。

自己破産の経験がある人

自己破産の経験があると、「契約したローン、リースを踏み倒した」と同じです。

カーリース会社からすると、一度結んだ契約を申込者の経済的な都合で解約されてしまうのは避けたいところです。

一度自己破産をしてしまうと、新たなローンが組めるまで5~10年ほどかかるそうです。

連帯保証人がいない人

リース申込者が未成年である場合や年収が審査通過の基準に満たない場合、連帯保証人を立てることでリース審査を通過できるケースがあります。

逆に、審査基準を満たしていない人が連帯保証人を立てられないと、審査で落とされる可能性が高くなります。

あらかじめ、親族に連帯保証人になってもらえるか、確認をとっておくようにしましょう。

アルバイトや主婦でも審査に通る可能性がある

カーリース審査

カーリースの審査では、原則「年収が200万円以上」「毎月安定した収入がある」ことが優遇される条件です。

したがって、正社員は、審査で有利になりますが、アルバイトや主婦でも審査に通る可能性はあります。

アルバイトの場合は、年収200万円以上をクリアした上で、数年以上同じ職場で働いていることが大切です。

アルバイトでも勤続年数が長ければ、「収入が安定している」という評価を受けることができます。

また、アルバイトでも勤務先の会社次第で安定性があると判断されることがあります。

主婦の場合は、パートの収入であっても、配偶者に安定した収入があればカーリースの審査に通ることが可能です。

この場合、配偶者を連帯保証人にすることが求められるので、あらかじめ配偶者に「連帯保証人になってもらう」確認をとっておきましょう。

主婦の方でカーリース審査が通る理由は、配偶者を連帯保証人にするからです。

主婦の場合は、連帯保証人の欄に配偶者を記入します。

カーリースの審査前に確認しておきたいポイント

カーリース審査

カーリースの審査を確実に通過するためには、事前の確認が不可欠です。

何も確認せずに審査に出してしまうと、思わぬところで審査落ちの基準に引っかかってしまうことがあります。

とはいえ、仕事等で忙しいとすべて確認するのは難しいかもしれません。

そこで、ポイントだけ最低限、確認しておきましょう。

・収支のバランス
・支払の滞納
・ブラックリスト入りしていないか

各ポイントの詳細について、見ていきましょう。

収支のバランスを確認しよう

自身の収入と生活費、リース料金などの出費とのバランスがとれていないと、カーリースの審査が厳しくなります。

年収が高くても、出費が多い場合は「リース料金を支払えない」と見なされてしまうこともあるんです。

カーリース以外の支払いやローン契約が多い場合は、新規でのリース契約が通らない可能性もあります。

カーリースの利用を検討されている場合は、その時点で他のローン契約を結ばない方が賢明です。

収入が基準を満たせるか不安な場合は、なるべく月額リース料金の安い車種で、プランを選択することをおすすめします。

支払の滞納がないか確認しよう

現在利用しているクレジットカードやカードローンなどで、支払の滞納がないか確認をしておきましょう。

もし、滞納しているものがあれば、カーリースの審査申し込みの前に支払を済ませるようにしてください。

クレジットカード、カードローン以外にも、携帯電話の利用料金や光熱費の未払いも審査に影響してきます。

延滞が複数回に渡っていたりすると、信用情報に傷がついてしまうこともあるので、注意してください。

支払うべきものをすべて払っていれば問題ありませんが、意外と払い忘れているものがあったりするものです。

ブラックリスト入りしていないか確認しよう

クレジットカード、カードローンなどの延滞が長期に渡っている場合は、ブラックリストに掲載されている可能性があります。

特に、クレジットカードや携帯電話で強制解約になった過去がある場合は、高確率でブラックリスト入りしています。

念のため自身の信用情報を開示して、確認をとるようにしてください。

 

よくある質問

カーリースの審査に落ちるのはどんな人?

収入と支出となるリース料のバランスが見合わない人です。

ローンやクレジットカードなどの支払いに滞りや延滞など繰り返し実績があり、自己破産など法的な措置をされている人です。

カーリースの審査に落ちたらどうすればいい?

連体保証人を立てれば審査が通るかリース会社へ相談する。

検討している車のランクを下げて総支払額をさげる。

カーリースの審査って何を見られるの?

カーリースの審査では基本的に、年齢、家族構成、年収、職業(勤務先)勤続年数、雇用形態、保有資産(住宅など)、信用情報、債務履歴、債務状況が見られます。

大事なことはその人の収入と支出のバランスがリース料を支払って取れるかどうかという点で審査されます。

カーリースの審査に落ちたときの対処法まとめ

カーリース審査

「事前の準備、確認をして満を持してカーリースの審査に申し込んだが、落ちてしまった」

この場合は、何も対策せずに再度申し込んでも審査に落ちる可能性が高いです。

再審査で通る方法としては、

・月額の支払いを低くする
・保証人をつける

などを対応して、再度審査に申し込んでみてください。

*自己破産を行った過去がある、ブラックリストに掲載されている場合は、審査落ちを防ぐことは難しいと言えます。

月額の支払いを低くする

カーリースの月額の支払いを低くすることで、審査に通りやすくなることがあります。

車種のグレードを下げたり、プランの中から余計なオプションを減らすなどして、月額の料金を低くすることが可能です。

収入が十分でないのに、高い料金プラン、車種を選んでしまうと、審査に落ちてしまうリスクが高くなるので、身の丈に合ったリース契約を結ぶようにしましょう。

長期のリース契約を結ぶことで、月額の支払いが低くなることもあります。

審査申し込み前、リース会社に「どのように契約すれば、月額の支払い金額を一番低くできるか」直接聞いてしまうのも一つの手ですね。

連体保証人をつける

連帯保証人をつけることで、年収や勤続年数などの条件を満たしていなくても、審査に通過できることがあります。

連帯保証人をつける際は、なるべく配偶者や両親などの親族を立てるようにしましょう。

親族が連帯保証人になった方が、カーリース会社としても身元が分かりやすいので、より安心感を得ることができます。

もちろん、知人などの連帯保証人になってもらうのも問題はありませんが、後に金銭的なトラブルが発生しないよう、人を選ぶようにしてください。

どうしても、親族で配偶者になってくれる人が見つからない場合は、保証人代行のサービスを利用するのも一つの手です。

ただし、保証人代行の中には法外な手数料を請求してくるところもあるので、事前に評判等を必ず確認するようにしてください。