カーリースやめとけ、やばい、デメリットだらけと言われる理由

カーリースやめとけ、やばい、デメリットだらけと言われます。

しかし、カーリースを利用することで車を買うよりも金銭的な負担を抑えられます。

そのメリットから最近はカーリースの利用者が毎年増えているという事実があります。

でも、カーリースは「デメリットだらけ」という口コミもあります。

なせでしょうか。

  • カーリースがデメリットだらけといわれる理由。
  • デメリットを回避する方法。
  • カーリースはデメリットがなくなった件

などカーリースのデメリットを徹底解説いたします。

事実、私は過去にカーリースで失敗しました。

カーリースを利用したことを後悔もしました。

ズバリ、その理由は住宅ローンを組めなくなること。

カーリースを利用していると、住宅ローンの審査が通りません。

そのため、カーリースを途中解約することになりました。

途中解約で違約金を払い、カーリースを解約しました。

カーリースやめとけと言われる理由は、住宅ローンを組めないこと。

もし、あなたが近いうちに家をローンで購入する予定があるなら。

カーリースはデメリットだらけです。

しかし、私がカーリースで失敗したのは2002年のこと。

現在は、デメリットが解消されたサービスが登場しました。

KINTOでは、違約金不要で途中解約できるプランができたのです。

>>>【KINTO】はこちら

他にもカーリースをやめとけと言われる理由はあります。

それは、現金一括払いで購入するよりも割高になるということです。

もし、経済的な余裕があって現金で車を購入でき、諸費用の負担も気にならないならカーリースはやめとけと言えます。

しかし、車の購入が負担になる一般的な家庭ではカーリースのメリットはたくさんあります。

2023年カーリースは、サブスクリプションサービスへと進化を遂げています。

そして、今までのデメリットが解消されました。

例えば、最近のカーリースは契約終了後、車がもらえるサービスもあります。

また、総額リース料金は、車を購入よりも断然安い金額で利用もできます。

車は購入するものから、利用するものへ

時代と共に変化してきました。

2023年現在。

カーリースやめとけは、「昔の話」になったのです。

 

一押しの【KINTO】

1年リースでも安い!

 

カーリースおすすめ会社徹底比較【2023年版】

カーリースやめとけと言われた理由

メリットとデメリット

カーリースやめとけと言われる理由は、カーリースのデメリットにあります。

カーリースの特徴 デメリットだらけと思われる理由 デメリット
1. 定額料金で好きな車を自由に利用できる 中途解約ができない 1. 中途解約で違約金が発生する
車にかかる費用が全部込みでない 2. 任意保険は別途費用負担がある
総支払額が高いことがある 3. 購入する場合よりも割高に感じる
2. 残価設定がある 残価精算が必要な場合がある 4. 契約満了時に残価精算で高額な費用を請求されることがある
走行距離制限がある 5. 走行距離の上限を超過した場合に追加料金が発生する
契約終了後、原状回復がある 6. 原状回復費用が発生することがある
契約終了後、原状回復がある 7. 車が自分のものにならず、改造やドレスアップができない

カーリースのデメリットとは、

  • 中途解約で違約金が発生する
  • 別途任意保険に加入が必要
  • 総支払額が高くなり割高になる
  • 契約終了後清算リスクがある
  • 走行距離制限がある
  • 契約終了後清算リスクがある
  • 車を返却する必要があり自分の物にできない

などがあります。

確かに私がカーリースを利用した2002年当時はこれらのデメリットがカーリースにはありました。

しかし、2023年これらのデメリットは全て解消されるカーリースプランも登場しています。

一つずつ確認してみましょう。

 

途中解約できないから、カーリースはやめとけ

カーリースやめとけ

カーリースには、現在途中解約できるプランがあります。

代表的なのがKINTOの解約金フリープランです。

このプランでは、利用期間は短期間でも自由にできます。

しかも短期間利用でも解約金0円だから自分の都合に合わせて車に乗ることができます。

また、リースナブルは途中解約もできます。

リースナブルでは実費精算が発生するので注意が必要です。

しかし、万が一途中解約する可能性があってもカーリースを利用することができるようになりました。

3年以内のカーリース利用で途中解約を心配される方は、KINTOやリースナブルがおすすめです。

 

契約終了後清算リスクがあるからカーリースはやめとけ

カーリースやめとけ

以前、カーリースと言えば、契約終了後は車は返却するか、買い取るしかありませんでした。

ですが、今カーリースでも契約終了後に車がもらえるカーリースプランが登場しました。

このプランでは、車を返却しないので残価清算リスクがありません。

また、車を返却する必要があり自分の物にならないというデメリットも同時に解消されました。

カーリース利用でも、契約終了後車がもらえるのです。

つまりカーリースで契約しても、車は自分のものになります。

ただし、この車がもらえるカーリースプランは7年以上の利用が必要です。

代表的なのが、テレビコマーシャルでもお馴染みのカーコンカーリース。

それとカルモくんなどがあります。

カルモくんでは、7年以上の契約に月々500円のオプション代で車がもらえます。

7年以上車に乗るつもりで、そのまま車も欲しい人はカーコンカーリースやカルモくんがおすすめです。

走行距離制限があるからカーリースはやめとけ

カーリースやめとけ

カーリースには一般的に走行距離制限があります。

そのため、いっぱい車に乗ることができないからカーリースはやめとけと言われています。

しかし、この走行距離制限は契約終了後の累積走行距離です。

1ヶ月当り1000~1500キロ計算で会社によって違いますが、

契約終了後5年後の合計走行距離で計算します。

そのため、長距離通勤で車を利用する人以外、距離制限に影響はほとんどありません。

また、車がもらえるプランなら走行距離制限はありません。

カーリースは割高なのでやめとけ

カーリースやめとけ

カーリースは、リース会社があなたの代わりに車を購入します。

契約期間中は、車をすきな時に乗ることができるサービス。

レンタカーやカーシェアリングとの大きな違いは、いちいち借りに行くことなく自宅にいつでも車を保有できることです。

ずっと車を借りている状態ですから、まる1か月レンタカーを利用するとしたら割安になります。

車は購入すれば資産になるからリースは割高であると考えられます。

しかし、車は長期的には負債となります。

長く乗れば資産価値はほとんどなくなり、15年も経てば処分に費用が発生します。

資産になる家は、投資と考えられます。

しかし、車は資産にはなりません。

つまり、利用する3年間だけの料金を支払うカーリースは割高とは言えません。

過去、車は豊かさの象徴でした。

現在は、車は利用するものになりました。

カーリースは割高だと考え、現金購入する人もいますよね。

ですが、車は安くありません。

あなたの大事な金融資産を使うことになります。

もし、金融資産が5千万以上あって、1割の500万円で車を購入するなら影響は少ないかもしれません。

しかし、600万の金融資産を持っている人が、500万を使って車を購入したら一瞬であなたの金融資産は失われます。

そして、車の資産価値は年々下がり続けます。

カーリースを利用すれば、あなたの金融資産を減らすことなく、毎月車を利用する費用として料金を支払うだけです。

KINTOの解約金フリープランなら、車が必要なくなればいつでも解約すれば費用は発生しなくなります。

いかがでしょうか。

カーリースは割高と決めつけられないですよね。

カーリースの常識を覆したサービス内容

カーリースメリット

カーリースがやめとけと言われる理由全てを覆した会社があります。

それは、いつでも違約金なしで途中解約できるようになったKINTOです。

KINTOは、賃貸住宅で言えば敷金返金にあたる申込金を払えばいつでも解約できるサービスです。

つまり、半年でも1年でも好きな期間だけ新車に乗ることができます。

これなら、途中解約で莫大な違約金を支払い必要がありません。

ルーミーの場合、月額料金は33000円です。

【KINTO】はこちら

 

カーリースやめとけ、まとめ

いかがでしょうか。

カーリースやめとけは、昔の話になりました。

コロナ禍、不安定な社会生活。

大切な金融資産の使い方には注意が必要です。

車は、あれば便利です。

人によっては、生活する上で必需品になります。

しかし、車は消耗品です。

消耗品なら賢く利用すべきです。

カーリースやめとけでなく、おすすめなサービスと言えます。

カーリースおすすめ会社徹底比較【2023年版】