この記事はアフィリエイトプログラムを利用していますが、消費者庁や国民生活センター・厚生労働省の発信する情報を基に調査を行い、コンテンツ制作ポリシーに則り作成しています。

カーリースおすすめ会社TOP10

おすすめカーリース会社

最近のカーリースの会社は実にさまざまで、各社が工夫を凝らした魅力的なサービスを展開しています。

ここでは、特に人気のカーリース会社を紹介しつつ、あなたにとってベストなカーリース会社が見つけられるように、比較・検討するにあたって注意したほうがよい点について解説いたします。

カーリースはマイカーローンや
カーシェアとどう違う?

まず、カーリースとは、マイカーローン購入やカーシェアリングのサービスとどう違うのでしょうか。

 


最近は、新しい車の乗り方として人気上昇中のカーリース。

 


その一番の理由は、「気軽に定額制で新車に乗れ、まとまったお金が不要」という点にあります。

 

カーリースとは?

クルマ(car)を借りる(lease)のがカーリース。

 

読んで字のごとく、カーリースとは、「業者があなたの代わりに車を購入し、料金の支払う期間だけ貸し出す」というサービスです。
他の車の購入方法や利用方法と比較して、例えばマイカーローンやカーシェアに比べてお得かどうかは、個人の事情や使い方にもよります。
他と比較しての最大の特徴は、カーリースは「料金がコミコミの定額である」ということ。

 

例えば、人気車種ベンツのGLBを残価設定ローンで購入する場合とカーリースを利用した場合の違いを比較してみます。

 

マイカー購入の場合

 

次にカーリースを利用した場合です。

 

リースの場合

 

カーリースを利用した場合は、税金や自賠責保険などの諸費用が含まれていて、ディーラーで車を購入する場合には必要になる大きな出費が伴わないというのもポイントです。
最近は任意保険や車両保険も含むトヨタの「KINTO」のようなサブスクリプションサービスも出てきて、多様な車の乗り方が選択できるようになりました。

 

 

 

マイカーローンでの購入、カーシェアとどう違う?

マイカーローンは車の購入方法の代表的な方法で、車両代と手数料を合わせて月賦払いができる仕組みです。

 

支払い後に車を自分名義ものにしたい人に向いているといえます。

 

またカーシェアは、会員登録をしたうえで必要なときだけ定められたシェアの場に赴きクルマを借りられるサービス
限定的に使って払えることから、短時間の利用に向いており、クルマに乗る頻度が比較的高くないユーザーに人気があります。

 

カーリースマイカーローンカーシェア
メリット・諸手続きを代行してもらえる
・マイカーのように乗れる
・出費が一定のため安心できる
・予算内で自由に車両を選べる
・費用は分割での支払いになる
・乗りたいときだけ気軽に使える
・車両の維持管理が不要
・その都度車種を変えられる
デメリット・車両の維持管理に注意が必要
・中途解約は違約金を伴う
・月の走行距離には制限がある
・所有権はユーザー側にない
・ローン返済前の車両売却は不可
・金利手数料がかかる
・毎回予約の作業が必要
・借り出しと返却の手間がかかる
・常にシェアできるとは限
利用目的毎月定額料金で車を好きないときに使いたい車を所有したい低コストで必要なときだけ使いたい
横にスクロールできます。

特徴の異なる注目の
カーリースサービスのタイプ

2024年4月現在で特におすすめなカーリース会社3社を表にまとめました。
それぞれの特徴・サービスの違いを項目別に確認し、選ぶ際の参考にしてください。

 

カルモ君KINTOロゴオリックスロゴ
サービス名定額カルモくんKINTOオリックスカーリース・オンライン
月額料金1万2820円~1万6720円~1万3090円~
ボーナス払い不可
任意保険月額料金に含まない月額料金に含まれる月額料金に含まない
メンテナンス費用月額料金に含まない月額料金に含まれる月額料金に含まない
※車検無料クーポン、オイル交換クーポン付プランあり
車種国内全メーカー、全車種トヨタ・レクサスの人気車種国内全メーカー、全車種
リース期間1~11年
1年単位で選択可能
トヨタ車:3年、5年、7年
レクサス車:3年
5年、7年、9年、11年
走行距離制限月1500km月1500km月2000km
契約方式クローズドエンド方式 クローズドエンド方式 クローズドエンド方式
公式サイトカルモくんKINTOオリックスカーリース
横にスクロールできます。
※2024年4月時点のものです。グレード・追加オプション・ボーナス設定などによって価格は変動します。

カーリースの選び方はコレ!
失敗しないための5つのポイント

 

カーリースおすすめ会社

 

ポイント

  1. 費用はトータルコストで考える
  2. 車種やグレードはどこまで選べる
  3. 契約期間費用の関係を知る
  4. 将来の「残価精算」で契約が変わる
  5. サポートオプションも要チェック

費用は“トータルコスト”で考える

 

カーリースは、「料金がコミコミ定額」なのがサービスの大きな特徴です。料金には税金や保険料など自動車にかかわるコストのほとんどが含まれ、“月々いくらの定額”で利用できるというのが大きな特徴です。

この月額料金とそれに含まれる費用は、カーリースの業者によりさまざま。カーリースの料金が安い代わりに別途実費での支払いが必要になるケースもありますし、その逆もしかりです。どちらがいいというものでもありません。例えば、任意保険を個別に加入することでコストを下げられる可能性がある一方、契約などの手間はかかります。

 

サービス名称 定額カルモくん KINTO オリックスカーリース・オンライン
月額料金
(新車リース)
1万2820円~ 1万6720円~ 1万3090円~
ボーナス払い 不可
任意保険 月額料金に含まない 月額料金に含まれる 月額料金に含まない
メンテナンス 月額料金に含まない 月額料金に含まれる 月額料金に含まない
※車検無料クーポン、オイル交換クーポン付プランあり
選べるメーカー・車種 国内全メーカー、全車種 トヨタ・レクサスの人気車種 国内全メーカー、全車種
公式サイト 詳しく見る 詳しく見る 詳しく見る

※2024年4月時点のものです。グレード・追加オプション・ボーナス設定などによって価格は変動します。

 

カーリースの特長を生かしつつコストを抑え、自分自身にとって最も満足度の高い契約とするためには、月額料金に含まれる項目と、別途支払いが必要になるものをしっかり確認し、“総額”を把握することが大事です。細かなオプションに至るまで、トータルコストという観点でじっくり検討しましょう。

車種やグレードはどこまで選べるか

あなたは、利用するクルマの車種やグレードにこだわりますか? 

 

何が選べるかは、それぞれのカーリース会社によります。

 

 

サービス名称定額カルモくんKINTOオリックスカーリース・オンライン
選べるメーカー・車種国内全メーカー、全車種トヨタ・レクサスの人気車種国内全メーカー、全車種
公式サイト詳しく見る詳しく見る詳しく見る

選べるメーカー・車種が限定されている場合

例えば自動車メーカー系のKINTOでは、当然ながらそのブランドの車種からクルマを選定することになります。

車種にこだわりがある、具体的な車種イメージがあるという場合は適した選択肢といえます。

おすすめカーリース会社

出典:KINTO 公式HPより(2024年4月時点)

KINTO公式サイトはこちら

 

 

選べるメーカー・車種が限定されていない場合

具体的な車種のイメージがない場合は、幅広くさまざまなブランドのクルマを取り扱っているカーリースのほうが好ましい結果になるかもしれません。

カーリースのなかには、国産車の全車種・全グレードを取り扱っているという点をセリングポイントとしているものがあります。

 

定額カルモくん

おすすめカーリース会社

出典:定額カルモくん公式HPより(2024年4月時点)

具体的な車種のイメージがない場合は、幅広くさまざまなブランドのクルマを取り扱っているカーリースのほうが好ましい結果になるかもしれません。カーリースのなかには、国産車の全車種・全グレードを取り扱っているという点をセリングポイントとしているものがあります。

定額カルモくん公式サイトはこちら

 

 

 

契約期間と費用の関係を知っておく

契約には「期間」がつきものです。

カーリースもまた、契約期間の選定が必要になります。

期間を前提とした多くの契約と同様に、カーリースも中途解約した場合にはコスト的なデメリットが生じます。そのほか、契約年数の長短により月々の費用負担は変動しますし、契約期間半ばでの乗り換えが可能な(しかし費用の上乗せや条件がある)プランも用意されています。

選ばれているリース期間は?

 

リース契約期間

 

コスモMyカーリースの契約者が実際にどのようなリース期間を選んでいるかというと、60カ月(5年)と84カ月(7年)が全体の9割近くを占めていました。

このように、ご利用になる期間については、見通しを十分検討することも重要といえます。

サービス名称定額カルモくんKINTOオリックスカーリース・オンライン
リース期間1~11年トヨタ車:3年、5年、7年
レクサス車:3年
5年、7年、9年、11年
公式サイト詳しく見る詳しく見る詳しく見る

将来の「残価精算」で契約が変わる

「オープンエンド」「クローズドエンド」という言葉をご存じでしょうか? 
カーリース契約の契約満了時に残存価値がどれだけあるかを利用者に明示したうえでリース契約を締結し、実際の満了時に、その残価と市場価格との差額を利用者が精算するのがオープンエンド方式。一方のクローズドエンド方式は、残存額を示すことなく、その変動に伴うリスクをリース会社側が負うという方式です。

 

 

 

オープンエンド方式クローズドエンド方式
契約後の残価公開非公開
契約満了後の残価精算ありなし
契約後の選択肢精算して返却
リース期間の延長
そのまま返却
リース期間の延長

 


高額請求のリスクを避けたければクローズドエンド方式のカーリースを選ぶことになります。契約満了時の残価がオープンエンド方式の場合よりも低く設定される傾向があるものの、支払総額はクローズドエンドのほうが安くなるケースもあります。
なお、カーリースの法人契約においてはクローズドエンド方式が主流となっています。

サービス名称定額カルモくんKINTOオリックスカーリース・オンライン
契約方式クローズドエンド方式クローズドエンド方式クローズドエンド方式
公式サイトカルモくんはこちらKINTOはこちらオリックスカーリースはこちら

サポートとオプションも要チェック

さまざまな費用がコミコミになっているカーリースでは、利用者のサポートサービスもメリットのひとつに挙げられています。特に、クルマについて詳しくない利用者にとっては、車両に関するトラブルや契約上の不明点について相談にのってもらえるのは、心強いポイントといえるでしょう。

カーリース業者の選定にあたっては、メンテナンス・点検に関することをはじめ、どんなサポート内容が期待できるのか、事前に調べておくと安心できます。そのうえでサポート内容に十分な満足が得られなければ、オプションサービスを利用することでニーズを補うという手もあります。

例えば、月の利用量=走行距離についてはどうでしょう。「残価」の関係で、カーリースで使われる車両には月あたりの走行可能距離が制限されています。つまり、超過分については別途料金を支払う必要があるのです。こうした点が気になる方は、距離の制限をなくせるオプションやプランを選択するとよいでしょう。

サービス名称定額カルモくんKINTOオリックスカーリース・オンライン
走行距離制限月1500km月1500km月2000km
公式サイト詳しく見る詳しく見る詳しく見る

カーリースおすすめランキングベスト10

1位:KINTO

 

おすすめカーリース会社

 

KINTOの特徴

コンパクトカーからSUV、ミニバン、セダンにいたるまで、トヨタおよびレクサスブランドの豊富な車種をラインナップ。
初期費用ゼロ円の「初期費用フリープラン」や、いつでも費用負担なしでクルマを手放せる「解約金フリープラン」を用意。気軽に始めて気軽に解約できる。
コミコミの料金プランには、家族までカバーされる任意保険も。メンテナンスの内容にタイヤ交換まで含むなど、ユーザーの安心感を高めるサービスを提供。
いつでもウェブサイトで検討・申し込みが可能。オンライン相談などでプロがサポートしてくれる。

 

ポイント

KINTOはトヨタ車とレクサス車を対象とした定額制カーリースです。一番の特徴は、任意保険までリース料金に含まれることです。

しかもその任意保険は、車両保険までカバーしており、家族・友人を含むすべてのドライバーに適用されるタイプです。

例えば、あなたの子供が友人と一緒に車で出かけたとします。その際、友人と運転を交代し交通事故の加害者になってしまったケースでも、KINTOであれば任意保険が適用されます。KINTOの任意保険は、運転者に関して年齢条件などを一切付帯していません。

このようなすべてのドライバーに適用される任意保険は、保険料が高額になります。

価格が250万円くらいの場合、全ドライバー対応で車両保険まで付帯すると、任意保険料が月額換算して2万5000円前後に達する場合もあります。

一方、KINTOの初期費用フリープランで「カローラ クロス2.0G」(価格は241万円)を契約すると、月額料金は、ボーナス月加算のない均等払いで約4万6000円です。この月額料金に、すべてのドライバーに適用される任意保険料まで含まれるのですからとても割安です。

KINTOのデメリットは契約期間終了時の買い取りができず、必ず返却することになります。

また、原則ペットを同乗することができません。

KINTOにもデメリットはありますが、それ以上のメリットがあります。

KINTOは、任意保険料が高くなる若年層、トヨタ車に乗りたい方におすすめなカーリース会社です。

【KINTO】はこちら

定額カルモくん

おすすめカーリース会社

 

定額カルモくんの特徴

実店舗を持たないオンライン中心のサービスであるため、安価な料金設定を実現している。
頭金なし、車検一括払いなし、ボーナス払いなしという、フラットで安心できる料金プランを設定。
月間の走行距離については、中古車は制限なし。新車も7年以上の契約で制限がなくなる。
指定の大手事業者であればどこでも整備が受けられるメンテナンスプランが利用できる。

 

 

定額カルモくんはこちら

オリックスカーリース・オンライン

おすすめカーリース会社

オリックスカーリース・オンラインの特徴

リース契約終了後に、返却や再リースのほか、譲渡、つまり「クルマがもらえる」プランが選べる。
オイル交換や車検の基本点検整備費用が無料になるクーポン付き。契約期間中のメンテナンスもお得になる。
カーリースのクルマはもちろん新車。国産メーカーの全車種から選べる。
支払い方法は口座振替だけでなく、クレジットカード払いも選択できる。

 

ポイント

オリックスカーリース・オンラインは、新車と中古車の両方をリースすることができます。

新車の契約期間は、5年/7年/9年/11年。これらのうち、「いまのりセブン」「いまのりイレブン」といった7~11年の契約では、契約満了後に車を手に入れられることが特徴です。つまり契約期間を終えても、廃車にするまで、そのまま乗り続けられるのです。

オリックスカーリースは、契約満了後の残存価値まで含めてリース料金が設定されています。

11年契約の場合、9年を経過したら、乗り換えや返却を自由に行えます。その車両を気に入ったら乗り続ければよく、そうでない場合は返却もできます。

一般的にカーリースは、7年以下の契約期間を対象としていることが多くあります。

その点でオリックスカーリース・オンラインは、7~9年の長期間でも契約できるのがポイント。従ってオリックスカーリース・オンラインは、長期間のリースを組みたいユーザー、あるいは契約期間満了後に車を自分のモノにしたい人に向いています。

また「いまのりくん」の名称で用意される5年契約は、前述の契約と違って車を自分の所有にできない代わりに、2年を経過すると返却や乗り換えを自由に行えます。

このようにさまざまなコースをそろえていることも、オリックスカーリース・オンラインの特徴です。

オリックスカーリース・オンラインはこちら

SOMPOで乗ーる

おすすめカーリース会社

 

SOMPOで乗ーるの特徴

国産車だけでなく、輸入車についてもメーカーを問わず、カーリースの対象として扱っている。
カーシェアサービス「Anyca (エニカ)」のシェア用にクルマを提供することで日々の維持費を軽減できる。
解約金の負担なしで中途解約可能なオプションが用意されている。
契約後3年目以降は、ユーザーが自ら決めた免許返納時に、中途解約金を支払うことなくカーリースを解約できる。

 

車のサブスク【SOMPOで乗ーる(そんぽでのーる)】はこちら

カーコンカーリース

おすすめカーリース会社

• 残価設定ゼロ円にて、契約満了までの利用で車両がもらえるプランがある。
• クルマは国内の全車種から選択可能。月々の支払額も自由に設定できるため、ライフプランに合わせやすい。
• 「カーアクセサリーセット」や「メンテナンスパック」など手間いらずなオプションが充実している。
• 介護の役に立つ車いす対応車も用意されている。

 

【カーコンカーリース】はこちら

MOTAカーリース

おすすめカーリース会社

 

MOTAカーリースの特徴

全車種が残価設定なしのカーリース。契約満了時にはそのまま車両をもらえる。
走行距離に制限がなく、マイカー感覚で乗ることができる。
リース期間に応じて、メンテナンスで使える無料クーポンが付帯する(一部、ユーザー負担あり)。

 

 

『MOTA定額カーリース』はこちら

ENEOS新車のサブスク

 

ENEOS新車のサブスクの特徴

• 国産全車種を対象とした「えらべるプラン」のほか、対象車種を限定した「のりかえプラン」を用意。ニーズ・ライフスタイルに合った使い方ができる。
• 税金および車検・点検、ロードサービスなどについては、3種類のメンテナンスパック(フルサポートパック/ライトパック/シンプルパック)から好みに合わせて選べる。
• ENEOSでの給油がリッターあたり5円引きに。ENEOSカードによる割引と合わせて、さらにお得に給油できる。
• ユーザーの負担額1万円で、バンパー・ドアミラー・前後ドア・前後フェンダーいずれか1種類の修理費を最大5万円補償する「ライトリペアあんしん補償」が利用可能。

 

ENEOS新車のサブスクはこちら

グーネット定額乗り

 

おすすめカーリース会社

グーネット定額乗りの特徴

• カーリースのサービスをまとめた情報サイトであり、料金やメンテナンス、装備など、内容にばらつきのあるカーリース商品を比較検討できるようになっている。
• 国内メーカーだけでなく、輸入ブランドのクルマも選択の対象となっている。
• 新車と中古車のカーリースを一括して検索可能。
• 月額1万円未満という低額のカーリースプランが探せるなど、調査・選定の手間を大幅に省くことができる。

 

グーネット定額乗りはこちら

noruca(ノルカ)

norucaの特徴

• 「審査通過率95%」「勤務先ヒアリング・連帯保証人が不要」と、申し込みのハードルが低い。
• 契約期間3年以内の短期リースであるため、車検の費用負担が不要となっている。
• 支払いが滞った場合のみ遠隔で車両のエンジン始動を制御する、独自の管理システムを採用。

 

noruca(ノルカ)はこちら

 

コスモMyカーリース

カーリース会社おすすめ

コスモMyカーリースの特徴

• 頭金不要にて、月々定額で新車に乗れる。コミコミの定額料金には車検・税金・メンテナンス・ロードサービスなど多くの項目が含まれている。
• カーリースの対象となるクルマは、国産全メーカー・全車種が対象となっている。
• ガソリン・軽油の料金が、最大5円/リッター値引きされる(月間100リッターまで)。
• リース料金はクレジットカード払いも可能。安心・スムーズなうえポイントもたまる。

コスモMyカーリースはこちら

まとめ

カーリースは、オートローンを使って自動車を購入する場合と異なり、車両価格や税金、保険などの諸費用を含めた月額定額料金でクルマを利用することが可能です。
一般的な車両購入に対しては、「初期費用を抑えられる」「月々のコストが明確になる」といった点がメリットとされています。


多くのカーリースでは、月あたりの走行距離に制限が設けられ、中途解約は違約金を伴うものとなっています。こうした制約を望まない場合は、それに応じたプランを選ぶ必要があります。
ひとくちにカーリースといっても、サービス内容はさまざま。残価を含むコスト的なことからクルマを使ううえでの手間、乗り換えのことなど、最大限の満足を得るためには、ユーザーが自身のライフプランをよく考えたうえで契約することが大事です。
これまでの説明で、カーリースといっても多種多様であることがおわかりいただけたでしょうか。
料金設定や利用できるクルマの車種だけではありません。利用期間や契約満了時の残価のこと、走行距離、そして乗り換え……。

検討すべき要素は、実にさまざまです。
それらを考えたうえで、あなたのご希望にあう、最も理想的なカーリースを見つけましょう。