ネクステージ ひどい

ネクステージは、口コミで「ひどい」と書かれていることをよく見ます。

本当はどうなんでしょうか。

ネクステージひどいと言われる理由は、販売戦略に原因があります。

また、業務拡大を続けているので従業員教育にも問題点もあります。

結論から言えば、ひどいと言われる一番の要因は人の対応の悪さにあります。

また、中古車の本体価格を安く設定して、諸費用と金利で利益を確保する販売戦略に要因があります。

つまり、一見他社よりも安く購入できるように見えるネクステージの中古車も他社と同じくらいの価格に最終的になるのです。

また、中古車には故障や不具合はつきもの。

メンテナンス費用がかかることを覚悟して購入する必要があります。

保証でできる範囲以外の故障によるトラブルはよくあります。

お買い得な車を安く買えたと思ってネクステージで中古車を購入した。

しかし、諸費用や金利などで高くついた。

その上、故障や不具合などあって無料で対応してもらおうと思ったけど担当から連絡がない。

車を売ることが目的の会社だから、買った客には不親切。

こんなことが、ネクステージ ひどいと口コミや評判で言われる要因となっています。

 

ネクステージがひどいと言われる一番の理由の高額な諸費用

ヤフー知恵袋やツィッターでもよく見るネクステージの諸費用の高いという評判

ネクステージ ひどい

 

ネクステージ ひどい

 

ネクステージの諸費用の内訳は「保証、コーティング、フロアマット」です。

車種に関わらず30〜40万円の諸費用をつけ利益を確保するのがネクステージの販売戦略です。

本来は、任意で付ける保証やコーティング、フロアマットなどが最初から見積もりに計上されています。

中でも「弾スプラッシュコート」と呼ばれるボディコーティングが10万円近くする高額な諸費用です。

車屋にとって、フロアマット、ボディコーティングは高収益商品です。

保証に関しても、基本的に消耗品以外に適用なのでほとんど使えることがありません。

そのため、これらの諸費用はネクステージの大切な収益となります。

車両価格を安く表示して、客を引き寄せて高収益なオプションをつけます。

ネクステージの見積書を見ると保証の金額は10万円以上になります。

確かに、コーティングも保証もつければ安心であることは間違いありません。

コーティングは車のリセールバリューを確保するためにもつけたほうがいいオプションです。

しかし、車を安く買いたい人には無駄な出費となります。

ネクステージが問題なのが、販売時にはこれらの詳細が伝えられていないこと

中古車検索サイトで同条件の車を探してみます。

すると本体価格だけを比較するのでネクステージ価格の安さが目立つことがわかります。

安いと思って購入してみたら諸費用で支払総額が高くなっていた。

そのような理由から「ぼったくり」「詐欺」などと口コミで評判になっていきました。

一見すると安く見えるのはネクステージの販売戦略です。

お客さんを呼び込むきっかけとなります。

次々と安く買いたい人には不要なオプションが付き、購入をすすめてくるのがネクステージの販売戦略です。

違法ではありません。

そのため、詐欺にもなりません。

しかし、ネクステージで中古車を購入する際はよく注意した方がいいかもしれませんね。

おすすめカーリース会社

カーリースおすすめ会社徹底比較【2022年版】

ネクステージで購入する際の対策

ネクステージで中古車を購入する際の対策はどうすればいいのか。

結論から言えば、しっかり値引き交渉するしかありません。

また、不要なオプションはしっかり断る勇気も必要です。

ただ、中古車を購入する際は何かしらのリスクはつきもの。

安く購入できる中古車には理由があります。

メンテナンス費用がかかることがとても多くあります。

手持ちのお金がなくて、とりあえず中古車を購入した場合。

次から次へと不具合をなおす費用がかかることになるので気をつけてください。

  • ミニバン中古ならスライドドアが故障した。
  • 高級セダンならエアサスが故障した。
  • スポーツカーなら車軸が不安定で真っ直ぐ走らない。
  • SUCならタイヤ交換でインチが大きいサイズなのでタイヤ交換も高額だった。

 

安い中古車を購入した場合はこんなことがよく起こります。

 

もし、お金がなくて車の購入が必要ならカーサブスクリプションもおすすめです。

最近のカーサブスクは、とてもサービス内容が良くなったのでリスクがなくなっています。

サブスクやカーリースを検討するのも一つの方法です。

下記、参考記事があります。

車サブスクにデメリットがない理由!車サブスクと購入を比較しました。

 

ネクステージ ひどいまとめ

いかかでしょうか。

ネクステージがひどいと言われる理由がわかりましたでしょうか。

ネクステージの販売戦略については仕方ないとして、人の対応の悪さは少し問題もあります。

ですが、中古車を購入した場合はリスクがあると考えておいた方がいいでしょう。

安く購入できる中古車で不具合がないなんて、滅多にあることではありません。

中古車を購入した場合は、メンテナンス費用がかかることは覚悟しておきましょう。

対策としては、強い交渉力が必要です。

交渉に自信がない人は、サブスクやカーリースも検討してみてはいかがでしょうか。

KINTOのデメリットがなくなった解約金フリープランとは。