車サブスクと購入を比較しました。

車サブスクのデメリットはなくなりました。

理由は、KINROの解約金フリープランの登場です。

以前は、車サブスクやカーリースには様々なデメリットがあり、カーリースはやめとけとよく言われました。

しかし、カーリース業界や車のサブスクリプションサービスの登場ですっかり変わりました。

車サブスクは、あなたの金融資産を守ってくれます。

車の資産価値は、10年も経てばなくなります。

車を現金購入するということは、あなたの金融資産を失うことになります。

今、あなたが500万円の貯金があるとします。

車両価格300万円、オプションや諸費用で総額400万円で新車を購入しました。

維持費も当然かかりますから、残りの貯金も車の維持費に消えていきます。

10年後、車を売却しても戻ってくるお金は数万円あればいいほうでしょう。

車を購入するということは、あなたの金融資産が失われることになります。

一方で、車サブスクは車を利用するという考えです。

毎月の生活費の中から車の利用料金を払い、好きなように新車に乗ることができます。

車サブスクは生活費用の一部で利用できます。

そのため、あなたの金融資産はそのまま残ります。

車サブスクを10年利用したとします。

毎月の生活費の中で車のサブスク代を支払いました。

そのため、あなたの金融資産500万円はそのまま残っています。

もし、金融資産で株式運用して上手くいけば資産は増えているかもしれませんね。

車のある生活

車があれば、生活の利便性は飛躍的に向上します。

  • 週末の買い出しにも便利
  • 悪天候の時、子供の送り迎えもできます。
  • 家族が病気になった時、車があればすぐに病院に連れて行けます。
  • 休みの日に海にドライブにも行けます。
  • 人里離れた温泉にも車があれば、気軽に行けます。

 

車があればと思う事ありませんか。

車サブスクは、毎月の生活費の予算の中で利用できます。

その中には、車の維持費、保険・車両保険料金も含まれていますので他に費用は発生しません。

さらに、KINROの解約金フリープランならいつでも解約でき、解約金も必要ありません。

コロナ影響で生活環境が一変した現在。

あなたの金融資産は守るべき大切なものです。

車は購入するものでなく、利用する時代になりました。

車サブスクのサービスも向上した今、安心して利用できるようになりました。

KINROはこちらで確認できます。
【KINTO】

車サブスクと購入を比較

車サブスクと購入を比較

では、車サブスクと購入した場合を比較してみましょう。

人気のルーミーでシュミレーションしてみます。

期間は3年。

エントリーモデルのXで比較してみます。

まず、現金購入の場合車両本体158万円、それに諸費用177600円

合計175万円現金を支払います。

他に、人気保険やメンテナンス費用で約40万円の費用がかかります。

3年で約200万円。

あなたは、金融資産の中から200万円を使って車を購入することになります。

一方で車のサブスクの場合はどうでしょうか。

解約金フリープランのあるKINTOを利用したとします。

解約金フリーの場合、最初に申込金がかかります。

申込金は18万円です。

それに月々の利用料金が33000円です。

あなたは、最初に申込金を支払い毎月33000円の費用を生活費の中から抽出します。

3年間の支払い金額は約137万円です。

かかる金額を比較した場合は、車のサブスクの方が少ないように見えます。

しかし、車を現金購入して3年後に売却するなら買取金額が戻ってきます。

ルーミーの3年後の買取価格は相場70万円です。

つまり、3年で掛かった費用は約130万円と購入もサブスクもほとんど変わりません。

ココではあえて解約金フリープランで比較しています。

ルーミーを現金購入して1年後、コロナ禍で仕事が減り収入が減ったため車を処分することになりました。

ルーミーの1年後の下取り価格はおよそ90万円です。

175万円で購入した車も、1年も経てば90万円にしかなりません。

あなたはたった1年で85万円の金融資産を失うことになります。

一方で解約金フリーのKINTOの場合、1年後解約しても費用は発生しません。

1年間であなたの払った費用は58万円です。

生活費の中から車のサブスク代を支払えれば、金融資産は守られます。

金融資産200万円は残したままです。

コロナ禍で収入が減っても、金融資産があれば何とか凌ぐことができますね。

このように、車のサブスクはコロナ禍の今、リスク対策にもなります。

車は資産になりません。

10年も乗れば、下取りもつかず逆に廃車費用がかかります。

車を現金購入する場合は、金融資産に余裕があり使ってしまっても問題のない範囲にで使いましょう。

 

まとめ

いかかでしょうか。

このように、車のサブスクはサービス向上とともにデメリットもほとんどなくなりました。

車のサブスクは自分のものにならないことがデメリットになりますが、

所有すれば、それだけ費用がかかります。

また、カーリースでは契約終了後に自分のものになるプランもあります。

様々な会社が、いろいろなメリットあるサービスを提供していますので、検討してみてもいいかもしれません。

KINTO高すぎるか他社カーリース会社と料金を比較してみました。