車検の費用はいくらが安い

車検の費用はいくらが安い料金と言えるのでしょうか?

車を購入したら2年に一度、訪れるのが『車検』。

※新車時は3年

全ておまかせのまま受けた車検代金の明細をみて、驚いた経験がある方も多いと思います。

オイルにタイヤ交換、ワイパー交換などなど、様々な料金が加算され、驚くほど高額になるケースもあります。

見積も取らずに車検に出すとよくある話です。

「もう少し車検って安くならないのかな…。」2年ごとにそう思う方もたくさんいます。

実は車検費用は、内訳を見ると『安くならない費用』と『安く出来る費用』があります。

これから初めて車検を受ける方、費用を安く抑えたい方へ内訳を知っておけば損をしない『車検の出費を抑えるポイント』をご紹介します。

楽天で車検見積もりができる

車検にかかる費用の内訳

では、車検にかかる内訳の費用について確認してみましょう。

依頼先 車検費用
ディーラー 法定費用 + 40,000円~100,000円(車検整備代)
車検専門店 法定費用 + 20,000円~80,000円(車検整備代)
民間整備工場 法定費用 + 20,000円~80,000円(車検整備代)
カー用品店 法定費用 + 25,000円~60,000円(車検整備代)
ガソリンスタンド 法定費用 + 25,000円~60,000円(車検整備代)
ユーザー車検 法定費用 + 0円(車検整備代)

車検費用の内訳は、『法定費用』+『車検基本料(車検整備代)』=『車検費用』で構成されています。

法定費用

法定費用の内訳にはこちらが含まれています。

  • 自動車重量税
  • 自賠責保険料
  • 印紙代

車の種類や重量によって金額が決まっており、どこで車検を受けても変わりません。

法定費用は車検を受けるときは必ず払う必要があります。

 法定費用
軽自動車 普通車
車両重量 ~1,000kg 1,001~1,500kg 1,501~2,000kg 2,001~2,500kg
重量税 6,600円 16,400円 24,600円 32,800円 41,100円
自賠責保険料(24ヶ月) 25,070円 25,830円
印紙代 1,100円
車種例 例:N-BOX  例:フィット  例:プリウス  例:セレナ  例:アルファード
合計 32,770円 43,330円 51,530円 59,730円 68,030円

ただし、エコカーや登録から13年経っている車は重量税が以下のように変わります。

 重量税
軽自動車 普通車
車両重量 ~1,000kg 1,001~1,500kg 1,501~2,000kg 2,001~2,500kg
エコカー 5,000円 10,000円 15,000円 20,000円 25,000円
13年経過車 7,600円 0,000円 30,000円  40,000円 50,000円

環境に優しいエコカーは優遇があり、逆に長い期間乗っている車は排ガス等で環境にあまり良くないため、少し高くなります。

 

 

車検基本料とは

車検基本料は、24ヶ月点検整備・検査代・代行手数料なども含まれています。

それに加算して、オイル・タイヤといった整備・消耗品の交換で料金が増える可能性のある費用のことです。

点検や整備費用のほかにも、申請代行手数料や事務手数料などが含まれており、お店の儲けになる部分です。

整備の内容は、「車検を通ればいい」なら必要最低限の整備で済むので安くなります。

また、「事故や故障の予防も兼ねてしっかり整備したい」場合は交換する部品などが多くなり、金額も少し高くなります。

法定費用の内訳

では、法定費用にはどんなものがあるのでしょうか。
まずは、下記をご覧ください。

自動車重量税

車検実施時の自動車重量税 2年分
エコカー減税適用 エコカー減税適用外
エコカー エコカー以外
免税 75%減 50%減 13年未満 13年経過 18年経過
軽自動車 免税 1,200円 2,500円 5,000円 6,600円 7,800円 8,800円
~500kg以下 1,200円 2,500円 5,000円 8,200円 10,800円 12,600円
~1,000kg以下 2,500円 5,000円 10,000円 16,400円 21,600円 25,200円
~1,500kg以下 3,700円 7,500円 15,000円 24,600円 32,400円 37,800円
~2,000kg以下 5,000円 10,000円 20,000円 32,800円 43,200円 50,400円
~2,500kg以下 6,200円 12,500円 25,000円 41,000円 54,000円 63,000円
~3,000kg以下 7,500円 15,000円 30,000円 49,200円 64,800円 75,600円

自動車重量税は、車検の有効期間分(新車時3年分、以降2年分)を先払いすることになります。

自賠責保険

37ヶ月 36ヶ月 25ヶ月 24ヶ月 13ヶ月 12ヶ月
普通自動車 30,710円 29,520円 22,210円 21,550円 14,090円 13,410円
軽自動車 29,550円 28,910円 21,780円 21,140円 13,870円 13,210円

通常、自賠責保険は2年の車検ごとに入るものなので『24ヶ月』を選びます。

他にも新車時に入る『36ヶ月』に加えて、1ヶ月ずつ余裕を持ったプランも用意されています。

自賠責保険は、以前よりも少し保険料が安くなりました。

検査手数料

手数料
継続検査 小型自動車 1,700円
継続検査 普通自動車 1,800円
新規検査 小型自動車 2,000円
新規検査 普通自動車 2,100円

検査手数料は、国へ納付する『印紙』と検査法人へ納付する『証紙』の合計で構成されています。

2年に一度の車検の際には『継続検査』の検査手数料を支払います。

車検料金を安くするポイント

車検料金を安くするポイント

車検を安くするポイントは、部品交換・整備費用を抑えることです。

検査時に必須ではない『部品交換や整備代』を抑える

法定費用は固定なので、車検時に要交換な消耗品とそれ以外の消耗品交換の見積もりを分けて出してもらいましょう。

もちろん、検査の基準・安全面を考慮した部品交換は当然すべきです。

また、少し先に伸ばせる「エンジンオイルとフィルター」など、あと2〜3ヶ月先でも大丈夫なことも多々あります。

しかし、車検に出すときにだいたい交換を勧められます。

タイヤ交換なども車検時に交換するよりも事前に格安なものを探して交換するほうが断然安くなります。

ネット通販では、カー用品店やガソリンスタンドで購入するよりも安い値段でタイヤを購入することができます。

車検費用の内訳を知り、そこから必要な交換・修理、必要でないものを選ぶことで車検費用を安く抑えることもできると覚えておきましょう。

車の消耗品を車検と同時に交換しないことで車検費用を抑えることもできます。

『車検に必須な交換部品』と『あと何ヶ月は大丈夫な部品』をわけて把握しておくといいですね。

もちろんディーラーでも聞けば気軽に教えてもらえます。

まずは見積りをして担当者に確認してみましょう。

そもそも『車検』とは?

車検の正式名称は、「自動車検査登録」といいます。

乗っている車が安全に走るかどうかを検査し、車の所有権を法律的に認めてもらう制度。

車検は一定期間ごとに受ける必要があり、新車で購入した場合は最初は3年目に、次は2年ごとに更新していきます。

次回いつ車検を受けるかは、車のフロントガラスの上部に貼られる車検シールに書かれています。

これを表示することで、「この車はきちんと車検を通った車です」と確認できます。

車検を受けると、この「車検シール」と「自動車検査証」が発行されます。

「自動車検査証」は車に載せておくことが法律で決まっています。

車検後は、必ずダッシュボードの中などにしまっておきましょう。

車検ではどんな検査をするのか?

車検では、その車が公道を走るために本当に安全であるかどうかを検査します。

車検の主な検査項目例
  • ウインカーはすべて正常に点灯するか
  • クラクションはきちんと音が出るか
  • タイヤに歪みなどの異常はないか
  • ブレーキはサイドブレーキも含めて正常にかかるか

など、国が定める安全基準を満たしているかが検査のポイント。

もし一つでも不具合があった場合は、その箇所を整備しなおしてからもう一度検査を受けることになります。

車検を受けなかったら・車検切れで走るとどうなるのか?

車検は、車を持つ人なら必ず受けなければならないと法律で決まっています。

もし車検の切れた車に乗っていると、

車検切れの罰則
  • 違反点数:6点
  • 30日間の免許停止
  • 6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金

など重い罰則を受けることになります。

もし車検が切れたらどうすればいいの?

車検の切れている車は公道を走ることができません。

車検を受けることでもう一度走行が可能になりますが、そのためにはレッカー車を使って車を移動させたり、仮ナンバーの取得が必要になります。

車検はどこで受けられるのか?

では、車検を受ける場所についても確認してみましょう。

ディーラー

ディーラー

車の販売店で受けるのがディーラー車検です。

その車を販売しているところなので、整備に関してはしっかりした技術があり、部品なども純正品が揃っているので一番安心して車検を任せられるともいえます。

デメリットは、工賃や手数料などがほかのお店に比べて割高なこと。

安く済ませたい人には向いていません

ですが、整備に保証がついたり代車の貸し出しが無料であったりするメーカーが多く、サービス面でもしっかりしているのが良い点でもあります。

車検専門店

現在は、車検を専門で扱うフランチャイズ店などが増えています。

車検専門店で受けるメリットは、何より料金が明確であること。

車検基本料を安く設定しているところが多く、割引キャンペーンなども行っているのでお得に車検を受けることができます。

その反面、車検を通すために必要な整備しか行わないので、ディーラーのようなきめ細かいメンテナンスは期待できません。

また、車の持ち込みが基本であったり代車の貸し出しは有料であったりと、手間がかかることがあります。

民間の整備工場

「○○モータース」や「○○整備工場」のように、民間がやっている整備工場でも車検は受けられます。

指定工場と認証工場の2種類があり、その場で車検を行えるのは指定工場だけです。

認証工場では点検と整備しか行えず、検査はほかの車検場に持ち込むことになります。

幅広い車種に対応しており車検基本料もディーラーより安いところが多くなります。

しかし、工場よって品質や技術にバラつきがあり、最新の電気系統には弱いなどのデメリットもあります。

ただ、長く運営している整備工場にはベテランの整備士がいたり、メンテナンスもより柔軟に行ってもらえたりなど、民間ならではの良さもあります。

カー用品店

カー用品店

車のアクセサリーやタイヤなどを扱う大手のカー用品店も、最近は車検もやっています。

オイルやパーツなどが豊富に揃っているので、自分の好きなものがあれば指定することもでき、また車検基本料も安く設定しているところが多いのが良いですね。

土日も開いている店舗がほとんどで、買い物のついでに車検を受けるような気軽さでお願いできるのもメリットです。

ただし、車検を専門に扱っているわけではないので、技術や整備の質はディーラーにはやや劣ることもあります。

代車の用意がない店舗もあるので、必要なときはあらかじめお店に確認しましょう。

ガソリンスタンド

ガソリンスタンドも、車検を扱っています。

近所のガソリンスタンドに給油に行くついでに車検を受けられたり、扱う車種も幅広かったりと、手軽に済ませられるのがメリットです。

また、車検基本料も安く設定しているところが多いのが特徴です。

しかし、ガソリンスタンドにいる整備士によって品質には差があったり、設備の面でも十分でなかったりというデメリットもあります。

また、不要な交換品の提案もよくあるのでしっかりと見積を確認した上で車検に出さないと割高になるケースがあります。

ユーザー車検

ユーザー車検とは、その名の通り車の所有者が自分で陸運事務所に車を持ち込み、検査を受ける車検のことです。

法定費用だけで済むので一番安上がりではありますが、点検と整備も自分で行う必要があります。

不合格になれば何度も持ち込まなければいけません。

また、土日は陸運事務所が空いていないので、平日行ける人しか受けられないというデメリットもあります。

ユーザー車検代行業者

上記のユーザー車検を代わりに行ってくれるのが、ユーザー車検代行業者。

ユーザー車検を受けたいけど平日は仕事で動けない人などのために、代わりに車を陸運事務所に持っていって検査を受けてくれます。

ユーザー車検ができる人なら、法定費用と業者に払うお金だけで済むのでお得です。

ですが、点検や整備は自分でやることになります。

 

車検の費用はどうやって払うのか?

車検にかかる費用の支払いは、受ける場所によって変わってきます。

民間の整備工場では、金額の決まっている法定費用だけ前払いで車検基本料は後払いというところもあります。

また、終わってからまとめて現金で支払うケースもあります。

ディーラーや大手のカー用品店では分割払いができたり、ボーナス一括払いも選択できるなど、後で支払えるところも多くあります。

また、最近では車検専門店などでもクレジットカードを扱うお店が増えてきました。

もし手元にお金がない場合でも、まずは車検の見積で事前にどんな支払い方法があるかを確認しておきましょう。

車検はいつから受けられるのか?

車検は、自動車検査証や車検シールに書いてある有効期限の1ヶ月前から受けることができます。

「早く受けてしまったら、次の車検の日も早まるんじゃないの?」と考えてしまいますよね。

でも、大丈夫です。

例えば、車検の有効期限が4月20日だとして、1ヶ月前の3月21日に受けたとしても、次の車検の有効期限は2年後の4月20日になります。

車検をお願いするお店によっては予約して、実際に車検を受ける日まで日数が必要です。

混雑すれば希望する日に受けられないこともあります。

車検の有効期限を考えて、早めに予約しましょう。

楽天で車検見積もりができる

車検に必要なものとは?

車検を受ける場合は、以下の書類が必要です。

車検に必要な書類
1.自動車検査証
2.自動車損害賠償責任保険証書
3.自動車税納税証明書(継続検査用)

3の「自動車納税証明書」は、以下の条件を満たしている場合に省略できます

  • 自動車税を滞納していない
  • 自動車税を納付してから4週間は経過している

 

ユーザー車検を受ける場合

ユーザー車検を受ける場合に必要な書類は、以下の通りです。

 車検に必要な書類
1.自動車検査証
2.自動車損害賠償責任保険証書(新旧2枚が必要)
3.自動車税納税証明書(継続検査用)
4.自動車検査票
5.自動車重量税納付書
6.継続検査申請書
7.定期点検整備記録簿

3の「自動車納税証明書」は、車検をお店で受ける場合のときと同様に条件を満たしていれば省略が可能です。

4~6は車検当日までに用意できれば大丈夫です。陸運局にそろっています。

2の「自動車損害賠償責任保険証明書」は、車検を受ける前までに新たに保険期間の継続手続きを行う必要があります。

※車検当日、運輸支局周辺にある保険代理店に依頼して加入する事も可能

まとめ

いかがでしょうか。

車検について基本的な情報をご紹介しました。

車検の費用はいくらが安い料金と言えるのかについてまとめるてみます。

  • 車検は車の安全を確認し、所有権を法的に認めるための制度
  • 新車なら3年目、次は2年ごとに受ける
  • 法定費用と車検基本料があり、法定費用は安くできない
  • 有効期限の1ヶ月前から受けられる。

車を持つ人なら2年から3年ごとに、必ず受けなければいけないのが車検。

もし車検切れの車に乗っていた場合は罰則もあるので、 車検証に載っている有効期限にはくれぐれも注意しましょう。

今は、ディーラーや整備工場だけでなく、車検の専門店やガソリンスタンドなどでも気軽に受けられるようになりました。

支払い方法などあらかじめ確認し、あなたに合ったところで車検にだしましょう。

車検は有効期限の1ヶ月前から受けられますが、早く済ませたからといって次の期限が短くなることはありません。

期限内にしっかり受けられるように、車検が近いなと思ったら早めにお願いするお店など検討してみて下さいね。

楽天で車検見積もりができる