この記事はアフィリエイトプログラムを利用していますが、消費者庁や国民生活センター・厚生労働省の発信する情報を基に調査を行い、コンテンツ制作ポリシーに則り作成しています。 カーリースデメリット

アルファードリースのデメリット、1年リースはやばい、やめとけ!

アルファードリースのデメリット

アルファードのリースにはデメリットがあります。

特に1年リースは、やばい、やめとけと言われます。

その理由にはどんなことがあるのでしょうか。

アルファードは、とてもいい車です。

1年も乗った、もっともっと乗りたくなります。

アルファードリースのデメリットは自分のモノにならないことです。

愛着あるアルファードを1年で手放すなんて。

アルファードリースの1年リースはやばいんです。

やめておいたほうがいいでしょう。

せめて3年は乗りたいものです。

しかし、アルファードを購入するとなるとまとまったお金が必要です。

リースなら1年間アルファードに乗ることも可能。

実際に、アルファード リース1年の費用を確認してみましょう。

グレードは人気のS"C パッケージ" GAS 2.5L 2WD(7人)です。

「両側電動スライドドア」、「パワーバックドア」等の快適装備に加え、

「18インチアルミホイール(切削光輝+ブラック塗装)」、「3眼LEDヘッドランプ」、「合成皮革シート」を装備した上級グレードです。

新車購入価格は車両価格だけで468万円です。

1年リースできるKINTOとカルモくんを比較してみます。

 トヨタKINTOカルモくん
初期費用410,630円0円
月額リース料金72,820円122,550円
1年間総費用1,284,470円1,470,600円

結論から言えば、一番安く利用できるのはトヨタKINTOで1年で約128万円です。

KINTOの場合、この価格に任意保険・車両保険も込です。

カルモくんは、別途保険の支払いがありますので、その差は歴然です。

トヨタKINTOは解約金フリープランなので3年間の中で好きな期間乗り続けることもできます。

もちろん、半年で辞めることもできます。

購入すれば、総額500万円を超えるアルファードに1年間約128万円で乗ることができます。


>【KINTO】はこちら

アルファード短期リースのデメリット

デメリット

では、アルファードを1年リースするデメリットはどうでしょうか。

リースのデメリットは、返却時の原状回復です。

そのため、車でタバコを吸うことができません。

ペットを乗せることは不可となっています。

また、走行距離制限が月1500キロまでとなっています。

1年リースの場合、1年1万8千キロまでとなります。

1万8千キロを超えた場合、1キロ当たり11円の追加料金が発生します。

アルファードを1年リースするデメリットにはこのようなことがあります。

しかし、1年で1万8千キロを超える人はあまりいません。

普通に利用する分では、デメリットにならないと言えるでしょう。

アルファード リース 比較

アルファード

リース 比較

では、次にアルファードをリースできる会社を比較してみましょう。

1年リースできる会社は限られています。

3年リースまでなら選択肢が増えますので3年リースで比較してみます。

トヨタKINTO

KINTOでアルファードをSCパッケージを3年リースした場合

4つのプランがあります。

  • 月額リース料金 81,950 円

ボーナス払いなし

  • 月額リース料金 72,820 円

ボーナス払い55,000円

  • 月額リース料金 63,580 円

ボーナス払い110,000円

  • 月額リース料金 54,450 円

ボーナス払い165,000円

KINTOでは、ボーナス払いを3つのパターンから選ぶことができます。

これにより、月額リース料金の負担を減らすことができます。

KINTOの場合は、この月額リース料金に任意保険・車両保険を含みます。

そのため、手軽に、そしてお得にアルファードをリースできる会社と言えます。

トヨタ車のリースならKINTO

KINTOはこちら

※※車種の選択→リース料のお見積もりをチェックしてみる!


リースナブル

アルファードリース

リースナブルでアルファードをSCパッケージを3年リースした場合

3つのプランがあります。

  • 最安コース

月額リース料金 19,800 円

ボーナス払い247,500円

  • 標準コース

月額リース料金 30,800 円

ボーナス払い181,500円

  • 定額コース

月額リース料金 61,050 円

ボーナス払いなし

リースナブルでは、月額リース料金の負担を減らすことのできるボーナス払いが利用できます。

そして、月額リース料金では一番安い19800円が魅力です。


月額料金が断然安い

>>リースナブルはこちら

※途中解約できるカーリース会社

カルモくん

アルファードリース

カルモくんでアルファードをSCパッケージを3年リースした場合

ボーナス払いはありません。

毎月定額料金プランのみです。

月額リース料金80,805円

定額カルモくんは車がもらえて契約期間が選べる

カルモはこちら

※※車種→無料審査へと進み、審査通過後に車種やグレードの相談に進みます

アルファード3年リース料金比較

それでは3車のリース料金を比較してみましょう。

3社ともプランがある定額プランで比較します。

KINTOリースナブルカルモくん
月額リース料金81,950円61,050円80,805円
3年合計2,950,200円2,197,800円2,908,980円
特記事項任意保険込み任意保険別途必要任意保険別途必要

3年リースで比較してみると総費用の安いのはリースナブルです。

KINTOは任意保険・車両保険込なのでその分高くはなります。

ですが、それにしてもリースナブルは安いですね。

1年リースでは、KINTOの方が安くなりますが、3年リースだとリースナブルが安い結果でした。

つまり、カーリース会社にはそれぞれの特徴があり、あなたにあったリース会社を選ぶことが大切です。

アルファード リース 審査なし

アルファード リース

審査なしはない!

アルファード リースを審査なしで利用できるところはあるでしょうか。

残念ながら、アルファードを審査なしでリースできる会社はありません。

審査なしのリースできる会社は、安い中古車を高いリース料金で利用できる会社です。

アルファードは人気車のため安い中古車はありません。

アルファードをリースする場合は、審査が必要になります。

アルファード 激安 新車

アルファードの新車を激安で購入したい。

アルファードを新車で激安で購入することは、難易度が高いことでしょう。

アルファードは人気車です。

高くても売れる車をみすみす安く販売している会社はありませんよね。

アルファード リース 一年まとめ

いかがでしょうか。

アルファードを1年リースできるのは、KINTOの解約金フリープランです。

費用は1年で128万円。

月額リース料金は7万円となります。

トヨタ車のリースならKINTO

KINTOはこちら

※※車種の選択→リース料のお見積もりをチェックしてみる!

-カーリースデメリット