【トヨタ】ノアをリースできるカーリース会社を比較

TOYOTAノアはリースなら、すぐに新車に乗ることができます。

トヨタのノアが欲しい。

だけど、まとまった現金がない。

そんな人におすすめなのが、カーリースです。

最近では、よくテレビコマーシャルでも見るようになりました。

結論から言えば、ノアはトヨタ提供のサブスクリプションサービスKINTOがおすすめです。

解約金フリープランの登場で、1年の短期リースも手軽に利用できるようになりました。


【KINTO】はこちら

トヨタが提供しているKINTO。

他にもノアをリースできる会社はあります。

コスモのガソリンスタンドが提供しているコスモマイカーリース。

車がもらえるとCMでも話題のカーコンカーリース。

カーリース会社と言っても、人気サービスが増えてきているため、どのカーリース会社を選べばいいか迷ってしまいますよね。

そこで、【トヨタ】ノアをリースするならおすすめカーリース会社をご紹介します。

ノアのリース料金比較

まず、TOYOTAノアの月額リース料金を比較してみましょう。

リース会社 最安月額リース料金 契約年数
カルモくん 34,260円 11年
MOTA 16,170円(※) 11年
KINTO 19,910円(※) 7年
コスモMyカーリース 42,130円 7年
ニコノリ 15,400円(※) 9年
リースナブル 19,800円(※) 5年
オリックスカーリース 42,790円 9年
カーコンビニ倶楽部 41,140円 9年


(※)はボーナス払いあり。

料金はグレードやオプションによっても変わります。

最新の料金は公式サイトにてご確認ください。

月額リース料金で比較した場合、

この月額リース料金で、任意保険や車両保険もつくトヨタ運営のKINTOは、とてもお得です。

月額リースをとにかく抑えたいならニコノリ。

最終的にノアがもらえるカルモくん。

ただ、カーリースは月額料金だけで決めるわけにはいきません。

サービス内容が大切です。

では、【トヨタ】ノアをリースするならおすすめなリース会社をご紹介します。

ノアをリースするならおすすめな会社

それでは、ノアをリースするならおすすめな会社をご紹介します。

KINTO

【トヨタ】ノアをリースできるカーリース会社を比較
【ノア】をリースするなら、KINTOがダントツおすすめです。

その理由は、解約金フリープランです。

短期でもお得に利用できるのはKINTOだけです。

モデリスタ仕様に乗ることもできます。

KINTOがおすすめな理由。
  • 任意保険・車両保険もついて万が一も安心
  • いつでも途中解約できる
  • 総額利用料金が安い

テレビコマーシャルでも話題のトヨタのKINTO。

KINTOは、ボーナス払いも併用できるので利用しやすい。

ノアをリースするならKINTOがおすすめ理由は、任意保険と車両保険もついていることです。

万が一の事故でも安心して利用できます。

さらに、解約金フリープランもあり途中解約のリスクもありません。

車にかかる経費は、全てコミコミ。

何よりもトヨタが運営している安心感があります。

※月額料金も以前より安くなったのでさらにおすすめです。

3年リースでは月額約3000円も安くなりました。

月額リース料金 契約期間 ボーナス払い
19,910円 7年 165,000円
22,110円 5年 165,000円
25,850円 3年 165,000円

【KINTO】公式サイトへ

カルモくん

カルモくん
【トヨタ】ノアをリース期間、1年から11年の間で自分のライフスタイルに合わせて契約することができます。

契約はカルモですが、メンテナンスはディーラーで受けられるのでとても安心です。

また7年以上の利用で車がもらえるプランがあるのが特徴です。

カルモくんがおすすめな理由。
  • 契約プランがカスタマイズできること
  • 契約終了後、車がもらえること

カルモくんがおすすめな理由は、契約年数や、メンテナンスプランなど自分の都合で組めることです。

また、契約終了後にノアがもらえること。

KINTOがすべて込々に対して、カルモは、自分で必要なものだけに調整できます。

カルモくんで「トヨタノア」を選んだ場合の基本月額リース料金は以下の通りです。

月額リース料金 契約期間 メンテナンスプラン
34,260円 11年 なし
41,730円 11年 プラチナプラン
39,030円 11年 ゴールドプラン

「カルモくん」公式サイトへ

ニコノリ

ニコニコマイカーリ―ス

ニコノリは、ボーナス加算を活用して、月々費用を抑えられるカーリースです。

そして、契約終了後は車がもらえます。

リース期間は1~9年。

契約満了時に車の所有権を自分のものにできます。

契約満了時の残価精算や、リース期間中の走行距離を気にする必要がありません。

リース期間中の「車検・税金・オイル交換」がコミコミ。

さらに充実したメンテナンスパックも選べます。

ニコノリで「トヨタノア」を選んだ場合の基本月額リース料金は下記の通りです。

 

月額リース料金 契約期間 メンテナンスプラン
40,370円 9年 なし 車がもらえます。
44,880円 5年 なし
47,960円 5年 ライトプラン


ニコノリ

ORIX カーリース・オンライン

ORIX カーリース・オンライン
リース期間を5年、7年、9年の中から選べる上、一定期間経つと乗り換えや返却ができるようになる自由度の高さも魅力です。

例として、トヨタノアの「2WD 5ドア X 7人乗 7人 2000cc ガソリン DCVT」というグレードを選んだ場合、基本のリース料金は以下のとおりです。

 

月額リース料金 契約期間 リーススプラン
42,680円 9年 いまのりナイン
51,370円 7年 いまのりセブン
59,730円 5年 いまのりくん

オリックスカーリース公式サイトへ

カーリース会社おすすめ

他のカーリース会社を知りたい方はこちらもご覧ください。

カーリースおすすめ会社

TOYOTAノアのカーリースとマイカーローン利用の比較

https://toyota.jp/noah/

では、次にカーリースを利用した場合とマイカーローンでノアを購入した場合の費用を比較してみましょう。

手元にお金がない人は、マイカーローンを組むことも選択肢の一つです。

ノア購入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

ノアをリースとマイカーローンと費用の比較

ここでは、人気のW×B で比較してみます。

ノアW×Bの車両価格は294万300円。

これに5月時点諸経費だと22万2991円。

車検費用が1回分79310円

自動車税が39500円

3年目の車検、5年目の車検2回分の費用を自動車税を加えて、
車がもらえるカーリースプラン7年と比較してみます。

現金一括の場合は、355万8920円が7年間でかかる車に関する費用です。

次にマイカーローンです。
同じく7年間で計算してみます。

車両価格と諸費用をローンを組んだとして、
44656×84回で375万1104円

これに自動車税と車検2回分で
414万6700円となります。

カーリースで車がもらえるプランがあるのは、
カルモくん、オリックスカーリース、MOTAカーリースの3社です。

では次に車がもらえるプランのカーリース料金を比較してみます。

 

カルモくん オリックスカーリース MOTAカーリース
月額リース料金 51700円 53900円 51040円
リース総額 434万2800円 452万7600円 428万7360円
月額リース手数料 2300円 4500円 1600円

リース契約終了後は車がもらえるのでマイカーローンと大きな差はありません。

ノアは、7年乗ると下取は大きな期待はできません。

またマイカーローンは金利によっても差がでます。

短期間で低金利のローンでないと金利分も高くなります。

新型トヨタノアに乗れる、車リースの仕組みとは

【トヨタ】ノアをリースできるカーリース会社を比較

車リースとは、リース会社が購入した車を、契約者が月額リース料金を払って一定期間借り受ける仕組みです。

国産メーカーのほとんどのグレードが対象となっていて、トヨタノアに乗ることもできます。

マイカーローンで新車を購入するのとは違って頭金が必要ありません。

まとまったお金がなくても新車のトヨタノアに乗ることができます。

車を借りるといっても、レンタカーとは違います。

レンタカーは、契約するとき在庫がある車をレンタルします。

だから、必ずしもトヨタノアに乗れるわけではありません。

自分の希望する車がいつもあるとは限らないのです。

また、たくさんの人が同じ車を使うため、車が汚れていたり、においがついていたりすることもあります。

そして貸出期間は、長くても数週間くらいです。

車をリースの場合は、トヨタノアだったらトヨタノアと指定の車種を選ぶことができます。

車種だけでなく、グレードや色、オプションなども希望通り選べます。

契約期間は、基本年単位になります。

レンタカーと違って、リース車のナンバーは「わ」ナンバーではありません。

一般的な車と同じで好きなナンバーも選べます。

だから、傍から見れば、あなたが所有しているトヨタノアと同じです。

トヨタノアリース料金は、月ごとに定額を支払います。

月額料金はグレードや契約期間、ボーナス併用、オプション追加の有無などによって異なりますが、トヨタノアなら安いと月額3万円台からリースできます。

車両価格の高い車になると月額料金が60,000円以上になる場合もあります。

リース料金には、車両価格が高くなればなるほど月額料金は高くなり、リース期間を長くすることで月額料金を安くすることができます。

車リースでトヨタノアに乗るなら、メリットとデメリットを知っておこう!

カーサブスクデメリット

車リースのメリットとデメリットについて、具体的に説明します。

まず、メリットとしては、以下のものが挙げられます。

車リースのメリット。
  • 頭金が不要なので、まとまった現金がいらない
  • 自分で自動車税や自賠責保険料を納税する手間がない
  • 月額料金が定額なので、家計管理がやりやすい
  • メンテナンスや故障時の対応など、面倒な手間をリース会社に任せられる
  • 残価設定があり、ローン購入するよりも支払い総額が安くなる

 

車リースは、頭金は基本不要です。

そのため、まとまった現金が手元になくても新車に乗ることができます。

また、頭金を払うことで月々のリース料金をさらに安くできるプランもありますので、ライフスタイルに合わせて選びましょう。

リース料金の中には、自動車税、車検基本料、自賠責保険料などが含まれています。

自分で車を購入した場合は、5月が来ると自分で自動車税の納付を行わなくてはなりません。

しかし、車リースの場合は、そのような面倒な手続きをカーリース会社が代わりに行なってくれます。

月々の支払額が明確いうのも、車リースのメリットです。

前述のとおり、月額料金には税金などが含まれていることから、自動車税の納税時期や車検時にまとまったお金が必要になるといった心配がありません。

支出が一定なので、先の家計管理もしやすくなります。

車をベストな状態で乗り続けるには定期的なメンテナンスが必要です。

車は乗っていれば、時には修理が必要なこともあります。

すべて自分で行う場合は、手間や時間がとられて非常に面倒です。

しかし、車リースならこれらの手続きもカーリース会社に一任することができます。

「残価設定」という車リースの仕組みも、節約に役立ちます。

これは、月額リース料金を決める際、あらかじめ車の下取り価格(残価)を設定し、その金額分を差し引くというものです。

例えば、300万円の車を5年間リース契約するとして、契約満了時に120万円の価値が残っていると想定し、180万円という金額からリース料金を算出するのです。

このように、車リースには車の利用者の手間を省くほかに、コスト面でもたくさんのメリットがあります。

しかし、デメリットもあります。

デメリット。
  • 自由なカスタマイズや改造ができない
  • 走行距離に制限がある
  • 中途解約すると違約金がかかる
  • 契約満了時に、残価が予定より低い場合に差額が発生する

車リースの車は、原則として自由に車を改造したり、カスタマイズをしたりすることはできません。

ただし、契約内容によっては、返却時に原状回復することを条件に許可している場合もあります。

ドレスアップなどをしたい人は、契約の際に確認してみましょう。

走行距離に制限があるのも、注意したいポイントです。

制限距離を超過した場合、その分の料金を追加で払うことになります。

トータルでの走行距離なので契約期間内で調整できますが、頻繁に長距離運転をする場合は、始めから制限距離の長いプランを選ぶのもよいでしょう。

リース契約を途中で解約した場合、解約手数料の他に残りの契約期間分のリース料金から残価を引いた分の違約金を支払う必要があります。

リース中に解約の可能性がある場合は、慎重に検討しましょう。

リース期間が短いプランを選ぶのも1つの方法です。

また、前述のとおり、カーリースは車の残価を設定してリース料金を算出しています。

そのため、傷や凹みが原因で車の価値が当初の想定より下がってしまうケースもあります。

そういった場合、若干差額が発生します。

安全運転を忘れず、リース車を丁寧に扱うことを心がけましょう。

最近のカーリース会社は、サービスが向上してこれらのデメリットがなくなっているプランもあります。

あなたの都合に合わせてプランの検討をすることをおすすめします。

トヨタノアの自動車保険

トヨタノアをリースする場合、リスク回避のため車両保険が必須です。

全損事故を起こして負債と抱えないように自動車保険には入っておきましょう。

最近の自動車保険はかなり安くなっていますので、比較して検討することをおすすめします。

※ただし、KINTOを利用する場合は自動車保険の加入は不要です。

KINTOは、任意保険・車両保険もセットになっています。

 

トヨタノアのリースを格安でできる中古車リース

トヨタノアをリースする場合、格安でできる方法としてトヨタノア中古リースがあります。

トヨタノア中古車でリースできるのはカルモ賃貸とオリックスカーリースがおすすめです。

カルモ賃貸とオリックスカーリースでは豊富な品ぞろえの中から中古車リースを選ぶこともできますのでお得な車が見つかる可能性が高くなります。

ただし中古車が対象なのでお気に入りのカラーやグレードが必ずしもあるとは限りませんので注意してください。

ノアをリースできるカーリース会社まとめ

いかがでしょうか。

TOYOTAノアをリースできる会社を紹介させていただきました。

トヨタノアと言えば、室内の広さ、乗りやすさ、圧倒的な低燃費でしかも低床フロアで祖父母や子供にも優しい車です。

そして、先進安全機能も充実しています。

新型トヨタノアに乗りたい。

しかし、現金一括払いとなるとなかなか厳しいですよね。

そんな人に、おすすめな選択肢が「マイカーリース」です。

トヨタノアは、とても運転しやすくフル乗車しても加速や停止時に全く不安感がなく燃費も割と良いので充実したドライブができます。

インテリアや座席レイアウトなどの機能等も使いやすく必要なものは揃っているので乗りやすい車です。

リースを利用することで新型トヨタノアはすぐに乗ることができます。

車リースは、毎月車にかかる費用を明確にし、負担を抑えて車に乗れるサービスです。

ぜひサービスをうまく活用し、新型ノアに乗ってみませんか。

週末のドライブや、日常の買い物などトヨタノアがあれば快適です。

KINTOは、任意保険や車両保険もついた車のサブスクリプションサービスになります。

解約金フリープランもあり、短期間でも気軽に利用することができるようになりました。


【KINTO】はこちら