ニコノリのカーリースのサービス内容

ニコノリのマイカーリース。

ニコノリパックでもお馴染みのですが、どんなサービスになっているのでしょうか。

新車が月々1万円で乗れるとしたらどうですか?

月々1万円と言えば、スマホ代と変わりません。

そんな月額1万円で新車に乗ることができる!それが「ニコノリ」というカーリースです。

ここでは、ニコノリマイカーリースのサービス内容について確認してみます。

定額ニコノリパックを見る

ニコノリついて

ニコノリパック

ニコノリってどんな会社なの?

ニコノリは、「株式会社 MIC(ミック)」が手掛けるカーリース事業で、1986年に創業の歴史ある企業です。

株式会社 MICは、カーリースの他にも、ガソリンスタンド、ニコニコレンタカー、板金、車検と事業があります。

レンタカー事業のニコニコレンタカーは、知っている人も多いはずです。

「ニコノリ」の特長には、3つあります。

  • 頭金や諸経費など全部コミコミ
  • ニコノリ専用自動車保険がある
  • 新車に定額で乗れる

店舗まで来店する必要もなく、スマホで簡単に契約ができるのが「定額ニコノリパック」です!

ニコノリのリースサービス内容

一般的にカーリースは、残価設定という方式をとっています。

残価設定とは、契約満了時の車の価値をあらかじめ予想します。

予想して算出した金額を販売価格から差し引き、差し引いた金額で購入できるので、月々の費用を抑えることができます。

ニコノリのカーリースは「クローズエンド契約」を推奨(オープンエンドも可能)しています。

従来のクローズエンド契約にはなかった、契約満了後に乗っていた車を買い取る事もできます。

契約満了後ニコノリのカーリースは、4つ選択肢があります。

  • 車を返却し、新しい車に乗り換える
  • 車を買い取る
  • 車を返却
  • リース期間延長

    車を返却し、新しい車に乗り換える

    リース期間満了後に、今まで乗っていた車を返却し、新たに乗りたい車を契約できます。

    この場合、「クローズドエンド契約」か「オープンエンド契約」かによって返却時の精算が異なりますので確認してみましょう。

    クローズドエンド契約

    • 返却時に残価による精算はありません

    残価精算の責任は「リース会社」にあります。

    契約者は、車が数年後にいくらになるのかと価値の変動を気にせず、通常通りの使用をします。

    しかし、車に傷や走行距離が大幅超過など、契約者が修理費用を負担したり、別途費用がかかるケースもあります。

    オープンエンド契約

    • 返却時に車を査定して「リース期間満了時の車の市場価格」と「契約時に設定した残価」との差額を精算をします

    オープンエンド契約の注意点は、契約の時に設定した残価よりもリース期間満了時の車の市場価格が低い場合(価値が下がった)、契約者が差額を負担します。

    逆に、契約の時に設定した残価よりもリース期間満了時の車の市場価格が高い場合(価値が上がった)は、契約者に差額が返金されます。

     

    車を買い取る

    リースとは言え、数年乗り続けていると、愛着がわいてくるものです。

    そんな場合、ニコノリカーリースでは、契約満了で乗っていた車を買い取ることができます。

    クローズドエンド契約の場合

    • リース契約満了時の市場価格によって買取金額が設定

    リース契約時にあらかじめ設定された金額(残価)ではなく、リース契約満了時の市場価格で車両本体価格を決定します。

    ※名義変更等の手数料は別途負担する必要があります。

    オープンエンド契約の場合

    • リース契約時に設定した残価が買取金額

    例えばリース契約時に残価を100万円に設定した場合、100万円で乗っていた車を購入できます。

    しかし、満了時の市場価格が90万であれば、10万円の損になり、市場価格が120万円と上がっていれば20万円の得になります。

    ※名義変更等の手数料は別途負担する必要があります。

    車を返却

    契約期間満了をもって、乗っていた車を返却します。

    車を返却しますが、契約方法によって精算金が発生するので注意が必要です。

    クローズドエンド契約の場合

    • 返却時に精算の必要はありません

    車を返却し、新しい車に乗り換えると同様に、残価精算の責任は「リース会社」にあります。

    しかし、事故など大きなダメージがある場合は、契約者が修理費用を負担し、元に戻す必要があります。

    オープンエンド契約の場合

    • 返却時に車を査定して「リース期間満了時の車の市場価格」と「契約時に設定した残価」との差額を精算をします。

    契約の時に設定した残価よりもリース期間満了時の車の市場価格が低い場合(価値が下がった)、契約者が差額を負担します。

    逆に、契約の時に設定した残価よりもリース期間満了時の車の市場価格が高い場合(価値が上がった)は、契約者に差額が返金されます。

    リース期間延長

    乗っている車に愛着がわき、買い取るのは難しいけど、もう少し乗りたいう方は、リース期間を延長することが可能です。

    しかし、再リースでの注意点がありますので、以下をご確認ください。

    再リース。
    • 再リース後のリース金額は、従来のリース金額と異なる場合がある
    • 再リースの期間が1年もしくは2年

     

    メンテナンスパック

    ニコノリでは、通常、車検や自賠責保険、自動車税などほとんどの費用が月々の支払いに含まれています。

    しかし、タイヤ交換やオイル交換など消耗品の交換などはどうなのでしょうか?

    定額ニコノリパックには、以下の費用が含まれています。

    内容 内訳
    車両 車両本体、各種登録費用
    税金・保険 環境性能割1回分、重量税(5年分)、自賠責保険料(5年分)、自動車税(5年分)
    車検・点検 車検(継続検査)、新車1ヶ月点検、新車6ヶ月点検
    メンテナンス エンジンオイル交換(6ヶ月毎計9回) 、ウォッシャー液無料補充、バッテリー液無料補充、クーラント液の無料補充
    保証 メーカー保証3年間もしくは60,000km
    割引サービス ガソリン5円/L引き(5年間いつでも)

    ニコノリでは「メンテナンスパック」と言われるオプションサービスがあります。

    「ライトプラン」「バリュープラン」の2種類があり、月々費用が発生します。

    内容は下記のようになります。

    内容 通常プラン ライトプラン バリュープラン
    月額 なし 2,200円~ 3,300円~
    車検
    新車1ヶ月点検
    新車6ヶ月点検
    オイル交換
    ウォッシャー液補充
    バッテリー液補充
    クーラント液補充
    ガソリン5円/L引
    法定6ヶ月点検
    法定12ヶ月点検
    オイルエレメント交換
    ワイパーゴム交換
    ブレーキオイル交換
    ブレーキパット交換
    エアコンガス補充
    エアコンオイル補充
    点火プラグ交換
    ファンベルト交換
    クーラーベルト交換
    バッテリー交換
    タイヤ4本

    今話題のドライブレコーダーやETCのセットアップなど、他にもオプションがあります。

    バリュープランには、タイヤ交換やオイル交換もすべて含まれるので余分な出費の心配は不要ですね。

    定額ニコノリパックを見る

    ニコノリパック専用自動車保険

    車を購入すると、必ず発生する費用(法定費用)に「自賠責保険」があります。

    これは強制保険と言われ、自動車を運転中に他人にケガをさせたり、死亡させたりした場合の対人賠償事故を補償する保険です。

    しかし、あくまでもケガ等に限った保険になります。

    対人保証でカバーしきれない部分を補填するのに、通常は任意保険と言われる自動車保険に別途加入します。

    ニコノリでは、「ニコノリ専用自動車保険」として保険料が安くおさえられる保険があります。

    メリットは以下の4つです。

    • 長期加入による保険料の低設定
    • 事故ありでもリース中の保険料が変わらない
    • 1年毎の手続き不要
    • 車両保険付帯

    ニコノリパック

    出典:https://www.niconori.jp/information/insurance

    一番大きなメリットは、「事故があっても保険料が変わらない」という事です。

    事故を起こすと、「3等級ダウン事故」と言われ、例えば保険等級が10等級であった方が、事故をしたら翌年の等級は「7等級」の保険料となります。

    本来の10等級に戻るまで(5年)ずっと保険料が上がります。

    この場合、すべてがお得になるという事は無いので、シミュレーションをしっかりして確認してみましょう。

    自動車保険は、通常1年毎の更新で更新手続きをしますが、ニコノリ自動車保険の場合は、更新手続きは不要です。

    キャンセルとペナルティ

    キャンセルやペナルティについては、必ず確認してください。

    キャンセルが出来るのか、どんなペナルティがあるのか必ず知っておくようにしましょう。

    注意点。
    • 申込年齢制限:未成年者の場合親権者に連帯保証人になっていただく必要あり
    • 契約期間:基本的に5年(3年~7年も可能)
    • 走行距離制限:5年間で60,000km
    • 中途解約:リース中の解約は基本的に不可ですが、解約時点での契約車両の査定額を差し引いた金額を一括で支払うことによって解約できる場合があります。

    ニコノリカーリースの場合、車の状態が良ければ高値で買い取ってもらう事だって可能です。

    5年間で60,000kmと制限がありますが、国土交通省の調査によると、自家用車の年間平均走行距離は約10,000kmと言われております。

    距離に関しては、通勤などで長距離乗る人以外問題はない範囲になっています。

    まとめ

    ニコノリはいかがでしたか。

    車種にもよりますが、月々1万円でマイカーが持てて車検の料金は魅力的です。

    たまにしか車に乗らず、きれいな状態を保てれば、契約満了後に買い取ってもらえたり、自分の所有にも出来ます。

    週末のドライブや買い物に便利な車を気軽に手に入れることができます。

    定額ニコノリパックを見る