この記事はアフィリエイトプログラムを利用していますが、消費者庁や国民生活センター・厚生労働省の発信する情報を基に調査を行い、コンテンツ制作ポリシーに則り作成しています。 カーリース会社

ベンツリース月額料金は5万円代から月々9800は危険!

ベンツリース月額料金は5万円代から月々9800は危険!

ベンツに乗りたいと思っても、簡単に購入できる車ではありません。

実は、メルセデスベンツもカーリースができます。

「いつかは乗りたい!」と思っていたハードルを下げてくれたのがカーリースです。

そこで今回は、頭金などの初期費用が不要で、税金や車検代も月額料金に含まれる、おすすめのカーリース会社についてご紹介します。

一部でベンツ月々9800円という広告がありますが信じてはいけません。

ベンツは車両価格から最低でも月額5万円以上はリース代がかかります。

本当にベンツ月々9800円なら中古車の状態が良くないリースです。


メルセデスベンツも、カーリースを利用する人が年々増えています。


特に富裕層を中心に、車を購入するのではなくカーリースを利用する人が増えています。

なぜ、カーリースなのでしょうか。

ベンツは3年以上乗るとメンテナンス費用が高くなります。

また、3年リースなら、購入するよりも圧倒的に支出を抑えることができるからです。

例えば、人気車種のGLBなら3年リースで月額料金は53,370円です。

総支払額も1,921,320円と、購入金額の6,659,350円と比べて非常にリーズナブルです。

マイカーローンで購入した場合は、月額123,500円の支払いになり、ローン金利も751,840円かかります。

一方、カーリースを利用すれば月額53,370円と半分以下の支払いです。

人気車種のGLBを月々5万でリースできるのは、SOMPOで乗ーるというサービスです。

車のサブスク【SOMPOで乗ーる(そんぽでのーる)】はこちら

ベンツも乗れるカーリースとは?

 

カーリースは、必要な期間だけ車をレンタルし、税金や車検費用なども含めた金額を毎月支払いながら利用するサービスです。

また頭金などの初期費用も不要で、用途に合わせて契約条件と月額料金を選ぶことができます。


法人契約で経費処理を行う場合、減価償却する必要がなく、扱いが単純で税金の計算がしやすいメリットもあります。

メルセデスベンツは高級車のため、購入する場合には多くの資金が必要です。

ローンを組む場合も審査は厳しくなり、人によっては諦めるしかありません。


その点、カーリースの審査は総支払額が少なくなるので比較的通りやすくなります。

実際に、ヤナセのローンの審査は通らなかった人でも、カーリースでは通過した事例は多くあります。

審査基準は明確になっていませんが、諦めずに試してみることをおすすめします。

 

カーリースでベンツが選べるおすすめなカーリース会社


メルセデスベンツを扱っているおすすめなカーリース会社をご紹介します。

しかし、「メルセデスベンツのカーリースは高そう」と思いますよね?

確かに、ヤナセのカーリースは月額料金も高くなります。

ですが、とても割安な料金でベンツを利用できるカーリース会社があります。

カーリースと言えば、国内メーカーの車しか取り扱っていないカーリース会社がほとんどです。

メルセデスベンツのような輸入車を扱うカーリースは少ないです。

ですが、 新車・中古車問わず、輸入車のカーリースを扱っている会社はあります。

予算についても、カーリースでもグレードやオプションが選べるため、事前に検討や調整が可能です。

むしろ、ベンツは故障した場合の修理費用が高額になり、購入者が思いがけない出費で困ることがあります。

その点、カーリースにはメンテナンス費用が月額料金に含まれているため、事前に契約した金額以外は支払い不要です。

車の購入費用だけでなく、ランニングコストを含めた総費用で比較し、検討してみてください。

 

SOMPOで乗ーる

そんぽでのーる

SOMPOで乗ーるは、国内メーカーだけでなく輸入車の取り扱いも豊富にあることが特徴のカーリースです。

メルセデスベンツの車種やオプションも自由に選びたい人におすすめです。

新車のベンツが故障することは、ほとんどありません。

しかし、ベンツの場合はメンテナンス費用が高くなります。

ベンツに乗ることに対してこのような不安を持つ方も安心して利用いただける、充実のメンテナンスプランがSOMPOで乗ーるにはあります。

特に、3つあるメンテナンスプランの中で、最上位プランであるフルメンテプランには、エンジン・ギア・ブレーキ・エアコンの点検整備が含まれています。

これだけでも、安心して乗ることができますよね。

さらに、追加オプションとして安心乗ーるプランに契約することで、メーカー保証が切れた後のハイブリッドシステムやオートスライドドアにも対応。飛び石などによってフロントガラスが割れた場合にも、修理費用はかかりません。

これだけ充実したメンテナンスサービスは、カーリースならではのメリットですね。

公式サイトを見る

サービス名SOMPOで乗ーる
月額料金53,370円〜(GLBクラス、3年、オプションなし)
取り扱い車種国内全メーカー、輸入車
新車/中古車新車のみ
契約期間3年、5年、7年、9年
会社HPSOMPOで乗ーる

メルセデスベンツファイナンス

メルセデスベンツファイナンス

サービス名リースプラン
月額料金78,210円〜(A180、5年、オープンエンド、頭金、ボーナス加算月なし)
取り扱い車種メルセデスベンツ新車全モデル
新車/中古車新車のみ
契約期間2〜5年
会社HPメルセデスベンツのリース

メルセデスベンツファイナンスは、購入時のローンや保険を取り扱っている金融系グループ会社です。

メーカーが直接取り扱っているカーリースであるため、メルセデスベンツの新車全モデルから選べます。

また、新車購入時と同じようにメルセデス・ケアがつくため、3年間の契約であればメンテナンスサポートサービスは無料です。

メルセデス・ケアでは、法定点検とメーカー指定の点検を無償で実施。

点検の際に、交換が必要な定期交換部品や消耗部品があれば、交換も無償で行ってくれます。

そのほか、カーナビの地図データも2回まで更新可能です。

さらに、外出先でトラブルがあった場合に、24時間・365日電話で応対してくれる「24時間ツーリングサポート」もついています。

これは、ヤナセで車検や定期点検を受けると1年間つくサービスになります。

メーカーならではの手厚い保証で、安心して乗りたい人におすすめできるカーリースです。

公式サイトを見る

メルセデスベンツの基本性能や魅力を紹介

「メルセデスベンツについて、名前だけでどんな車種があるのか知らない」

「高級車とはいえ輸入車だから、故障が多いのでは?」

メルセデスベンツは、敷居が高く意外と詳しく知らない人も多いのではないでしょうか?

メルセデスベンツは、最近の国内メーカーよりもおすすめできる車です。

ここでは、メルセデスベンツはどのような車を販売しているのか、全般的な以下の内容についてご紹介します。

  1. メルセデスベンツの車種
  2. メルセデスベンツの燃費
  3. メルセデスベンツのデザイン
  4. メルセデスベンツの安全性能

メルセデスベンツの車種は?

メルセデスベンツにはたくさんの車種があるため、違いがよくわからない方も多くいます。

まずはメルセデスベンツの車種を確認していきましょう。

ベンツのグレード表記は次のように読み取ることができます。

例:GLE300d → ①GL ②E ③300 ④d

  1. 形状
  2. クラス
  3. エンジンの排気量
  4. パワートレインの種類

形状については、主にクーペを表すCL、SUVを表すGLが使われています。

クラスについては、大きく5種類が存在し、上位クラスから「S・E・C・B・A」です。

このほかに特殊なクラスとして、いわゆるゲレンデと言われるGクラスと、ミニバンのVクラスがあります。

エンジンの排気量については、以前は数字と一致した排気量を表していました。

しかし、現在の車両にはダウンサイジングターボが採用されているため、数値とエンジンの排気量は必ずしも一致しません。

例で示したGLE300dであれば、排気量3,000ccのエンジンとなるはずですが、実際には排気量1,992ccのエンジンとなっています。

パワートレインの種類については5種類が存在しており、アルファベットとの対応は次のとおりです。

  • h:ハイブリッド
  • d:ディーゼル
  • c:天然ガス
  • e:電気
  • f:燃料電池

今回ご説明したパターンに当てはめられない特別な車種もありますので、同じクラスの車種と、性能や特徴を比較することをおすすめします。

輸入車であるメルセデスベンツの燃費は悪いと思い込んでいる人はいらっしゃいませんか?

確かに、ガソリン代を節約するためにも、燃費性能は多くの人にとって気になるポイントです。

そこで今回は、価格帯や購入層が近い、Cクラスセダンとトヨタクラウンを比較します。

いかがでしょうか? 価格帯で比較しているため、エンジンの種類は異なってしまっていますが、燃費性能としては優れていることがわかります。そのため、燃費を気にする人にもメルセデスベンツはおすすめできます。

メルセデスベンツをカーリースするメリット

メリット

カーリースって何がいいのか、わからない。

購入に比べて割高。

そのように感じている人が多いのではないでしょうか?

カーリースは、法人向けのものだと考えている人も多くいます。

簡単に言えば、リース契約は、車の購入費用と、使用期間中の維持費を、月額料金にして利用できるサービスです。

メルセデスベンツをカーリースするメリットは次の4点です。

メリット

頭金不要で初期費用を抑えて車に乗れる

残価設定で支払額が安い

安心のアフターフォロー&車の維持費がかからない

経費計上できる

各ポイントについて、詳しく説明します。

メリット①頭金不要で初期費用を抑えて車に乗れる

自動車ローンを組む場合、頭金の相場は総額の2〜3割です。また、自動車本体の値段だけでなく、登録料や税金、保険の支払いもあります。結果、メルセデスベンツを購入する場合、必要な初期費用は膨大になってしまいます。

一方、カーリースではこれらの費用を月々の支払いにまとめることができるため、まとまったお金が必要ありません。資金に余裕がない場合や、手元に現金を残しておきたい場合には非常に助かるサービスです。

また、初期費用を抑えられることで、契約満了後に車を乗り換えることも気軽にできます。3年未満の短い契約期間を続けて、新車に乗り続けるというライフプランはいかがでしょうか? 車好き、新しい物好きの人におすすめですよ。

メリット②残価設定で支払額が安い

カーリースの月々の支払い金額は、契約満了時における車の残存価格(残価)を考慮して決定します。

例えば、300万円の新車を購入し、3年乗った後の買取査定額、すなわち残価が200万円だとします。

自動車ローンを組む場合には、月々の支払い金額の算出基準は自動車価格の300万円です。一方で、カーリースの月々の支払い金額は、3年間で下落した価値、すなわち100万円を基準に計算されることになります。

結果として、月々の支払い金額はカーリースの方が安くなるというわけです。もちろん、カーリースの支払いには車体価格だけでなく、税金やメンテナンス費用も含まれるため、契約プランによっては高くなることもあります。全ての人におすすめできるプランは無いので、各カーリース業者のプランを比較してみてください。

メリット③安心のアフターフォロー&車の維持費がかからない

カーリースには多様なメンテナンスプランが用意されています。

「車に詳しくないからプロに診てもらいたい」

「でも診てもらうと、部品交換にお金がかかって困る」

車に乗っていると、そんなジレンマに襲われることも多いのではないでしょうか? メンテナンスの重要性を理解していても、出費が怖くてディーラーや整備業者に持ち込むことを先延ばしすることもありますよね。部品が高いメルセデスベンツなら、なおのことです。

その点、車の維持費が月額料金に含まれるカーリースであれば、メンテナンスにも気軽に出せます。また、メーカー保証期間が過ぎた部品も対応してくれる、カーリースならではのアフターフォローもあります。結果的に、よく整備された車に安心して乗ることができるので、車に詳しく無い人にこそカーリースはおすすめです。

メリット④経費計上できる

車を購入した場合には、その全てを一度に経費計上することはできません。車の耐用年数は6年と定められているため、6年間をかけて減価償却する必要があります。経費に計上できるのは、その年の償却金額だけです。

一方でカーリース料金はそのまま経費に計上できます。購入した場合と異なり、車の所有者はカーリース会社であるため、車が固定資産として扱われません。そのため、減価償却が必要なくなり、カーリースの月額料金をそのまま経費として計上できるようになるということです。

カーリース料金はプランによって税金や保険料、メンテナンス費用を含めて支払えるため、経費計上する手間が省けます。月々の支払いも一定になるため、個人事業主や比較的小規模な法人に対してもおすすめできるサービスといえます。

メルセデスベンツが月々9,800円、13,800円の値段でリースできるのは本当?

カーリースの広告を見ると「月々9,800円〜」や「月々13,800円〜」といった、低価格が目立ちます。しかし、このような値段でメルセデスベンツを借りることは不可能だと考えてください。

特に新車の場合、1万円未満のカーリース契約については、頭金やボーナス払いなどの「月額以外の支払い」がもれなく含まれています。本当に月額だけの支払いにしたときの最低価格の相場が13,800円程度です。もちろん、対象となる車は軽自動車などの安価な車であり、メルセデスベンツのような輸入車ではありません。

中古車のカーリースならば可能性はゼロではありませんが、1万円前後で契約ができる車両の状態がよくないことは、想像に難くありません。安全・安心な車に乗るためにも、標準的な相場の車両を選ぶことをおすすめします。

メルセデスベンツのカーリースで中古車はリースできるか?

中古車のメルセデスベンツでも、一部の会社でカーリースの契約をすることは可能です。中古車の状態はまちまちのため、好きな車を選んだり、月額の相場を調べたりすることは難しいです。それでも、新車よりは安い金額に期待できます。

ただし、どのように整備された状態の中古車を提供しているのかについては、カーリース契約する前に確認するべきです。メンテナンス費用が月額料金に含まれている場合でも、車を修理に出したり取りにいったりする手間はかかります。途中解約ができない点は新車と同じですので、納車前の点検・整備に力を入れているカーリース会社を選んでください。

また、中古車のカーリースには、契約期間やメンテナンス条件など、新車とは異なるプランが用意されています。中古車の年式によって契約できる期間が変動することもあるため、お目当ての車が見つかる前に、詳しい説明を聞いておくことをおすすめします。

メルセデスベンツのカーリースをおすすめできる人

以下の項目に当てはまる人に、メルセデスベンツのカーリースがおすすめできます。

  • 手元に資金を残したい人
  • 短期間に車を乗り換えたい人
  • 法人、または個人事業主
  • 計画的な資産管理をしたい人

カーリースでは頭金をはじめとした初期費用が必要ありません。いきなり預貯金が減ってしまうのを避けたい人には、カーリースがおすすめです。

また、契約満了時には車を返却する以外に手間がかからないので、車の乗り換えも楽に行えます。例えば、カーリースで3年ごとに車を乗り換えて、車検にわずらわされない生活などはいかがでしょうか?

カーリースの支払いはそのまま経費として処理できますので、法人や個人事業主には扱いやすい契約です。特に、点検や修理、税金といった支払いの変動がなく、毎月決まった金額を支払うだけでよいので、出費に悩まされるリスクが減る点はメリットです。

メルセデスベンツのカーリースをおすすめできない人

一方で、以下の項目に当てはまる人には、メルセデスベンツのカーリースをおすすめできません。

  • 収入が不安定、または貯蓄が少ない人
  • 運転が苦手な人
  • 転勤などでライフスタイルが変化しやすい人
  • 車好きで改造などのカスタマイズを楽しみたい人

メルセデスベンツは高級車であるため、カーリースといえども安い金額にはなりません。仮に審査が通ったとしても、毎月の支払いに不自由しないことを十分に確認してから契約してください。特に、残価設定がある場合、事故などを起こして価値が落ちてしまうと、契約満了時に高額な精算金が必要になります。運転が苦手な人には、クローズドエンド方式の契約をおすすめします。

また、カーリースは原則として途中解約できません。転勤などで車を使用しなくなった場合は、残りの契約期間に支払う金額を、違約金としてまとめて支払う必要があります。場合によっては、新車購入価格と変わらない金額となる可能性もありますので注意してください。

最後に、カーリースでは返却時に車の原状回復が求められます。そのため、もともと改造は認められていませんし、変更した箇所については自分で元に戻さなければなりません。カスタマイズを楽しみたい人には、カーリースではなく購入をおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?

メルセデスベンツの魅力は、エクステリアやインテリアの高級感にとどまらず、安全性能やニーズによって選べるバリエーションなど多岐にわたります。今後もメルセデスベンツの需要は増え続けること間違いなしです。

一方で、ライフスタイルと価値観の多様化により、車に乗る方法は「車を購入する」だけの時代ではなくなっています。今回ご紹介したカーリースは「使用権だけを購入する」という、車に乗る新しい方法の一つです。

時代の変化に合わせ、途中解約が自由にできるプランなど、カーリース会社は新しいサービスを提案し続けています。きっと、それぞれのライフスタイルに合ったカーリースが見つかると思いますので、ぜひご自身で検討してみてください。

車のサブスク【SOMPOで乗ーる(そんぽでのーる)】

-カーリース会社