この記事はアフィリエイトプログラムを利用していますが、消費者庁や国民生活センター・厚生労働省の発信する情報を基に調査を行い、コンテンツ制作ポリシーに則り作成しています。 カーリース会社

kintoデメリットとは

トヨタKINTOデメリット

トヨタKINTOを利用する前に、KINTOのデメリットについて理解する必要があります。

「カーリースのCMでKINTOのことを知ったけど、実際利用してみた評判は?」

「KINTOのメリットだけじゃなくて、デメリットも知ってからリースするか決めたい。」

ここでは、そんな悩みを解決していきます。

カーリースは毎月定額の支払い。

しかし、いざ利用するとなると、家賃に次ぐ大きな固定費になることもあります。

カーリース会社選びを間違えると、毎月の支出が増え、家計を圧迫するリスクもあります。

カーリースの中でも人気サービスであるトヨタのKINTOには、どんなデメリットがあるのでしょうか。

サービス内容やメリット、デメリットだけでなく実際に利用した方々の口コミも紹介していきます。

KINTOの利用を検討している方にとって、有益な内容であること間違いなしなので、ぜひ最後までご覧ください。

トヨタKINTOは「デメリットだらけ」と言われる理由

トヨタのサブスクリプションサービスであるKINTOには、いくつかのデメリットが指摘されています。

主なデメリットとしては以下の点が挙げられます。

任意保険の等級を引き継げない

KINTOには月額料金に任意保険も含まれていますが、以前に加入していた任意保険の等級は引き継ぐことができません。

これは、保険料の割引率や将来の保険料に影響を与える可能性があります​​​​。

契約期間の縛り

KINTOの契約には一定の期間の縛りがあります。

これにより、契約者は一定期間、契約を継続しなければならないという制約があります​​​​。

走行距離に制限がある

KINTOを利用する際、走行距離に制限が設けられている場合があります。

これは、利用者にとって柔軟性を制限する要因となる可能性があります​​​​。

中途解約時の解約金

KINTOを途中で解約する際には、原則として解約金が必要になることがあります。

このため、予期せぬ事情で解約する必要が生じた場合、追加の費用が発生するリスクがあります​​​​。

失敗しないためには、以下の点に注意すると良いでしょう。

契約内容を詳細に確認する

契約する前に、走行距離の制限や解約時の条件など、契約の詳細をしっかりと理解しましょう。

自分のライフスタイルに合致するか考える

自分の使用頻度や走行距離など、自身のライフスタイルにKINTOが適合しているかを検討しましょう。

保険の条件を確認する

任意保険の等級が引き継げないことを考慮し、保険の条件も確認しておくことが重要です。
これらの点を踏まえることで、KINTOを利用する際の失敗を避けることができます。

トヨタ「KINTO」のサービス内容を知ろう

トヨタのKINTOは一言でいうと、トヨタ・レクサス車に特化したカーリースです。

KINTOの基本情報は以下のようになっています。

選べるリース期間 トヨタ車:3年、5年、7年
レクサス車:3年
選べる車種 トヨタ車、レクサス車
月々の支払いに含まれる費用 車両代金、オプション装備代金、税金、メンテナンス費用、車検費用、自賠責保険料、任意保険料
月々の支払いに含まれない費用 ガソリン代、高速代などの通行料、駐車費用など
選べるプラン 「初期費用フリープラン」または「解約金フリープラン」
走行距離の制限 1500km×リース月数
月々支払いの最安値 14,740円(ルーミー 7年契約/ボーナス払いあり)
ボーナス支払い 利用可能
公式サイト KINTO公式サイト

トヨタKINTOは、他のカーリースと比べてどんなところが優れているのでしょうか?
以下で人気カーリースサービスの一つであるKINTOがどのようなサービスなのかを詳しく解説していきます。

トヨタとレクサスに特化したカーリース

他のカーリース会社であれば、トヨタや日産、マツダといった国内で販売されている様々な車種を選ぶことができます。

しかしKINTOの場合は、トヨタ車とレクサス車しか選ぶことができません。

そのため、トヨタ車かレクサス車に乗りたいと決めている方向けのサービスになります。

なので、トヨタ車やレクサス車を検討している方にはおすすめなカーリースです。

月々コミコミ定額で利用が可能

毎月一定額の利用料金で、車に乗ることができます。

マイカーローンの場合も同じく毎月定額払いは可能です。

しかし、マイカーローンの場合、車検やメンテナンスや税金など、車の維持に必要な費用が発生します。

そして車検や税金、メンテナンスといった費用が別途発生するため、毎月の支払い額にばらつきが生じてしまいます。

月の家計の支出予定が狂ったり、お金が厳しい時期に車検やメンテナンスが必要になったりする事態に陥ることもありえます。

KINTOなら、毎月定額なので、リース期間中は月額料金以外には費用がかかりません。

車に対して急にまとまったお金が必要になる心配もいりません。

トヨタ「KINTO」月々コミコミ定額の内訳詳細

カーリースは、利用するサービス会社ごとに料金の内訳が異なります。

他のカーリース会社ではメンテナンスプランに追加費用がかかるということもよくあります。

以下で、KINTOの月額料金に何が含まれるのかを詳しく見ていきましょう。

車両代金・オプション

どのカーリースサービスでも、車両代金は支払い額に含まれますが、KINTOも例外ではありません。

オプションは具体的に以下のようなものがあげられます。

オプション

  • ETC
  • カーナビ
  • バックカメラ
  • 自動バックドア
  • フロアマット
  • ムーンルーフ
  • 踏み間違い防止ブレーキなどの安全ブレーキ

車種によって利用できるオプションは変わってきます。

これらのオプションをつけても、毎月一定額の支払いになるため、初期費用の負担はありません。

任意保険(車両保険含む)

ほとんどのカーリースの場合、自賠責保険料は毎月の支払い額に含まれています。

しかし、任意保険料は含まれません。

そのため、月額料金の他に3000円から1万円ほどの自動車保険費が発生します。

KINTOなら毎月の支払い額に任意保険料と車両保険も入っているのでとてもお得になります。

特に20代の人は、保険料が高くなりがちです。

通常の保険料が高い方でも、KINTOならお得に利用できます。

また保険会社は東京海上日動なので補償内容の心配も不要です。

トヨタKINTOなら任意保険料もコミコミなので、月額料金は他のカーリース会社と比べもお得と言えます。

メンテナンス・故障修理・車検

車に乗る機会が増えれば増えるほど、故障が発生したり消耗品である部品の交換が必要になったりするものです。

そんなとき必要になるのがメンテナンス費用や修理費用。

それ用に貯蓄をしていても、不具合が見つかり高額な修理費用がかかるケースもあります。

KINTOならメンテナンス費用や修理費用も毎月の支払いにコミコミなので、安心です。

また他社カーリースサービスだとメンテナンス費用は別途で必要なことがほとんどです。

オプションサービスであることが多いメンテナンスや故障修理の費用も料金に含まれます。

車検の費用も月々の支払いに含まれます。

KINTOなら車の安全管理に必要な費用も料金に含まれるので、急な不具合で大きな支出になる心配はいりません。

税金諸経費

車を持っている場合、自動車税、重量税といった税金が発生します。

KINTOではこれらの税金も全て料金に含まれるので、納税でお金が不足することはありません。

またリース会社側で手続きを行ってくれるので、銀行振込などの支払いの手続きをやる手間も省くことができます。


トヨタ「KINTO」と他のカーリースとの料金比較

KINTOの料金には様々な費用が含まれることが理解できたと思います。

次に、他のカーリースと比較した際にどの程度KINTOがお得なのかを比較して解説していきます。

どちらもボーナス払いなしの金額で比較していきますが、KINTOのみ任意保険料込みの料金表示となります。

そのため、コスモMyカーリースと定額カルモくんを利用する場合、表示されている料金に加えて任意保険料の3,000円から10,000円がプラスで必要になります。

アクアの比較

アクアのX 1.5L 2WDを比較した結果は以下のようになっています。

  3年リース 5年リース 7年リース
KINTO 47,850円~ 44,550円~ 38,280円~
コスモMyカーリース 55,880円~ 40,260円~ 33,880円~
定額カルモくん 51,545円~ 39,500円~ 39,110円~

※2023年11月時点の調査結果です
※オプション等により金額が変動する場合があります

ノアの比較

人気車種であるノアのX GAS 2.0L 2WD(7人)を比較した結果は以下の通りです。

  3年リース 5年リース 7年リース
KINTO 53,350円~ 49,610円~ 47,410円~
コスモMyカーリース 68,640円~ 50,380円~ 43,120円~
定額カルモくん 61,005円~ 48,740円~ 50,550円~

※2023年11月時点の調査結果です
※オプション等により金額が変動する場合があります

KINTOと他カーリースとの比較のまとめ

以上では2つの車種で比較してきましたが、他の車種も例外ではなくKINTOが安いです。

そのためトヨタ車をリースするなら、圧倒的にKINTOがお得であることが分かると思います。

トヨタ「KINTO」のメリット・デメリット

KINTO、他のカーリースまたはマイカー購入のいずれかを選択する際に重要となるメリットとデメリット。

メリットだけでなくデメリットもしっかりと理解して、失敗のないカーリース選びを行いましょう。

トヨタ「KINTO」のメリット

KINTOを利用するメリットは以下のようになっています。

メリット

  • 頭金が不要で毎月一定額
  • Web上で手続き可能で即納車
  • ライフスタイルに合わせた車の乗り方ができる
  • 正規のメンテナンスを行える
  • お得なポイントシステムやキャンペーンあり

メリットについて以下で詳しく見ていきましょう。

頭金不要、月々定額の安心サービス

マイカーローンを組んで車を購入する場合、基本的に頭金が必要になります。

また冒頭でも触れたように、マイカー購入だと車検代や自動車税、メンテナンスによって不定期に支出が発生することになります。

KINTOを利用すれば、頭金は不要で毎月の車に対する支出もほぼ一定になり、月によって異なるのはガソリン代ぐらいです。

任意加入の自動車保険やメンテナンス費用も毎月の支払いに含まれるため、他のカーリースよりリース代は高くても、支払総額で見ればお得なサービスとなっています。

WEBで一括契約可能、即納車

Web上で契約を済ませることができるので、忙しくてなかなか車を見に行けないという方でも利用しやすいです。

契約書類は郵送となっているので、契約時にもわざわざ店舗に出向く必要はありません。

納車は1ヶ月程度でできるので、マイカー購入や他のカーリースに比べて早いです。

そのため急ぎで車が必要という方のニーズも満たすことができます。

柔軟なクルマの乗り方が可能

車を利用していれば、家族が増えたり大きな車や新車が欲しくなったりすることもあるでしょう。

KINTOでは、一定の手数料を支払うことでリース期間中であっても車の乗り換えができる「のりかえGO」を導入しています(初期費用フリープランのみ)。

のりかえGOなら、リース中の一定期間内に手続きを行うことで、リース費用1ヶ月分から6ヶ月分の支払いで他の車に乗り換えることが可能になります。

リース期間中に乗り換え手続きを行い、新たに3年、5年、7年のいずれかの期間で新しい車のリースを行うという仕組みです。

例えばアクアの3年プランをリースしており、ヤリスクロスの7年プランに乗り換えを行う場合は、以下のような流れになります。

乗り換えの例
  • 1:1年6ヶ月目から2年8ヶ月目までの間に申し込みを行う
  • 2:最大リース2ヶ月分の手数料を支払う
  • 3:ヤリスクロスの3年、5年、7年プランいずれかを選び新たに契約する

乗り換えをすることで、得になることはないのですが、違約金を支払うよりは安くなります。

そのためのりかえGOはライフプランが変わりやすい方や、車に飽きやすい方におすすめのシステムです。

プロの正規メンテナンスやサポート

トヨタ車に詳しいスタッフが点検やメンテナンスを行うため、安心して任せることができます。

これはトヨタ車に特化したKINTOだからこそできるサービスです。

さらにパーツ交換を行う際に使用する部品はトヨタの純正品となっています。

カー用品店でも買えるようなパーツが決してダメなわけではないですが、メーカー純正品ならより安心感を持てるのではないでしょうか。

このようにメーカーであるトヨタがサポートしてくれるので、安全面も考慮することができます。

ポイントをためたり、お得なキャンペーンへの参加

KINTOの利用者限定の旅行キャンペーンに申し込んだり、モビリティマーケットで使えるポイントが3万ポイントもらえたりします。

さらにKINTOはクレジットカード払いが可能です。

総額400万円支払ったとして、還元率1%のクレジットカードを使えば4万円分戻ってくる計算になります。

銀行引き落としのカーリースが多い中で、クレジットカード払いできるのはかなりお得だと言えます。


トヨタ「KINTO」のデメリット

デメリット

KINTOの利用を検討する上で失敗を防ぐためにも、デメリットについてしっかりと理解しておきましょう。

KINTOのデメリットは以下のようになります。

デメリット

選べる車種が少ない

途中解約時に違約金がかかる。

リース期間が短い

走行距離制限がある。

それぞれのデメリットについて、深堀りしていきます。

車種がトヨタとレクサスのみ

KINTOはトヨタ車とレクサス車しか選ぶことができません。

そのため、国内車全種を選べる他社のカーリースに比較すると選べる車種が少なくなります

トヨタ車希望の人には、デメリットに感じることはありません。

KINTOはトヨタ車、レクサス車に乗りたい方向けのサービスです。

途中解約で違約金が発生

KINTOはリース開始時に契約期間を決定します。

原則途中解約を行うことはできず、もし解約しようとしたら違約金が発生します。

違約金としては、おおよそリース期間内に支払う予定だった全額から車両を返却した下取り分を差し引きした金額が必要になります。

ただ途中解約できないのはKINTOだけでなく、ほとんどのカーリース会社も同様になります。

KINTOでは違約金の心配がない「解約金フリープラン」が新たに登場しました。

そのため、「解約金フリープラン」では違約金が不要になりました。

リース期間が比較的短期

KINTOのリース期間はトヨタ車なら3年、5年、7年でレクサス車は3年のみです。

他社には最長で11年のリースができるカーリースも存在するため、比較的リース期間が短いと言えます。

走行距離の制限

KINTOには1ヶ月あたり1500kmの走行距離制限があり、契約終了時に距離制限をオーバーしていた場合は1キロあたり11円の追加精算が発生します。

距離制限があるカーリースは多いので、毎週末ドライブに出かけたいという方にはカーリースは向きません。

普段どれくらい車を利用するのかを調べて、自分の走行距離で追加精算の心配はないかの確認が取れてからKINTOを利用するのがおすすめです。


トヨタ「KINTO」の評判・口コミは?

口コミや評判


実際にKINTOを利用している他のユーザーの声も聞いてみたいという方も多いのではないでしょうか?

以下では、KINTOを実際に利用している方から集めた評判・口コミを紹介していきます。

諸々の手続きがすごく楽

最初はカーローンに比べて高いと思っていたのですが、税金や車検代も含まれると知りお得だと思ったため契約しました!

実際に使ってみて気づきましたが、面倒な手続きを全てリース会社側でやってくれるので、すごく楽です。

マイカーを持っているときは、毎月支出がバラバラになって家計の見通しが付かず急に支出がでることもありました。

KINTOに変えてから全然そんなことないので、安心して車を維持できています。

契約してよかったなと思えるサービスで、知り合いにも勧めたいです。

意外と自由に使用できる

車のサブスクということで、マイカーより不自由だと思っていました。

実際カスタマイズができなかったり、走行距離に制限があるんですけど特に気になりません。

月に1500キロまでと思っていたのですが、5年トータルで9万キロなので毎月遠出しない限りはオーバーしないと思います。

仮にオーバーしたとしても、どれくらいの追加料金がかかるのかが明確なので安心して利用できます。

リース期間を終えた後の手続きも楽

マイカーを持ったときに比べて、リース期間を終了した後の手続きがとても楽です。

普段は7年乗って下取りしてもらうことが多いのですが、正直いろいろな手続きが面倒です。

カーリースなら手続きを会社側で行ってくれるので時間的にもお得と感じました。

KINTO公式HPより 

トヨタ「KINTO」はこんな人におすすめ!


ここまでの内容を踏まえて、KINTOは次のような方におすすめのカーリースと言えます。

  • すでに乗りたい車がトヨタ車、レクサス車と決まっている
  • 若くて割高になりがちな保険料を抑えたい方
  • 諸々の支払い手続きが面倒でリース会社に任せたい方
  • メーカーの正規サポートを受けたい方

トヨタ車かレクサス車をリースしたいと考えている方には、KINTO一択です。

一度、KINTO公式サイトをご覧ください。

KINTO公式HP 

トヨタ「KINTO」の人気車種!最新TOP5

それではここで、2023年11月時点でのKINTOでの人気車種トップ5をご紹介しましょう。

新型モデルやフルモデルチェンジしたばかりのモデルも目白押しです。

※このランキングは、2023年11月時点でのKINTO公式サイトの情報を元に記載しています。

第1位:プリウス Uグレード


トヨタのプリウスUグレードは、革新的な機能とサービスが備わった車です。

スタイリッシュなデザインと優れた燃費性能:プリウスUグレードは、スタイリッシュなデザインと高い燃費性能を両立しています。

Uグレードは、トヨタのサブスクリプションサービス「KINTO」を通じてのみ販売されています。

Uグレードには、ソフトウェアアップグレードが可能な「OTA(Over The Air)」機能が搭載されています。

これにより、同じ車のままで最新のソフトウェアに更新することができ、安全装備の機能をアップグレードできます​​。

「アップグレードレディ設計」により、これまでは後付けできなかったオプションを追加することが可能です。

例えば、ブラインドスポットモニターやパノラミックビューモニター、ステアリングヒーターなどが後付けできるようになります​​。

これらの特徴により、プリウスUグレードは、最先端のテクノロジーとサービスを利用したい方に特におすすめです。

第2位:アルファード


トヨタのアルファードは、日本を代表するミニバンであり、その高級感と利便性で知られています。

アルファードは「大空間高級サルーン」として設計されており、その外観と内装は高級感に満ちています。

ダイナミックかつラグジュアリーな外装は、ミニバンらしいフォルムと存在感を持っています。

内装では上質なシート表皮や木目調の装飾が採用されており、車内での快適さと高級感を提供しています​​​​​​。

アルファードの車内空間は広々としており、多彩なシートアレンジが可能です。

家族やグループでの移動、レジャーやアウトドア活動のための荷物収納にも対応できます。

ラゲッジルームには床下収納があり、サードシートの跳ね上げによるスペースアップ機能も搭載されています​​。

アルファードは全グレードにトヨタの先進的な安全機能「Toyota Safety Sense」が搭載されています。

これには事故を未然に防ぐプリクラッシュセーフティやレーントレーシングアシスト、レーダークルーズコントロールなどが含まれています​​。

最もグレードが高い「Executive Lounge」は、他グレードよりも装備が充実しています。

マニュアルウォークイン、ロングスライド、パワーリクライニング、パワーオットマンなど、車内での過ごしやすさに特化した装備が施されています​​。
アルファードはファミリーカーとしての使い勝手の良さ、高級感、快適性、安全性を兼ね備えたミニバンとして高く評価されています。

これらの点から、ファミリー使用や長距離移動、高級感を求めるユーザーに特におすすめです。

第3位:ヴェルファイア

トヨタのヴェルファイアは、そのアグレッシブなデザインと高級感で知られる人気のミニバンです。

ヴェルファイアはアグレッシブさと存在感を追求した外観スタイルに特化しています。

力強い走りと風雅な乗り心地を両立させており、外観デザインは細部のマテリアルから放たれる大胆さとエネルギッシュさ、高級感が特徴的です。

フロントバンパーには、ワイド&ローを強調するメッキモールが施され、アルファードとの差別化が図られています。

大型フロントフェイスがヴェルファイアらしい力強さを表現しています。

二段式ヘッドランプは、初代モデルから続いていますが、新型では更に進化し、大型コンビネーションランプを採用しています。

このランプはLEDヘッドランプ(ハイ・ロービーム)、クリアランスランプ、フロントターンランプの機能を一体化しています。

リア部分にはLEDリアコンビネーションランプが採用されており、ブレーキ制動時の後続車への視認性を確保しながら、デザイン性も調和されています。

後席用パワーサイドサンシェードはトヨタ車で初めての下降タイプを採用しており、後席からだけでなく前席からも操作可能です。

スーパーロングオーバーヘッドコンソールはロングサイズのヘッドコンソールを天井部分に配置し、照明やスイッチ類、エアコン吹き出し口などの機能を車両センター部分に集約しています。

12.3インチTFTカラーメーターとマルチインフォメーションディスプレイが装備されており、4つのテイストと3つのレイアウトから選べるディスプレイが特徴です。

パワーバックドアはリアゲートの開閉スイッチを車両側面両側に配置し、任意の位置での安全確保しながら開閉動作が可能です。

フロント・セカンドフルフラットモードやリアシートフルリクライニングモードなどがあり、乗車人数や使い方に合わせやすいです。

これらの特徴から、ヴェルファイアは力強い走りと豪華な内装、快適な乗り心地を求める方に特におすすめです。

また、家族やグループでの移動やレジャー、アウトドア活動にも適しており、使い勝手の良さと高級感を兼ね備えたミニバンと言えます。


第4位:シエンタ

トヨタのシエンタは、そのコンパクトなデザインと実用性の高さで知られる人気のミニバンです。

シエンタは低床設計で、地面から床までの高さがわずか330mmです。

これにより、子供やお年寄り、身体の不自由な人でも負担なく乗降できるようになっています。

加えて、電動スライドドアが乗降をさらに容易にします​​。

シエンタのボディサイズは全長4,260mm×全幅1,695mm×全高1,675mmとコンパクトですが、最大7人まで乗車可能な3列シートを搭載しています。

さらに、良好な視界を実現するために、水平に設計されたベルトラインと丸みを帯びた角が特徴的です​​​​。

シエンタはその運転のしやすさや利便性、快適性に定評があります。

最小回転半径が5.2mで、街中での運転にも適しています。

また、車内の床はフラットで、セカンドおよびサードシートへのアクセスも容易です​​​​。

シエンタは多様なシートアレンジが可能で、利用シーンに応じた車内空間の使い方ができます。

さらに、幅広い安全性能も搭載されており、安心して運転できる設計となっています​​。

これらの特徴により、シエンタはファミリーからビギナー、女性まで幅広いユーザーに適したミニバンと言えます。

コンパクトながらも機能性と実用性を兼ね備えており、都市部の運転にも適している点が特におすすめの理由です。


第5位:カローラクロス

トヨタのカローラクロスは、コンパクトSUVクラスに新たな風をもたらす車両です。

カローラクロスは、カローラシリーズとは異なるボディを持っており、2021年9月に誕生しました。

SUVの特徴である背の高さを活かし、見晴らしの良い視界を提供しています。

これは、都市部や狭い道でも運転しやすくするための設計です​​。

カローラシリーズと同様に、カローラクロスも燃費性能に優れています。

SUVならではの4WDハイブリッド車の設定もあり、低燃費でありながら安定感のある走りを実現しています。

すべてのモデルに1.8Lエンジンが搭載されており、高出力で走破性にも優れています​​。

トヨタの安全予防装置「Toyota Safety Sense」は全タイプに標準装備されています。

カローラシリーズから乗り換える方も安心して乗ることができます。

現代の多くのSUVと比較しても、燃費性能と安全性能に特化しているため、実用性が高いコンパクトSUVと言えます​​。

これらの特徴から、カローラクロスは、燃費性能と安全性を重視するドライバーに特におすすめです。

また、コンパクトながらも広い視界と安定した走行性能を提供するため、都市部での運転や長距離移動にも適しています。

KINTO公式HP 

中途解約でも安心!「解約金フリープラン」とは?


KINTOでは2021年12月14日から新しい支払い方法として「解約金フリープラン」を追加し、従来の頭金ナシの支払い方法を「初期費用フリープラン」と名付け、2つのどちらかから選べるようになりました。

「解約金フリープラン」では、選んだリース車両の月額利用料の約5か月分を契約時に支払います。

本来、カーリースでは原則として中途解約は不可ですが、このプランであれば中途解約がOKとなり、その際の違約金や解約金もかかりません。

また、「解約金フリープラン」は3年契約となりますが、3年経過後も月額利用料の約3か月分を支払うことで同じリース車を再契約することができ、7年まで延長することができます。

再契約時の月額料金は初めの3年間の金額より安く設定され、長く乗るほどお得になるのが特徴です。

つまり「解約金フリープラン」であれば、従来のような頭金ナシで契約年数が固定された方式ではなく、使う年数を決めずにカーリースを始めることが可能なのです。

>【KINTO】はこちら

トヨタ「KINTO」の中古車サブスクとは?

ここまではKINTOの新車サービスをご紹介してきましたが、2022年7月よりKINTOは中古車カーリースのサービスも開始しました。

新車よりもお手頃なKINTO中古車リースとはどんなサービスなのか、詳しく見ていきましょう。

KINTO新車サブスクで使用した車を利用したサービス

KINTOの中古車サービスは、KINTOの新車サブスクで返却された車両を利用したサービスとなっています。

KINTOではトヨタ販売店による正規メンテナンスやサポートが受けられます。

そのため、中古車とはいえ車両状態の良い車が揃っているということになります。

定期的にメーカーのプロがチェックし、部品もすべて純正品でパーツ交換している車両となりますので、一般的な中古車に比べて格段に信頼が高いと言えるでしょう。

また、走行距離も1,500km/月を目安に乗られたもので過走行ということもなく、さらにペット不可・非喫煙車・事故修復歴なしの車両が厳選されていますので、安心して乗ることができます。

展開エリアは東京から

KINTO中古車の展開エリアは東京からとなっており、現在は東京都と愛知県のみの取り扱いとなっています。

ラインナップもまだ数十件と少なめですが、今後エリアの拡大や在庫の増加が見込まれますので、KINTOを検討する際は新車だけでなく中古車もチェックしておくのがおすすめです。

KINTO中古車サブスクのメリット

ここで、KINTO中古車サブスクのメリットをまとめてみます。

KINTO新車サブスク使用車両のため、状態が良い

前述のとおり、トヨタのプロによるメンテナンスがなされたKINTO車両のみを扱っていますので、良い状態の中古車となっています。

一般的な中古車に比べ、信頼の高い車が揃っていると言えるでしょう。

納期が最短1ヶ月

近年、世界情勢や材料費高騰などのあおりを受け、新車の納期が遅くなっているようです。

その点、KINTO中古車であれば申し込みから最短1ヶ月で乗り出しが可能。

なるべく早く車が必要な方にもおすすめです。

新車に比べリーズナブルな月額料金

新車並みに状態が良い車もラインナップされているにも関わらず、月額料金はもちろん新車サブスクよりも安い値段となっています。

必ずしも新車でなくても構わないという方には魅力的なプランと言えるでしょう。

新車サブスクと同様、「任意保険」もコミ

KINTOの大きな特徴の一つは月額料金に「任意保険」が含まれていることですが、KINTOは中古車サブスクであってもしっかりと任意保険がコミになっています。

わざわざ保険を探して加入する手間もなく、万が一のことがあっても安心です。

解約金フリープランのため中途解約金なし

KINTO中古車は前述した「解約金フリープラン」でのサービスとなり、いつでも中途解約金なしで解約することができます。

契約期間を気にせず乗りたい方はぴったりです。

トヨタ「KINTO」は月々コミコミ定額だからとってもお得で安心!

いかがだったでしょうか?

トヨタのカーリースサービス「KINTO」について詳しく解説してきました。

KINTOは一見他のカーリースに比べて高く見えますが、実際そんなことはありません。

むしろ、メンテナンス費用や任意保険料もコミコミなため他のカーリースよりもお得なぐらいです。

トヨタ車とレクサス車しか選べなかったり、比較的短期間のリースしかできないというデメリットはありますが、トータルで見てかなりおすすめできるサービスです。

ぜひトヨタ車やレクサス車に乗りたい方は、KINTOを利用してみてください。

>【KINTO】はこちら

-カーリース会社