カーリース審査が甘い会社はあります、審査落ちした人は必見!

カーリースは、審査が甘いといわれるます。

本当なのでしょうか?

結論は、カーリースでは審査の甘い会社はあります。

しかし、全ての会社が同じように甘いわけではありません。

カーリースは、リース会社は車を購入し、その車を契約者に貸し出すという仕組みです。

そのため、お金を借りるマイカーローンよりは審査は甘くなるケースもあります。

銀行などでマイカーローンを組むよりは、カーリースの方が審査は甘いと言えます

また、カーリースでは残価設定があります。

カーリースでは、車両価格から契約終了後の想定車両価格を引いた値段からリース料を計算します。

そのため、残価設定分支払う金額が安くなるためマイカーローンよりも審査が甘いと言われます

車両全額を支払うマイカーローンよりも、支払い金額が安くなる分審査が通りやすくなるということになります。

また、一部のカーリース会社では、自社審査をしている会社もあります。

多くのカーリース会社は信販会社を通して審査を行っていますが、その会社独自の審査基準になるため信販会社よりも審査が甘くなる傾向があります。

自社審査は一般的に信用情報を利用せず、おもに現在の状況から支払能力を判断します。

そのため、自社審査の場合他のカーリースよりも通りやすい傾向があるといわれます。

ただし、その分利用料が高くなる傾向があるので注意も必要です。

このように、カーローンの審査に落ちてもカーリースの審査に通ることがあるため「審査が甘い」といわれています。

審査の基準はカーリース会社によって異なり、その基準は非公開であるため、必ずしも審査に通りやすいとは限りません。

そこで、審査の甘いカーリース会社を探している人のために、自社審査を行うカーリース会社をご紹介します。

自社審査を行っているカーリース会社

自社審査のカーリースではおもに中古車リースが中心になります。

GMSリース

GMS

GMSリースは、個人事業主(Amazon flexや大手荷主先)向けの軽バンリースです。

自社審査により、従来審査に通らないほとんどの方にリースの提供が可能となっています。

これまでの審査通過率は98%です。

業界最安値級の車両本体価格が月額2万円台の中古車リースと月額3万円の新車リースがあります。

配送業を始めるのに必要な黒ナンバー登録等諸手続きもサポートしてくれ納車後すぐに働くこともできます。

個人事業主として働きたい人におすすめなカーリース会社です。

業界最安級×軽バン【GMSリース】公式サイトへ

 

 

リースナブル

リースナブル

地域限定ですが、リースナブルも自社審査を行っています。

ただし、リースナブルの通常プランとは違うプランになっていますので気をつけてください。

リースナブル公式サイトへ

 

チューレン汰

チューレン汰

ここも、地域限定ですが自社審査をしています。

中古車リースで低価格になっています。

独自の自社審査をしているので、ローン会社は通しません。

月々のお支払いが可能であれば、誰でも利用できます。

 

カーリース会社の審査

審査なしで利用できるカーリース会社はありません。

しかし、審査基準のきびしさについては会社によって違います。

ほとんどのカーリース会社では、審査は信販会社が行っています。

信販会社の審査基準はマイカーローンとほぼ同じで、収入や信用情報などを確認して、月々の支払いができるかどうか判断されます。

ですが、上記で紹介したカーリース会社のように、信販会社を通さずに自社独自の基準で審査を行っている会社もあります。

こちらは信販会社より審査基準が甘く、審査に通りやすい傾向があります。

しかし、中古車が中心になり、金利が高くなる傾向にあります。

 

カーリースの審査基準

チェックポイント

カーリースの審査でチェックされるのは主に下記の項目です。

年収

「年収○○万円以上」と明確な規定が設けられていることはありません。

しかし、一般的に年収200万円以上がひとつの基準になります。

年収200万円以下だと、一般的に審査が通りにくくなります。

この場合は、保証人をつける必要があるのが一般的です。

信用情報

過去に自己破産や任意整理をしている場合は、その「事故情報」が信用情報機関に登録されている期間はローン審査は通りません。

携帯電話料金の払い忘れなどで、何度も延滞を起こしている人は要注意です。

また、クレジットカードのキャッシングや複数の携帯電話の分割払いがある人も審査で不利になります。

 

職業

個人事業主でカーリースで利用したい場合は、審査申込みの条件などが個人と異なるケースがあります。

その場合、法人・個人事業主向けのサービスもチェックしてください。

 

カーリース審査を通過するためのポイント

カーリース会社の審査を通過するためには、上記の審査基準の対策が必要です。

下記のチェックポイントを確認してください。

月々の収支バランス

「収入に対して、月々これだけの利用料を支払うのは無理」と判断されると審査に落ちます。

車をリースすれば、月々駐車場代やガソリン代もかかります。

生活費を差し引いて、リース利用料金が払える余裕があるか確認してください。

 

携帯やクレジットカードなどの料金支払いに遅延

携帯電話やクレジットカードの料金が支払い遅延状態になっている審査に落ちます。

もし今現在、支払っていないものがあるなら、審査を受ける前に精算する必要があります。

また、過去に自己破産や支払い遅延の経験がありブラックリストに載ると審査に通りません。

気になることがある人は、一度自身の信用状態を調べておくのもいいかもしれません。

CIC(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関)やJICC(指定信用情報機関 株式会社日本信用情報機構)、JBA(全国銀行個人信用情報センター)での登録情報は自分でも確認できます。

ただし、1回1000円など有料になります。

 

審査に通らなかった場合の対処法

審査に通らなかった場合、対策をする必要があります。

大きくは2つです。

連帯保証人をつける

収入や信用状態に問題があっても、しっかりした保証人をつけることができれば審査は通ります。

カーリース会社を変える

上記、独自審査会社のようなカーリース会社なら審査に通ることがあります。

特にGMSリースは審査通過率98%とほとんどの方が審査をクリアしています。

車をリースするだけでなく、個人事業主として独立して仕事を持つこともできるのでメリットは多いなカーリース会社とも言えます。

 

カーリース審査が甘い会社まとめ

いかがでしょうか。

カーリース会社の審査について解説してきました。

参考になりましたでしょうか。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

カーリース会社を一覧で比較マイカーリースの会社選び2021年版