アルファードリース

新車のアルファードに乗れる、カーリースの仕組みとは

カーリースは、リース会社が購入した車を、リースする人が月額リース料金支払って契約期間車を借りる仕組みになります。

カーリースは、ローンで車を購入するのとは違い頭金が不要です。

つまり手元にお金がなくても新車のアルファードに乗ることができます。

アルファードリース
月2万で新車ヴェルファイアなど高級ミニバンに乗れる!
リースナブル

アルファードの魅力

アルファードリース

アルファードの一番の魅力は、ラグジュアリーな雰囲気ある内装と迫力ある外観です。

高級ミニバンと呼ばれ、ダイナミックで、品があり、高級感のあるデザイン。

ファミリーだけでなくVIPや芸能人まで幅広い層に好まれている人気な車です。

走行中でも会話がしやすい静粛性と、力強い走りと低燃費を持ち、見た目だけじゃなく走行性能も申し分なく快適です。

アルファードを手に入れたら、ちょっぴり自慢げに、誰かを乗せたくなることでしょう。

快適な空間で災害時には、セカンドハウスとして移動ホテルのような役割を果たしてくれます。

アルファードのグレード

アルファードのグレードは、全17種類。

大きく分けて「X」「G」「GF」「Executive Lounge」「S」「SC」の6つのグレードがあります。

インテリアなどの標準装備と選択可能なオプション装備の内容がグレードの主な違い。

ガソリン車とハイブリッド車の標準ボディ、それとエアロボディやパッケージグレードがあります。

ベーシックな「X」グレードは、最大8人乗りの広々とした空間が魅力。

ワンランク上の「G」グレードは、ホイールサイズが17インチになり、シートもファブリックから合成皮革になります。

ガソリン車専用の「GF」グレードは、本革のシートや装備面もより快適になり、トヨタの安全性能「Toyota Safety Sense」のうちの自動ハイビームも選択可能。

最上位グレードの「Executive Lounge」は、さらに高級感がアップします。

アルファードの内装

アルファードリース

アルファードの内装は、なんといってもラグジュアリーな雰囲気や高級感のあるインテリアが特徴です。

走行性能だけでなく、乗り心地にもこだわっています。

上質なプライベート空間が確保され、車にいるだけで幸せな気分になれます。

グレードごとに内装のデザインや機能が異なります。

自分の好みの内装でグレードを選ぶことができます。

ベーシックなXグレードは、唯一のファブリックシートで、ナチュラルな心地よい雰囲気があります。

「G」グレードは、後部座席がベンチシートからキャプテンシートに変わり、一人ひとりの乗り心地にさらにこだわったインテリア。

「GF」グレードでは7人乗り専用の快適温熱シート付きエグゼクティブパワーシート。

乗り心地も良く、電源コンセントや読書灯など使い勝手の良い機能があります。

さらに、ワンランク上のラグジュアリーを体験したい方には、「Executive Lounge」がおすすめです。

上質な本革を使用したシートはフルフラットになるため、高級感と快適さを求める方にぴったりのグレードとなっています。

 

アルファードの燃費は?

気になるアルファードの燃費はどうなんでしょうか。

大型ミニバンゆえに燃費は昔から悪いものとされてきました。

新型アルファードは、力強い走りと低燃費という対局する二つのメリットを実現しています。

主要部品を一新して開発された3.5Lエンジンの実力を確認してみましょう。

・ハイブリッド車

HYBRID Executive Lounge 18.4km/L
HYBRID G ”Fパッケージ” 18.4km/L
HYBRID G 18.4km/L
HYBRID X 18.4〜19.4km/L

・ガソリン車

Executive Lounge 10.4〜10.6km/L
GF 10.4〜10.8km/L
G 11.6〜12.8km/L
X 11.6〜12.8km/L

日常生活でアルファードの乗った場合の平均燃費は、11.84km/Lとなります。

カタログ燃費と実燃費の差は7km/Lほどありますね。

しかし以前のリッター6くらいしか走らない頃から比べると飛躍的に良くなっています。

アルファードの安全性能は?

アルファードでは、歩行者や事故の回避や衝突の際の衝撃を軽減につながる、トヨタの先進技術を駆使した予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を搭載しています。

ハンドル操作サポートや、渋滞時に嬉しい追従ドライブ支援機能など、さまざまな最新性能が装備されています。

安全な駐車をアシストしてくれるインテリジェントクリアランスソナー

自動パーキングブレーキ

ミラーだけでは見えない車の背後の障害物との衝突を防止機能

アクセルとブレーキの踏み間違いを回避機能

と便利な機能がそろっています。

雨の日や夜などの運転をサポートしてくれるリヤクロストラフィックアラートとブラインドスポットモニターは、出庫や車線変更時に周囲に接近する車がいる場合にブザーを鳴らしてくれます。

アルファードの安全性能は、申し分のないほどレベルの高い装備があります。

アルファードの魅力まとめ

アルファードは、ラグジュアリーな高級感と力強い走行性能を兼ね備えた車。

広々とした空間は家族や高齢者の送迎などにも適しています。

ファミリーカーとしてだけじゃなく、ドライバーも同乗者もみんなが快適にドライブを楽しめます。

リッチなカーライフを満喫できます。

 

トヨタのkintoならアルファードも月額37,290 円(税込)から乗れます。
KINTOhはこちら

 

アルファードのリース料金はこんなに安くてお得。

アルファードの月額料金について、リース会社ごとの料金をご紹介します。
グレードやオプションによって料金は変動するため予算にあったアルファードのリースプランを見つける参考にしてください。

カルモ賃貸

カルモ賃貸

リース期間が1年から11年とライフスタイルに合わせて期間を選ぶことができます。
契約はカルモ、メンテナンスはディーラーで受けられるのでとても便利です。
また7年以上利用で車がもらえるサービスがあるのも特徴です。
カルモ賃貸で「アルファード」を選んだ場合の基本月額リース料金は以下の通りです。

シンプルプラン(11年賃貸) 月々47,960円(税込)
おすすめプラン(11年賃貸) 月々48,686円(税込)
よくばりプラン(11年賃貸) 月々84,986円(税込)
マイカー賃貸カルモの審査が厳しくない理由

安心、おトクなマイカーリース「マイカー賃貸カルモ」はコチラ

コスモスマートビーグル

コスモスマートビークル

リース期間は5年で、メンテナンスあり、なしのプランが選べます。
月々の利用料金を抑えたい場合は、メンテナンスなしのプラン、フルメンテナンスを希望する場合はゴールドプランを選ぶことができます。
近くもコスモ石油でメンテナンスを受けられるのも特徴です。
コスモスマートビーグルで「アルファード」を選んだ場合の基本月額リース料金は下記の通りです。

ホワイトプラン メンテナンスなし 月々59,070円(税込)
ゴールドプラン メンテナンスあり 月々67,650円(税込)

コスモスマートビーグルの審査落ちケースは

【コスモ石油公式】スマートビークルはコチラ

ORIX カーリース・オンライン

オリックス

リース期間を5年、7年、9年の中から選べる上、一定期間経つと乗り換えや返却ができるようになる自由度の高さも魅力です。
例として、アルファードの「2WD 5ドア S 8人乗 8人 2500cc ガソリン DCVT 」というグレードを選んだ場合、基本のリース料金は以下のとおりです。

いまのりくん(5年契約) 月々81,150円(税込)
いまのりセブン(7年契約) 月々71,940円(税込)
いまのりナイン(9年契約) 月々58,190円(税込)
オリックスのカーリース!審査の基準と申込み方法について

オリックスカーリースを見る

アルファードをリースするメリットとデメリットについて

アルファードをリースを利用する場合のメリットとデメリットについて、具体的に説明します。

カーリースのメリットには以下があります。

  • 頭金が不要なので、まとまった現金がいらない。
  • 自分で自動車税や自賠責保険料を納税する手間がない。
  • 月額料金が定額なので、家計管理がやりやすい。
  • メンテナンスや故障時の対応など、面倒な手間をリース会社に任せられる。
  • 残価設定があり、ローン購入するよりも支払い総額が安くなる。
アルファードをリースする最大のメリットは、「残価設定」にあります。

月額リース料金を決めるとき、最初に車の下取り価格(残価)を設定し、その金額分を差し引いてリース料金が決まります。
例えば、200万円の車を5年間リース契約するとして、契約満了時に50万円の価値が残っていると想定したら150万円という金額からリース料金を計算します。

つまり、マイカーローンを組みよりも安くアルファードに乗ることができます。

カーリースには他にもたくさんのメリットがあります。
マイカーリースのメリットについてもっと詳しく見る

次に、デメリットとしては、以下のものがあります。

  • 自由なカスタマイズや改造ができない。
  • 走行距離に制限がある。
  • 中途解約すると違約金がかかる。
  • 契約満了時に、残価が予定より低い場合に差額が発生する。
アルファードをリースする最大のデメリット

アルファードをリースする最大のデメリットは、途中で解約した場合、解約手数料の他に残りの契約期間分のリース料金から残価を引いた分の違約金を支払うことです。
リース中に解約する可能性がある場合は、リース期間が短いプランを選ぶのも1つの方法です。

マイカーリースのデメリットについてもっと詳しく見る

 

おすすめ車リース会社

人気カーリース会社のランキングを見る

アルファードの自動車保険

自動車保険

アルファードをリース時は、リスク回避のため車両保険を検討しましょう。
全損事故を起こして負債と抱えないように自動車保険には入っておくと安心です。
最近の自動車保険はかなり安くなっていますので、比較して検討することをおすすめします。

【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり

買い替えでアルファードのリースを考えている方へ

これをご存知でしょうか?

これをすると車が高く売れるんです。

車を下取りするとき、これを利用するかどうか悩みます。

デメリットもありますが、これを利用するとしないでは結果が大きく変わります。

「これ」とは車買取一括査定のことです。

車買取一括査定をすることで、車が高く売れることは確かです。

確実に3千円分得する愛車の買取

アルファードの中古車リース

中古車リース

アルファードをリースする場合、中古リースも選択肢のひとつです。
アルファード中古車でリースできるのはカルモ賃貸とオリックスカーリースがおすすめです。

カルモ賃貸とオリックスカーリースでは豊富な品ぞろえの中からアルファードの中古車を選ぶこともできます。
中古車が対象なのでお気に入りのカラーやグレードが必ずしもあるとは限りませんが、非常に安い料金で利用することができます。

まとめ

アルファードは、大きなファミリーカーから新しく高級車へと進化した憧れのミニバンです。
カーリースにすることで新型アルファードはすぐに乗ることができます。
毎月車にかかる費用が明確になり家計の負担を抑えて新車に乗れるのがカーリースです。。
ぜひサービスをうまく活用し、アルファードに乗ってみませんか。
週末のドライブや、日常の買い物などアルファードがあれば快適です。

おすすめカーリース会社を見る

 

最後まで見ていただきありがとうございます。