車リースはお得!【本当の答え】

    
     

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

車リースは気軽に手軽に低価格で乗れるというメリットがあります。
個人事業主や法人の方に特におすすめのが車リースです。
税金(経費)の管理が楽になり、なおかつ節税対策になりますね。
車の維持に対する負担が少ない上に、一時的な大金が必要なく毎月定額で済むので資金繰りがとてもしやすくなります。
なので精神的にも経済的にも楽になることが言えます。

車リースは、
まとまったお金が無くても残価を引いているので支払い額が計算されるので
月々の支払いが安く
5年や7年といった周期でワンランク上の新車に乗ることができます。

また、オイル交換や整備などの車に維持に必要なものを任せられるので

車にはあまり詳しくない人や手をかけたくない人には気軽に車リースを利用することができます。

ただし、いろいろと改造したい人やドレスアップしたい人には あまり向いていないかもしれません。

ディーラーオプションパーツ以外、ドレスアップや改造には制限があるので返却するときには元に戻して返却しなくてはならないのです。

ここで車リースのメリットとデメリットをまとめてみます。

車リースのメリットとデメリット

デメリット
支払いが完了しても自己所有ではないのでリース会社に返却しなくてはならない。

一般に、リース料の金利の部分は低金利の銀行系の金利より高い。

全損事故の場合、解約となりまとめて支払わなくてはならない事がある。

車を改造すると返却時に元に戻さないといけない。

リース期間で走行距離が決められているので多く走ると差額を払わないといけない。

途中解約する場合、解約金を払わなくてはならないので解約時期により割高になる。

 

メリット
税金関連、自賠責保険、車検など車両維持に必要なもののほとんどはリース代金に含まれる。

リース料を全額経費として損金処理ができ節税効果ができる

自動車税の納付や納税証明書の管理が不要。

残価をあらかじめ除いて設定しているので総支払い額が少なくワンランク上の車に乗れる。

リース会社は車を大量購入するので車両値引きが大きい。

月々の支払いが安定するので家計のも楽。

事故時の対応や処理も一括で任せられる。

車の所有車がリース会社のため車検やメンテナンスはすべてお任せで手間がいらない。

車の専門会社にメンテナンスをしてもらうので個人で管理するより安全性が維持しやすい。

車リースにおすすめ人、不向きな人

車リースにおすすめな人
・個人事業主や法人の方で節税対策を考えている人。

・頭金はないけど、ワンランク上の車に乗りたい人。

・5年、7年周期で新車に乗りたい人。

・車にあまり詳しくなく、メンテナンスなどが苦手な人。

・法定点検や車検、自動車税の一時的な出費が負担になる人。

車リースが向いていない人
・自分の車として所有したい人。※ローンで購入する場合も自己所有にはなりません。

・まとまったお金ががあって無理なく現金購入出来る人。

・車をカスタマイズ(チューンアップ)したい人。

車リースの仕組み

ここでカーリースの仕組みについて説明します。
車リース会社は、新車を5年、7年と契約期間を決めて貸してくれる(リースする)サービス会社です。

5年、7年後のリース期間終了時、その車両の下取り価格がどのくらいになっているか見込みで価格を設定し、その金額を車両本体価格から予め差し引きます。

「車両本体価格-見込み下取り価格」に通常の諸経費と車検費用とメンテナンス代、

さらに自動車税などを合算した金額を月々分割でリース会社に支払います。

つまり簡単に言えば、新車価格が300万円の車がリース期間終了時に100万の下取り価格が付くとします。

すると「300万円-100万円」=200万円で新車に乗れるということです。

 

100万円も安く新車にリース期間乗ることができます。

 

100円分月々の支払いが少なくて済むので支払いが楽になります。

しかも税金や車検代といった一時金が不要なのも家計には楽ですね。

そしてリース期間が終了した時に返却するか、買い取るか、再リース契約するかを選択する事ができます。

最近ではリース期間終了後に、乗っていた車がもらえるリース会社もあります。

あらかじめ下取り価格を決める事を残価設定と言います。

 

ディーラーでよくすすめられる残価設定ローンと同じですね。

車リースの最大のメリットは、車検や自動車税がすでに支払料金に含まれているのでその点を気にしなくてもよい事と、

リース料金は、月々の支払い金額が普通にローン購入した場合よりも安く済みます。

 

ただし、最終支払日に残価設定額を全額支払わなければならないといったデメリットがあります。
これは残価設定ローンで購入した場合も同じですね。

まとめ

車リースとは残価設定ローンで買うの同じことで月々の支払負担が少ない
そして税金や車検代といった一時的な出費が不要になるサービスです。

今、まとまったお金がないけど新車に乗りたい人
車のメンテナンスがめんどくさい人
税金や車検代といった一時金が負担になる人

こんな人にはおすすめサービスと言えますね。

おすすめ車リース会社

コスモスマートビーグル

特徴・特典 ・ガソリンの割引。
・洗車の優待有。
・メンテナンス時割引。
・全てコミコミプラン。
リース対応車 全メーカー・全車対応
人気車 ホンダN BOX(5年リース)23,328円~/月 運営会社 コスモ石油株式会社
公式サイトはこちら
オリックス カーリース

特徴・特典 ・終了後自分の車になるプランあり。
・レンタカーが半額。
・乗り換えが出来るプランあり。
リース対応車 国産の全車種
人気車 N BOX(5年リース)27,540円~/月 運営会社 オリックス自動車株式会社
公式サイトはこちら
住友三井オートサービス

特徴・特典 ナビ、ETC、バックカメラ、フロアマット、バイザーの純正OP付き。
楽天ポイントが付く。
レビューを書くとお米がもらえる!
リース対応車 全メーカー・車種はHPで確認してください。
人気車 トヨタ アクア 月々25000~ 運営会社 住友三井オートサービス株式会社
公式サイトはこちら

※知っておくと損をしない、車に関するお得なお話し。

あなたは車を買い替えるとき、下取りに出しますか?
それとも買取店に持ち込みますか?

車の買い替えをするとき、約68.7%の方が下取りに出すそうです。
たしかに、車を買い替えるときは下取に出すのが楽です
ですが、ずいぶんと損をしていることがあります。

 

すでにご存じな方も多いと思いますが、スマホでも車の一括査定できるようになりました。


この車の一括査定というのは、あなたの車を買い取りたい買取店が査定額をそれぞれ提示してくれます。
そして、一番高い査定を出した買取店に売ることができます。

この車一括査定を利用すると、まずメールでだいたいの査定額を教えてくれます。
そして、そのあと買取店から実車の査定の連絡が入ります。
もちろん、実際に売る気がない場合、ここで断ることもできます。

断ればしつこく連絡が来ることはありません。

そして、実車で査定をもらうのですが、買取業者の人は同じ日、同じ時間に一度に来てもらうようにします。
みんな同時に査定をするのですから、当然各社最高値での提示があります。
その中から、一番高く査定をつけた買取店を選べばいいだけです。
これで簡単にあなたの車を最高値で売ることができます。

 

やった人だけ損をしない、お得なサービスですね。

査車一括査定サービス会社はこちら

PAGE TOP